「atom」タグアーカイブ

ベクトルを間違えた努力

今日のは単なるメモというか日記。いつもか。

最近引きこもりなのでネットラジオを聴いていることが多い。PCでも聴けるし、自分の持っているAVアンプ・YAMAHA RX-V771でも聴ける。ネットラジオとやらをまともに聴こうと思ったのが何年かぶりなので(以前はIE5についていたラジオバーだったようなw古っ)、時代の流れを感じる…なんてのはどうでもいい。

ま、とにかくハワイのネットラジオを聴いては「あー、ハワイ行きたいなぁ」と思い、BAY Smooth JAZZという局のラジオを聴くと「うむ、西海岸でベイエリアの風に吹かれながらドライブしたいぜ」なんて思ったり思わなかったり(BAY Smoothがホントにベイエリアにあるのかは知らん)。

続きを読む ベクトルを間違えた努力

Valore ION 330

日本ではユニティから発売された、Valore ION 330。ケースも光学ドライブもついて、3万円弱というオトクな価格で発売されました。IONチップセットを搭載して、Atom330を搭載しているので、以前紹介したものよりもコストパフォーマンスが高いですね。元はASRockのION 330のようです。こちらも光学ドライブとメモリ、HDD付きで完成品として販売されてます。日本ではユーザがハイエンド指向なので、スタンダードな状態で販売するよりも、別途購入してもらうということでメモリとかHDDは別売りになったのでしょう。SSD入れて静音化したいとかサーバで使うから4GB欲しいユーザにはムダがなくていいですね。

こちらはASRockバージョン。ロゴが違います

すでに秋葉原で販売されていますが、ACアダプタもついて、この値段なら買いかもしれません。なんせION搭載マザーボードが高価なご時世ですから、ケースも光学ドライブもこれからそろえる、デスクトップ、あるいはスモールサーバとして使うというのならコレを選ぶべき、と言っても過言ではないでしょう。もっともシンプルなサーバだと光学ドライブをほとんど使いませんので、それもいらんわ、ということもあるでしょうが。

続きを読む Valore ION 330

IONITX-D-Eきましたなっ!

Atomの新しいソリューションが出てもあまり気にしてませんでした。IONチップ搭載のAtomマシンだってよ、なんて言われても、ちらっとスペック見て「なんで今頃N230なんだよ、ペッ」なんて思ってました。正直すまんかった、ZOTAC。数々のキワモノチックなマシンを出してきたあなた方を見くびってました。ZOTACファンのクセに信じなくてすみませんでした。いや、そんなに信者ってほどでもないんだけど、昨年度購入したパーツブランドナンバーワンはZOTACだったんだよー。一個は故障してまだ戻ってきてない8800GTなんだけどな。

というわけで、N330搭載のIONITX-D-Eがデビューしました。価格は3万円アンダーで、ちょっとお高めです。最新のチップセットとか無線LANとかのオマケはついていますが、正直高いですな。スペックは以下のようになっています。気になるところは赤くしておいたよ。 続きを読む IONITX-D-Eきましたなっ!

Jetway ATOM-GM1-330

Jetwayから新しいatom搭載マザーボード、ATOM-GM1-330がリリースされました。今までのマザーボードに比べると、やはりデュアルチャンネルでアクセスできるようにメモリスロットが二つ搭載されたことが最大のメリットでしょう。おかげでトータルで4GBのメモリを搭載可能になりました。それとフォームファクターがM-ATXになったので、スロットが増えたこと。二つのPCIスロットとPCI Express X1のスロットがついています。

2GBx2のメモリーを搭載すれば通常の自宅サーバなどに使うには十分すぎるくらいのメモリ空間を確保できるでしょう。ただ、なんでLANが100Mbpsなんだよーもう。しかもRealtek RT8103ELだし、スロットがたくさんあるのでもう別のLANカード挿したくなります。

それとグラフィックスチップがGMA950なのはいいんだけど、アナログしか出力ないじゃん…。S-ATAの口も二つしかないし、なんというかニッチな市場をねらったボードだなあ、という感想です。

省電力と従来比二倍の広大なメモリ空間を欲しい人にはいいかもしれませんが、これをわざわざデスクトップに仕立てて使う目的には合致しなさそうです。価格は9,400円前後ってことで安いんですけどね。これで1GbpsでDVIならイチオシマザーボードになったのになぁ。X27Dを超えるデキとは思えないや。

仕様は以下の通りです。

1. Intel 945GC Express Chipset +ICH7Chipset
2. Intel Atom 330 Processors
3. Integrated Intel GMA 950 GPU
4. Supports Dual Channel DDR2 533/400
5. Integrated 2 * Serial ATA2 3Gb/s
6. Integrated 10/100m LAN
7. Integrated ALC662 HD Audio CODEC with 6-CH
8. Ready for Windows? Vista^(TM)
9. Micro ATX Form Factor (228mm X 180mm)

通販だとクレバリーのみみたい。

サーバが落ちた

昨日自宅に帰って、なにげなくログインしっぱなしだった、このサーバのコンソールを見てみると、なにか見たことのないメッセージが。

journal commit I/O error

直訳するとジャーナルがコミットするときにI/Oエラーが出たよ、となるわけで(当たり前だ)、脳天気な自分ですら「こ、これはマズいのではないかqあwせdrftgyふじこlp」と思うわけだ。なのでちゃんとググってみた。が、よくわからない。ようするにファイルシステムでI/Oエラーが出たから、リードオンリーで再マウントするよん、ということらしい。

ファイルシステムで単純に論理的なエラーが発生しただけなら問題ないだろうけど、とにかくリードオンリーでマウントされても書き込みはできないし、ログも残らないわけで、それじゃ困るってことでリブートしてみることにした。しかし、オレはバカだから、何気にリブートしたあとにエラーをチェックするためにfsckをかけてしまったのだった。

昔、Sunのマシンを使っているときにカーネルパニックなどを起こしてリブートしたあとにfsckをかけるクセがあったためなんだけど、そしたらfsckしたあとにリブートしたら起動しなくなった。毎回fsckが走り、どうもこうも起動しない。起動する途中でCTRL+Cを連打してshellに落として、そこでfsckをかけてもダメ。どうやら起動している最中のディスクにfsckをかけると壊れる可能性があるらしい(ググってみたらそんなメッセージが出てたような)。

なので、CentOSのインストールディスクを別のPCで作り、そこからRescueモードで起動した。ボリューム自体はマウントできるので、そこのfstabを指定してfsckをかけてみる。

ということを朝の5時まで行ってなんとか復旧したのでした。なぜかcron.dの中にあったtripwireのcronが消えてるし…。

しかしながら、Atomマシンで2.5インチのHDDで運用しているこのサーバ。なんとなく気分的に2.5インチHDDは耐久性が少ないんじゃないか、と思ってしまっています。いや、実際にはブレードサーバなどにも採用されているし、耐衝撃性に関してはノートパソコンに積まれるくらいですので3.5インチよりも上ですから杞憂に過ぎないのでしょうが。ただ、一度こういったエラーが出てしまったディスクを長期間使い続けるのもなんなので、サーバ関連のリプレイスとバックアップ手法を考えないとマズいかな、と思っています。ML115に戻すかAtomのまま使って3.5インチに置き換えるか…。

Shuttle X27D

キタコレ!

D945GCLF2よりも遙かに?魅力的なベアボーンキット、Shuttle X27Dがデビューしました。前モデルのX27は見ないようにしてスルーし、絶対デュアルコアがスグ出るはずだ!と勝手に決めつけていましたが、やっぱり出たかという感じです。そりゃシングルコアじゃいまさら市場で受け入れられないよな、と思って載せ替えたわけでしょうね。D945GCLF2以降、他社からデュアルコアAtomマザーが出てこない。Intelが絞っているのかなーと思ってしまうほど。まぁ、最近になってからやっとMSIはデモってましたし11月下旬には発売、なんていう話も出てきました。GIGABYTEはGA-GC330Dを見せるのはいいけど、まだ出てこない。そんな中、いよいよ「オレワールド的」にナンバーワンと思われるモノが出てきました。



価格は23,800円でインフォメーションされていますね(Akiba PC Hotline)。意外に安い。ボードが1万前後、ケースが1.4万程度という内訳になるのでしょうが、ベアボーンですから後はメモリとHDDなどを用意するだけ。D945GCLF2に比べてボードが劣っているところがあるとすればPCIバスがないこと。ですのでネットワークストレージとしてバリバリ拡張したいなー、なんてときには向いてません。それとHDDは2.5インチ、光学ドライブはスリムタイプオンリーってところが多少デメリットかな、と。

しかしながら、アドバンテージとしてDVI端子があるのがデカイ。世の中DVIでしょー、というのが個人的に勝手に思っていることなので、このインターフェイスが用意されているのはとってもうれしいですな。使い道としては常時起動してサーバにするとか、自動トレーディングシステムとして使うとか、小規模なネットワークストレージとして使う(根性入れて3.5インチ入れたいところですが)なんてのが向いているかと。USB経由でHDDわんさかつなげてもネットワークストレージなら許せるしね。

もちろんスモールオフィスでファイルサーバなんて使い方してもいいかもしれません。Marvellのギガビットチップ積んだネットワークI/Fなのでかなりの負荷でもいけるかな、なんて気もします。

んで買うしかない!と思ったのですがAMDのCPUで組んだマシンが余っている(ウチで余ってるNC62K-LFと完全被るキャラです)状況なので、ナウで買うべきか?というとちょっと買えないのが正直な財布の事情です(泣)。店頭で見ないようにしてなんとかスルーしないと明日からパスタしか食べられない生活になるので、なんとかガマンしないと…。ボードだけ売ってくれないかなー。

しかし「初めてのAtom♪」な人にはいい選択ですよね。完全な自作じゃないから自作初めてです、なんて人にもピッタリかもしれません。

個人的には星4つかな。

特価情報

PC DEPOTでSHUTTLE X27Dが¥19,550円で販売中。最安かな。