「ニュース」カテゴリーアーカイブ

DJI Mavic Pro

MavicPro

DJIからコンパクトなドローン、Mavicが9/27に発表された。ティザーである程度出ることはわかっていたし、リーク画像で折りたたみ式のドローンを出すのはすでに周知の事実だったわけだが、このタイミングで発表したことはDJIにとっては必要なことだったんだろう、と思う。

王者対王者の闘い

それはアクションカム界の巨人、GoProのドローンKarmaが発表されていたからでKarmaとまさにバッティングするドローンの領域をMavicPROも担うからだ。いわゆる「旅ドローン」としてこの二者はぶつかることになるだろう。

ただ、やはり二者の方向性はかなり違っている。DJIは商用ドローンにおいて世界一であるし、そのMavicPRO中心に述べていくが、まずはGoPro。

Karmaはアクションカムを「飛ばすこと、安定されることに特化した」ドローンと言える。その特徴も軽い・コンパクト・ジンバルとして活用できるといった形でエクストリームな領域でさまざまな形でアクションカムとして使うという進化形の提案。

続きを読む DJI Mavic Pro

OLYMPUS TG-4 充電おかしい?

TG-4を使い始めて早一か月。お気に入りなので毎回海には同行させるんだけど、ちとひとつだけ困ったことが。

オリンパスは太古の昔から(おおげさに言っている)、USBアウトのついているACアダプタ+専用ケーブル+本体でバッテリーに充電するものが多い。遙か昔に使っていて、ちょーDisったTG-810(もう4年も前のことになるのか)から変わってない。本音を言うと「どうして充電器がないのだ!」と思うのだが、これは仕方ない。彼らの方針なんだろうと思う。別売りであるし、欲しい人はそれを買えってことだろう。高いけど。

さて、その充電に使うUSBアウトを持つものを自分はこういうAnkerのPowerIQ装備のものを使っていた。

他にもUSBでチャージするiPhoneだのXperiaなどがあるので、コレ一個あれば5つもの機器を同時に充電できる上に、出力も十分。それで充電すればいい、と思ってTG-4でもこれを使ってみた。しかし、充電が失敗するw

どう失敗するか、というとこんな現象が起きた。

  1. チャージ終了したように見えて終わってない。おかげで海の中に持ち込んでから、バッテリーが半分程度なことに気づく
  2. チャージが延々終わらない。本体はそれなりに暖かくなっていて充電をがんばっているように見える
  3. チャージせず半分くらいあったバッテリーが空っぽになる

OLYMPUS XZ-2でも試してみたのだが、こちらは失敗しない。ちゃんと充電できる。他にもAnker製ではない、出力が2.1AあるようなUSBチャージャーを使っても失敗する。仕方ないので付属品のチャージャーでやるとちゃんと充電するのだった。荷物が増えるから、こういう変な仕様は止めて欲しいなぁ、と思うんだけどオリンパスの中の人はあんまり気にしないんだろうか。出力が2AあるようなUSBチャージャーは普通に出回っているのに、わざわざ500mAで出力一個しかないチャージャーを持ち歩かなきゃいけない苦痛ったらない…。

それにこの仕様ってことはモバイルバッテリーでもチャージが失敗しそう。

自分は予備バッテリーを持ち歩くので、本体充電という仕様自体が困っちゃうのでサードパーティ製の充電器を活用するんだけど(しつこく言うが純正はバカ高い)、並行して本体でも充電できれば旅先などでは困らないなと思っていたのだが、この仕様のために付属品チャージャーを持ち歩かなきゃいけなくなってしまった。TG-3では試してなかったのだが、こちらもたぶん同じような仕様なんだろうな(売ってしまったので検証できない)。

リチウムイオンを充電するには高度な制御が必要なのはわかるのだが、本体充電に頑なにこだわるのなら、せめてUSBチャージャーくらいは出力がどうであろうとうまく対応して欲しいなあ…。

Eye-Fiカード付録で飛びつきそうになった

ステレオサウンドからカワイイをシェアする写真術って本が出るらしい。これEye-Fiカードがついていて一瞬買おうと思ってしまいました。4GBカードがついて1,890円(今の税率で)はお安い。

だが、しかし待て。このEye-FIカード、通常のものでなくdocomoって書いてある。そしてちょっと調べてみると…

Andoroidでしか使えないじゃん!iPhoneでは接続できないし、たぶんデスクトップPCからもダメだな、これは…。

というわけであっさり諦めた。もちろんAndroidしか使ってない人には関係ないんだろうけど、オレ双方とも使ってるし、iPhoneメインだしなー。

3/5追記

コメントいただいたこともあり、TSUTAYAで購入。自分のPCにつなげたところすでにEye-FiのプログラムであるEye-Fi Centerがインストールされていたこともあり、あっという間にファームウェアアップデートされ、普通のEye-Fiカードに変身。もう戻れないのであったw

というわけで、普通に使えるカードになりました。メデタシメデタシ。

※amazonだとプレミアム付きで売ってるみたいだが、本屋とかセブンネットショッピングではまだ定価で買えるので気をつけよう。

デロンギ EC200N

amazonのタイムセールで何気なく買ってしまったエスプレッソメーカー。ディスコンというか後継のモデルが出ているためか、1万円を切る価格で販売されていた。普段はあまりエスプレッソを飲まない…んだけど、冬の寒い夜にはカプチーノやカフェラテを飲んでみたいってのもありますゆえ、買ってみたわけだ。

後継機種のEC221とスペックを比較してもほぼかわらない。ていうか消費電力のちょっとした違いがあるので、EC221の方がお湯を作るのは早いのかな?と想像できるけど、大量にエスプレッソを飲むわけではないのであまり違いを意識する項目でもないだろうってことでキニシナイ。

旧機種であるEC200の特徴はこの丸っこいデザイン。イエローのボディも個人的には好きな部類でイタリアの製品っぽくてよい。もちろん中国製だけど。EC221はカクカクしてる。この丸っこいデザインの方が個人的には好み。EC221はもっともっとスクエアなデザインだったらよかったのにな。

続きを読む デロンギ EC200N

ONKYO ABX-N300

ヨドバシのアウトレットのページをつらつらと見ていると。このONKYO ABX-N300があった。最近別の部屋を借りたこともあり、そこで使うスピーカー、もしくはコンポ欲しいな、と思っていたのでどんなもんなのかな?とチェックしてみると、基本はiPhone(iPod)ベースで動作するもので、CDプレイヤーとかFMチューナーなんぞは一切ないすっきりした仕様。そのかわりvTuner対応(インターネットラジオ)だったり、AirPlayに対応してるし、DLNAクライアントとしても動作するというネットワーク系コンポとしては満漢全席…じゃなくて機能を満載している。

気になる価格はなんと3,980円。新品で買うとまだ1万円程度しているのが、アウトレット(展示品と思われる)とはいえ、ここまで安くなっているとパソコン用のちょっとしたアクティブスピーカーなみ。即座に電話してみると在庫が三つあるようで一個確保しておいてもらい、さっそく買いに行った。これが日曜日のお話。見た目は非常にシンプル。モノリスっぽいというか、黒い細長い箱にシルバーのアクセントがあるイメージ。個人的にはこういったデザインは好きなのでよい。

アウトレットなので細かな傷とかほこりはついている。ま、使えばすぐこうなるので気にしない。

んで、買って帰ってすぐチェックしたらなんと動作しないwうひー。リモコンは赤外線を出しているんだけど、本体側が一切反応しない。このスピーカー、リモコン使えないとまったくセットアップできないというシロモノ。リモコンなくしたらおしまいというすばらしい機材なのだ。なので月曜日にすぐ電話して別のものに交換してもらった。はじめの機材の方がキレイだったので、見た目はそっちの方がよかったんだけどね。修理してもらう手もあるが、この年末に修理に出して3週間かかったりしても困る。ヨドバシもすぐに交換に応じてくれたので助かった。在庫があったからとも言えるんだけど。

なお、リモコンが赤外線出しているかどうかは、デジカメやスマホのカメラでリモコンの送信部を見るとちかちか光っているのが見える(iPhone5Sだとわからなかったけど)。これで問題の切り分けができる。これ豆な。

二度も川崎までドライブするという手間はかかったけど、取りあえず使えるようになった。AirPlayするためにはWi-Fiにつながなきゃいけないとかこれまた設定に手間はかかる(リモコンでセキュリティキーを入れるめんどくさい仕様)。んが、いちどつながってしまえばあとは普通に使える。おそらくほとんど使わないだろうが、DLNAクライアント機能も試すが、こちらも立派にワークした。すばらしい。ディスプレイが小さくて本当に使いづらいがなんとか使えるレベル。もっともDLNAサーバに4TB分の音楽を入れているせいでメチャクチャお目当ての曲に行くまで時間かかるのは自分の家が特殊なせいだからガマンしどころだ。

本当はAVアンプみたいにiPhoneとかAndroidからアプリでコントロールできると本当に使い勝手がいいんだけどね。そうするとコストが跳ね上がるだろうから、ここらへんはトレードオフか。

実際に音質も普通に聞きやすい音質で安っぽい音ではない。さすがオンキヨーというか一定のレベルには達している。スペック上は6cmのフルレンジなのだが、きちんと低音も出て、高音はシャリつくこともなく安心して聞いていられる。

あと、これは自分の環境のせいかと思うがWi-FiだとAirPlayとかDLNAが途中で止まることがある。一度リブートしたりしないと復帰しないことがった。ここらへんは検証してみないと何とも言えない。自分の利用シーンとしては普通にiPod 30pinコネクタ経由での利用になるので、ここらへんは目をつぶることにしたw欲を言えば…Bluetoothで繋がるとカンタンにいろんな機器がつなげられていいんだけどね。

新品を一万円で買う、となるとちょっと悩むところけど、5千円以下で見つけられれば文句なく買い、だと思う。もうディスコンなので手に入れづらいかとは思うが…。

※ちなみに初出では5万円というすさまじいプライスだったよう。AV Watchのページを見ると、それが窺える。しょーじき、5万円で買うシロモノではないと思いますwその価格で買う人もいないだろうけど。

スペックは以下の通り。アンプなどには余裕がめっちゃあるのでこれだけの音を描き出せるのかな、とも思う。

実用最大出力 10W+10W(6Ω、JEITA)
周波数特性 40Hz~20kHz/-3dB(LINE)
SN比 70dB(LINE、IHF-A)
スピーカー 6cm フルレンジ×2
音声入力端子 1(LINE IN)
ヘッドホン端子 1
LAN端子 1
最大外形寸法 430(幅)× 131(高さ)×148(奥行)mm
質量 2.6kg
付属品 リモコン

cheero Power Plus ダンボーミニ

本当の名前はcheero Power Plus DANBOARD version -mini- 6000mAhという名前。長いな。Amazonのツイッター見て衝動買い。でっかい旧バージョンの方が容量があるし、その容量による価格差もすごく安い(容量は1.73倍。価格は1.15倍)んだけど、重さとか利用シーンを考えて小さい方でいいや、と思ってこちらをポチった。

重さは140g。でっかい方が258gなので、その差は大きい。ただ、実際に持ってみると140gよりありそう。そこで計ってみたけど、143gだった。誤差だね。気のせいだった。

スタンダードバージョンに比べるとデザイン的にはダンボー度が高い。何書いているんだかよくわからないが、よりダンボーっぽくなったと思う。

そして、口のところを押すと目が光る。これにより残量がわかるわけだが、黄色が満充電に近くそこからオレンジ、赤となっていく。何パーセントでそうなるのかは説明書に書いてあるけど覚えてられないので、赤になったら充電、ってことだけ頭に刻み込んだ。

付属品は↓この写真の通り生成りの麻っぽい素材の袋と充電ケーブル。いわゆるUSBケーブルだ。このケーブルも段ボールっぽい色にしてくれるとさらによかったと思うけど、コストアップするのでここらへんはガマンかな。

USB端子は二つあり、同時に二つまで充電できる構造になっている。ひとつは2.1A対応でiPadのような大電力向けで、もうひとつは1AでiPhoneのようなスマートフォン用。

左サイドにはこのバッテリーの充電用のマイクロUSB端子がついている。

というわけで、自分のiPhone5Sを4回程度充電できるだろうことを期待しております。

今のところの難点は…。充電中に目が点滅するのはやめて欲しいなあ。こういうのって寝てるときに結構気になるんだよね。しかし、コミック(しかもそれほどメジャーじゃないのに)の中にちょっとだけ出てきたものがこれだけキャラクター商品になるってすごいな。