「ソフトウェア」カテゴリーアーカイブ

初音ミク プロジェクト ディーヴァ予約開始

昨年に発表されていた初音ミクのプロジェクト・ディーヴァが予約開始されました。PSP向けのソフトとしてSEGAからリリースされますが、すでにかなりの人気を博しているとかいないとか。

51vy169jtel_ss400_

コレを買うほど初音ミク好きではないので、おそらくスルーしちゃうとは思います。ビジュアルはよいとしても、声がキライなのでこういった音が出るとなると、かなり苦手な部類に属してしまうのが食指が動かない理由です。とはいってもデキはとってもよさそう。3Dの動きだけでもかわいくてクオリティが高い。SEGAのサイトで見ると、さすがプロがしっかり作っただけあるな、というカット割りとか動きをつけていて買わないけど見てみたいw。きちんとモーションキャプチャーしたものをベースにして動かしているので、違和感がありません。よくできたアニメを見ているようです。初音ミクの3Dはニコニコ動画でMikuMikuDanceのものをよく見る機会があるのですが、それはやはり手作業でアクションを付けるので、細かいところじゃなくて全体のバランスに違和感が出るときがあります。ゲーム内の映像の方は自然に動いている印象を持ちました。

でもこういったものがビジネスとしてきちんと完結できるんだな、と思うとバーチャルキャラクタービジネスも一定のレベルに来たんだと感無量。大昔にDK96というホリプロのバーチャルキャラクターがいまして、そのDK96のモデルになった女の子が部下にいたのですが、当時は人間に似せすぎようとして失敗したのかもしれないと思います。しょせんバーチャルなんだから、人間じゃない方がいいんでしょうね。ミッキーマウスみたいなもんでしょうからw。人間に似せようとすると却って気持ち悪く思えるのがヒトの感覚らしいので、こういった路線は今後も続くんだと思います。

もちろん、ユーザが参加する、という一番今の初音ミクを支えているスキームがありませんでしたから、流行らなかったのも仕方ないのかとは思いますね。DK96もユーザが歌を歌わせられる、なんてことできたら少しは違ったのかも。当時のコンピュータでは音声合成を今のスピードでできることなんて考えも着かなかったし、3Dもアニメーションさせるにはシリコングラフィックスを持ってこないとリアルタイムレンダリングできないし、それすらもバカ高いグラフィックボードがないとできなかった時代でした。

そう考えると今のPCユーザってすごいポテンシャルを持ったマシンを手にしているんですよね。いや、自分はそれでたいしたことやってませんけどもさ。

初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- 特典 ねんどろいどぷち 初音ミク Project DIVA 特典ver.付き
初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- 特典 ねんどろいどぷち 初音ミク Project DIVA 特典ver.付き

VEGASの大安売り

SONY CREATIVE SOFTWAREのサイトへ行くと各ソフトウェアを3/20まで35%オフで提供しています。注意しないといけないのは、すべて日本語だと日本円になって、今のドル円レートだと高くついてしまうこと。また、英語表示にしないとすべての販売しているものを表示しないようです。必ず国の指定はアメリカ合衆国に設定しないとドル建てになりません。

この画像は言語が英語のときに出てくるものです。

vegas1

ドル建てだとVEGAS MOVIE STUDIOのPlatinum Editionが$55と非常に安く手に入れられます。ダウンロードを選んでキーコードだけメールでもらえばいいわけなので面倒がありません。円建てだと割引になりますが、かなり価格は高いのでご注意を。

vegas2

さらに、すでにVEGAS MOVIE STUDIOを持っていれば破格の値段でVEGAS PROへアップグレードできます。シリアルナンバーを入力すれば、$276.87という…。これってMOVIE STUDIOの一番安いバージョン買ってもこの価格なんでしょうね。新規で買うより安いのです。新規の場合には、割引後の価格が、$357.47です。しかしながらVEGAS MOVIE STUDIOの一番安いバージョンだと$35.72ですから、ここからアップグレードすればトータルで$310程度で手に入れられることになります。$50弱の差は大きいです。

ただし、実際に試したわけではないので注意してくださいね(って無責任だな)。3/20までに自分はVEGAS PROが必要かどうか悩みまくることにします(笑)。

他にもCinescoreのテーマパックも35%オフ。こちらはシッピングフィーが$30弱必要になりますが、たくさん購入するならオトク感はあります。んー、まとめていっちゃいますか。この機会を逃すとしばらく安くは買えなさそう。

サイバーリンクやるなw

PowerDVDの発売元でそれなりに有名なサイバーリンクのWebにこんなものが…w

dv-1

しかし、これなんで載っかってるんでしょうね?ソースコードを見てみると、さらに衝撃の文字。

<h2>パワーアップしたドメスティックバイオレンス</h2>

<ul>

<li>マジック暴力ツールでビデオを簡単デリート</li>

<li>FlickrやFreesoundから素材を一発削除!作品がこれで台無し!</li>

<li>"DVZone"で言葉のぼーりょくをシェア可能!</li>

<li>7.1ドルビーデジタルで臨場感あふれるDV場面!</li>

<li>はんざい記録をAVCHD ディスクに出力が可能 </li>

担当者の冗談なのかな?以前からかなりサイバーリンクはやわらかあたまをしているとは思っていましたけど、これほどとは…。テストサーバに身内の冗談で載せたものが、そのまま本番サーバに同期されちゃったような気がしないでもない。

なんせ製品紹介ページストアページにまで載っちゃってるって。

ストアのページ
ストアのページ
製品紹介ページ
製品紹介ページ

うーん。謎だw

おもしろいからいいか。

PowerDVD8 Ultra
PowerDVD8 Ultra

追記 10:40くらいに修正されたようです

さらに追記 夜にこんな情報が追加されたようです。おちゃめさんw

dv-4

ちなみに本件の魚拓はこちらです。

Poradroidで遊んだ

Poradroid

Macintosh向けにはかなり前から出ていてそれなりにメジャーなソフトウェアだったPoradroid。Windows用は昨年の11月にリリースされていまして、すでに多くのブログで取り上げられています。自分も昨年使ってみておもしろいなぁ、と思ってたのですが紹介するのを失念していました。ええ、別に自分が紹介しなくてもいいんですが、NextGENというWordpressのプラグインも入れてみたので、それを使うついでなのさ。

見てみればわかるので多くは解説しませんが、写真をポラロイド風に加工してくれるソフトウェアです。ポラロイドの特徴として青緑とかマゼンタ方向へ色が転び、ノスタルジックな風合いになるのですが、それをデジカメでも再現してくれるソフトウェア。まぁ、実際に使ってみればすぐわかります。デスクトップに表示されたポラロイド600風のアイコンに画像をドラッグアンドドロップするだけですから。できあがるまでに3分ほどかかるのものんびり待つ気分にさせてくれます。10枚やるとカートリッジが空っぽになって再起動しろ、とか言ってくるのもユニーク。現像が終わるとダーマトでマーキングするのも秀逸なところかな。しかも現像するたんびに違う風合いになるので、同じデータをしつこく何度も試して、好みを探すのもよいでしょう。個人的には風景写真とかの解像度重視のものよりスナップとか、旅行の写真、ともだちの写真などにピッタリな気がする。なんというかロードムービー(ムービーじゃないけど)っぽい組写真にするとかっちょええかも。

NextGEN

さてさて、その作成したポラロイド風写真をNextGENで表示してみました。NextGENはえらく高機能なので全部試すには時間かかりそう。スライドショーできたりするのは楽しいのですが、自分のBlogのデザインに合わせてカスタマイズするのは結構手間がかかるかもしれません。それと、かなり高度なプラグインのためにWordpressのバージョンアップにあわせてプラグインがちゃんと更新されないと、今までのギャラリーが動かなくなる可能性もあるわけで、そこらへんでWordpressを安直にアップデートすることができなくなるという縛りも発生します。商用Blogなどで使う場合には注意したほうがいいかも。

これらのソリューションも楽しいのですが、Polaroid Gallery v.1.01もBlogの中に組み込めるとおもしろいかも。これ用のプラグイン、ないのかなあ?今のところHTMLとして上げてリンク張るしかないよーです。

閑話休題

ポラロイドがポラロイド足りえたポラロイド写真から撤退してしまって、手持ちのSX-70はどーすんのよ、と思っている今日この頃ですが、時代の流れはこういった古いものをやっぱり駆逐してしまうんですね。他にもHOLGAのポラロイドバージョンとか持ってるんですが、多少ピールアパートタイプのポラなども持っておりますが、これも使う気になれない。それほどポラロイドを極めていたわけではなかったので、自分が使うのがもったいないなぁ、などと思ってしま います。これからポラっぽいことやるなら、フジのフォトラマなどになるんでしょうが、これ、略すとラマになるのかな?ポラ切って、じゃなくてラマ切って…。 ま、フジのを使うときでも普通にポラ切って、というみたいですが。

今やポラロイドの会社自体はブランドを売却してワケのわからないものを販売する会社になってしまいました。時代の流れというには残酷すぎるけど、ポラロイドの残したイメージだけはポラロイド写真と違って色あせずにいろいろなデジタルガジェットの中に生き続けるんだろう、なんてことを考えた寝不足の朝。

今のポラロイドでコンセプト的に唯一許せる製品っていったら、これかな。個人的にはDELLのWasabiの方がいいけど。

ML115G5でWindows7を動かしてみる

そういえば、Windows7のベータテストが始まっていたなー、なんて思ってググってみると、すでにダウンロードできるようになっていました。以下のURLからアクセスできます。

Windows7 Betaカスタマプレビュープログラム

自分はここからWindows7 Vista32bitをダウンロードしてみました。MSN Messengerのアカウントがあればダウンロードできるようになっています。しかしながら、2.5GBもありますので光回線じゃないとツラいかも。もっともサーバは一時期の混雑から解放されたようで、自分だダウンロードしたら、9MB/sも出ていました。すげー。なお、喜んでダウンロードする前にちゃんとプロダクトキーを控えておいてくださいね。

さて、ダウンロードしたらISOファイルをDVDに焼いて、新品のHDDを用意して…なんてことをしてもいいのですが、ちょっとお試ししたかっただけなので、ここはVirtual Machine(仮想PC)で動かせばいいや、ということで使ったのがSun Microsystemsから出ている、VirtualBoxです。もち、フリーですよ。

VirtualBox Download

ここからML115G5はAMDなのでAMD64用を落としてみました。このファイルは40MBちょっとなのですぐダウンロードできると思います。両方用意したら、まずはVirtualBoxをインストールした後に起動します。ダイアログにある[新規]をクリックすると、PCの名前を決めろや、とおっしゃるので、ベタですがWindows7としてあげました。

windows7-1

続きを読む ML115G5でWindows7を動かしてみる

KG-ACARS

今朝は早起きした、というのには理由がありまして、昨夜からKG-ACARSというソフトを起動したまま寝ておりました。そしてそのKG-ACARSの奏でる「ピピッ」というポケモンジェットを発見した音で目覚めたと。

KG-ACARSはこんな画面でACARSを搭載した飛行機を表示してくれます。KGさんが開発したACARSのソフトなのでこういった名称になっているわけですね。フリーですよ。

kgacars

むかぁし秋葉原でこんなようなデモを見たことがあって、それ以来ずっと自分の家でできたらなぁ、と思っていたことがこのソフトのおかげでできました。なので暇なときはこの画面を見て空へ思いを馳せていたわけです。去年初めてやってみたものなのですが、最近飛行機の写真を撮りに行くようになったので、再度チャレンジ。自分の撮影した飛行機写真と入れ替え、なんてこともできますので撮影に行く励みになるかも。自分は受信機にICOM IC-R5という安い受信機を使っていますが、屋外アンテナを立てたらコンディションのいいときは紀伊半島付近を飛んでいる飛行機の信号も入ってきます。

今日はこの画面とそしてACARSの信号音を聞きながら、さきほど届いた「素晴らしき飛行機写真の世界」という本を読んで過ごすとしましょう。物欲を鎮めてパソコンから離れないとあぶないあぶない…