「VEGAS」タグアーカイブ

Vegasと7Dとスローモーションビデオ

7Dは720pで動画撮影すると、60fpsにすることができます。なので、これを30fpsに落とすと1/2速度でのスローモーションビデオになるわけですね。ということでやってみよーと思ったんだが、意外に情報がWeb上に出てない。海外ならあるんだけど、みんなFinal Cutとか使ってるんだもん。参考にならんじゃないか。プロレタリアートのVegasユーザにとって有益な情報がなかったので試行錯誤してみました。

1.使いたいクリップを選ぶ。当たり前っちゃー当たり前。そうそう、プロジェクトは720pで30fpsなどにしておいてくださいね。自分はこのテストでは、HDV720pのプリセットを使いました。これ以上にしてもあまり意味ないですから。

まずは選びましょ

2.んでもってトリマーでIN/OUT指定して、プロジェクトに配置する。ここまでは普通と一緒。

トラックで音はミュートにしてあります。

3.右クリックしてプロパティを出して、再生レートを0.5にする。

ここで、再生レートを0.5にすると、単純に同じ時間軸で半分しか再生されない。これじゃ困るワケだ。

4.CTRL押しながら、クリップの後ろをクリックして、右に引っ張る。いわゆるVegas独自のうにょーん方式

うにょーん!

めいっぱい右に引っ張ってください。コレ、TipsなのですがVegasはうにょーんしても0.25倍までしかできません。最大1/4のスローモーションになるわけです。ココで再度プロパティを開いて、またレートを0.5にし直します。これで最初に設定したIN/OUT点が生かせた1/2のスローモーションになりました。言葉だとちょい面倒なのですが、実際にやってみればすぐできます。わざと最初に0.5にすることで、めいっぱい引っ張っても大丈夫になるわけです。もちろん、オレは細かい作業大好き、って人は配置したクリップの長さと同じだけうにょーんすればいいのですwかなり面倒だけどね。

5.そして、またプロパティを開いて、スマートリサンプリングってのがありますが、これはリサンプリング無効にしてください。ONにしたままでも大丈夫かなぁ?という気がしますが、ここらへんはヘンにフレーム補完されるのがイヤなので明示的にオフっちゃいましょう。

この後クリップをパラパラ並べていけばOK。ま、全部をスローモーションにする必要があるのか?とは思いますので要所に使うといいと思います。んでできたサンプルがこれなのです。

YouTubeで直接みたいときはこちら

実際にスローモーションを撮影したり、他の人のを見てみると、1/2程度のスローモーションだとわかりづらいシチュエーションも数多くあります。飛行機撮影しても遅くなっているんだかよくわからない。それだけ見てると割合ゆっくりふわっと飛んでいるイメージなので別段エフェクトかかっている気がしない。それよりも、共通認識で持っている、モノが落ちてきたり、水が跳ねていたり、落ち葉がひらひら舞い落ちるなどの重力が効いているシーンがベストだと思います。撮影する対象を絞って使わないとダメだよね、という当たり前の結論なのでした。実際に自分でやってみると実感できると思います。

昔プロモーションビデオの撮影現場で上から落ち葉を落とすんだけど、アーティストには倍速で歌ってもらうのです。そうするとオーバークランクから1/2に落としたときにキチンとリップシンクするというワザなのですね。10年前くらいに見たシーンを今追体験しているような感覚ですわ。

SONY CreativeでCinescoreのテーマが特売

えー。本日SONY Creative SoftwareからDMが来ました。をを、Vegas Proの特売?と思ったのですが、残念ながらちょっと違いまして、Cinescoreを60%オフにするよ!というDMでした。それだけなら、なーんだ、Vegasについてきちゃったもん、と閉じようとしましたが、その横にテーマも60%オフだよ、と書いてありまして、「それなら話を聞こうじゃないか」とソニーのサイトに行ってみました。

これ、日本語で見ていてもかまわないのですが、国を日本ではなくてアメリカにしないと安くなりません。その点ご注意を。日本円で買うとテーマひとつが600円ですが、USドルなら$3.98になります。今のレートならだいたい360円ってところでしょうか。すでに以前購入したVegas Platinum Editionには若干付属してきましたが、今回はテーマパックのHome Studio Soundtrack Pack2と、Champions:Music for Sports Highlightsの全部で15個を購入しましたよ。他にもPass the Ring: The Wedding Soundtrack Libraryとか、New Baby: Children's Music Classicsとか楽しそうな音があったのですが、あまり直近使いそうにないなぁ、ということで今回はスキップ。

このセールは12月末日までですので、テーマパック欲しかったんだ!という人にはチャンスだと思います。しばらく色々な音で遊べそうなのだ。ちょうど7D買ってからビデオクリエイティブ欲が沸いてきたのでちょうどいいタイミングだったってこともあるから買っちゃったんだよね。タイミングって重要だよ。

VEGASの大安売り

SONY CREATIVE SOFTWAREのサイトへ行くと各ソフトウェアを3/20まで35%オフで提供しています。注意しないといけないのは、すべて日本語だと日本円になって、今のドル円レートだと高くついてしまうこと。また、英語表示にしないとすべての販売しているものを表示しないようです。必ず国の指定はアメリカ合衆国に設定しないとドル建てになりません。

この画像は言語が英語のときに出てくるものです。

ドル建てだとVEGAS MOVIE STUDIOのPlatinum Editionが$55と非常に安く手に入れられます。ダウンロードを選んでキーコードだけメールでもらえばいいわけなので面倒がありません。円建てだと割引になりますが、かなり価格は高いのでご注意を。

さらに、すでにVEGAS MOVIE STUDIOを持っていれば破格の値段でVEGAS PROへアップグレードできます。シリアルナンバーを入力すれば、$276.87という…。これってMOVIE STUDIOの一番安いバージョン買ってもこの価格なんでしょうね。新規で買うより安いのです。新規の場合には、割引後の価格が、$357.47です。しかしながらVEGAS MOVIE STUDIOの一番安いバージョンだと$35.72ですから、ここからアップグレードすればトータルで$310程度で手に入れられることになります。$50弱の差は大きいです。

ただし、実際に試したわけではないので注意してくださいね(って無責任だな)。3/20までに自分はVEGAS PROが必要かどうか悩みまくることにします(笑)。

他にもCinescoreのテーマパックも35%オフ。こちらはシッピングフィーが$30弱必要になりますが、たくさん購入するならオトク感はあります。んー、まとめていっちゃいますか。この機会を逃すとしばらく安くは買えなさそう。

VEGAS MOVIE STUDIOとEOS 5Dの動画

沖縄で撮影してきたEOS 5D MarkIIの動画をVEGAS MOVIE STUDIO PE9で編集していて少し困ったことが起きました。クリップの数が少ないうちは動作するのですが、大量のクリップを読み込ませるとエラーが起きてVEGASが落ちてしまいます。VEGASのせいなのか、EOS 5D MarkIIが吐き出すファイルのせいなのか、いまいち追及しきれていませんが、「例外エラー」を表示して落ちてしまいます。OSの問題もあるのかもしれませんが、早急に解決したいところ。

現状はクリップを厳選してタイムラインに投入していますが、全部のクリップを放り込んでから調整したいのでめんどくさいことこの上なし。一応サポートに連絡して解決方法はあるか探ってみたいと思いますが、まだレアケースなのですぐには難しいかもしれません。

また、HDV-720pでレンダリングしていたのですが、ある程度の長さになると途中でレンダリングが停止してしまいました。かといって短くしても止まるときは止まります…。どうも現象が一定していないというか、非常に面倒な状態になってしまいました。

他の人はどんな環境で編集してるんだろうかなあ。

とりあえずMP4で完成したのでひとつニコニコ動画にアップロードしました。暇な人は見てください。手ブレひどいのでホントすいません。マイクのテストってことでご容赦。

YouTubeはこちら