「デジタルカメラ」カテゴリーアーカイブ

OLYMPUS TG-4 充電おかしい?

TG-4を使い始めて早一か月。お気に入りなので毎回海には同行させるんだけど、ちとひとつだけ困ったことが。

オリンパスは太古の昔から(おおげさに言っている)、USBアウトのついているACアダプタ+専用ケーブル+本体でバッテリーに充電するものが多い。遙か昔に使っていて、ちょーDisったTG-810(もう4年も前のことになるのか)から変わってない。本音を言うと「どうして充電器がないのだ!」と思うのだが、これは仕方ない。彼らの方針なんだろうと思う。別売りであるし、欲しい人はそれを買えってことだろう。高いけど。

さて、その充電に使うUSBアウトを持つものを自分はこういうAnkerのPowerIQ装備のものを使っていた。

他にもUSBでチャージするiPhoneだのXperiaなどがあるので、コレ一個あれば5つもの機器を同時に充電できる上に、出力も十分。それで充電すればいい、と思ってTG-4でもこれを使ってみた。しかし、充電が失敗するw

どう失敗するか、というとこんな現象が起きた。

  1. チャージ終了したように見えて終わってない。おかげで海の中に持ち込んでから、バッテリーが半分程度なことに気づく
  2. チャージが延々終わらない。本体はそれなりに暖かくなっていて充電をがんばっているように見える
  3. チャージせず半分くらいあったバッテリーが空っぽになる

OLYMPUS XZ-2でも試してみたのだが、こちらは失敗しない。ちゃんと充電できる。他にもAnker製ではない、出力が2.1AあるようなUSBチャージャーを使っても失敗する。仕方ないので付属品のチャージャーでやるとちゃんと充電するのだった。荷物が増えるから、こういう変な仕様は止めて欲しいなぁ、と思うんだけどオリンパスの中の人はあんまり気にしないんだろうか。出力が2AあるようなUSBチャージャーは普通に出回っているのに、わざわざ500mAで出力一個しかないチャージャーを持ち歩かなきゃいけない苦痛ったらない…。

それにこの仕様ってことはモバイルバッテリーでもチャージが失敗しそう。

自分は予備バッテリーを持ち歩くので、本体充電という仕様自体が困っちゃうのでサードパーティ製の充電器を活用するんだけど(しつこく言うが純正はバカ高い)、並行して本体でも充電できれば旅先などでは困らないなと思っていたのだが、この仕様のために付属品チャージャーを持ち歩かなきゃいけなくなってしまった。TG-3では試してなかったのだが、こちらもたぶん同じような仕様なんだろうな(売ってしまったので検証できない)。

リチウムイオンを充電するには高度な制御が必要なのはわかるのだが、本体充電に頑なにこだわるのなら、せめてUSBチャージャーくらいは出力がどうであろうとうまく対応して欲しいなあ…。

OLYMPUS TG-3→TG-4

うーむ、ほんとに書かない習慣付いちゃうと書かなくなるね、ブログって。というわけで半年以上経過した上で一念発起してがんばって書いてみる。

表題の通りなんだけど、今まで持っていたOLYMPUS TG-3をTG-4にリプレイス。しょーじき基本性能は変わってないのですが、細かな使い勝手が向上しておりまする。

どこが向上しているのか、というと自分がお役立ちポイントだぜ、と思ったのはコレ。

  1. 顕微鏡モードが30cmから使える。
    これ、マジに使いやすくなったです。TG-3の顕微鏡モードは0.1m…つまり10cm以内に接近しないとフォーカスが合わなかったけど、TG-4は0.3m…30cmから合うようになった。
    別に近くのモノ大きく写す顕微鏡モードなんだから、10cmからでもフォーカス合えばいいんじゃないの?と思うかもしれないが、顕微鏡モードにするとやたら視界が狭い。そのため、海中で撮影しているときなどゆらゆらと自分が動くこともあり、ドコ撮ってるんだっけ?とわからなくなることが非常に多いのだ。そのため、被写体のそばに指を置いて、それを目標にカメラを寄せる…ということが多かった。水中ケースに入れているので、なおさらやりにくかったのだな、これ。
    この改良によって、離れているときでも一度フォーカシングしてから、接近できるというのはとっても使いやすくなった。顕微鏡モードを使うシーンがかなり多くなりそう。
  2. 水中モードが独立したのと機能アップした。
    これ、めっちゃ嬉しい。今までは水中モードにするのにいちいちSCN(シーン)から呼び出していたのが、モードダイヤルをクルクル回すだけ。これだけで選べる。また、水中HDR(まだ試してないけど)が使えるようになったのも楽しみ。どうしても明暗差の大きなシチュエーション、水中だとたくさんあるので。

  3. カスタムモードが2つになった
    いかに水中モードが独立したとは言っても、やはりその中でマクロだったりワイドだったり、そしてHDRだったりの選択はある。それさえも面倒っていう場合に、このカスタムモードがお役立ち。水中モードでHDRに設定したものをC1に、そしてプログラムオートで水中ワイド仕様にした設定をC2に記憶させておくことができるわけだ。これによって水中モードでよく使うマクロにしておき、そしてHDRならC1、ワイドならC2というようにモードダイヤルだけで最大三つの水中モードをダイレクトに選べるようになる。
    海の中でこまごまとセッティングを変えるのは、それほど楽しい作業ではない。特にコンデジ使うときなんだからお気楽にやりたいことが多いからなおさら。

  4. 個人的にちょい嬉しいRAWとライブコンポジット
    コンデジの魅力はイージーモードにあるんだけど、RAWで撮れることで後々こだわった現像ができるのも嬉しい。遠征したときに荷物の関係で一眼レフやミラーレスを持って行けず、このTG-4で勝負するときにもRAWがあることで少し心強い。
    また、ライブコンポジットもコンデジで星景写真?と思ってしまいがちだが、できないよりできた方がいい。だいたいダイビングで行くところなんて田舎が多いんだから、満天の星空を見たときに、ちょっとそこらへんに置いて星を撮影できるってのも楽しいじゃないかと思うのだ。

というわけで、オリンパスのちょっとした改良だけど、まさに同じラインの機種でこうしたアップデートをしてくれるのはすごく嬉しい。ファームアップだけでできるものは、それも欲しいな、とは思うけどさすがにモードを増やすとかはファームだけでは対応できないだろうし。

水中ケース…ハウジングを買い直さなくていいだけでも個人的には嬉しいので、今回の買い物は自分では満足。後は、海に行く時間があるか、だw

EOS 7D MarkII欲しいな

うー。ブログを持っているのを忘れるほど更新をさぼってしまっておりました。ま、いつのもパターンかもしれないが、どうも書きたい欲がわかずにずるずると。今回はちょっとだけ書こうという意欲が沸いたので書いてみまする。

会社の近くにキヤノンギャラリーがあるなー、そういえば7D MarkII出たんだった。展示機あるかしら、と思ってふらっとのぞきに行ってきました、銀座のキヤノン。お目当ての7DMarkIIはきちんとありまして、24-70 F4を付けて鎮座してましたわ。ブツを撮ると文句言われそうなので、カタログのみ。

実際に触ってみると、軽やかに動作してシャッターショックなどが以前の7Dに比べると少ない。小気味よい動きで撮影していてもぶらさないようにしなきゃ的な気遣いが少なくてすむかも。フォーカスもすっと合うので、ストレスもない。シビアなシチュエーションではないのでなんとも評価しづらいのが正直なところだけど、とりあえず洗練された感がありますね。

というわけで、欲しいなー、と思ったんだけど前回7Dでは残像問題とかあったので、キヤノンの初期モデルはじゃっかん敬遠したいところ。先着一万名にバッテリーグリップくれるってのは魅力あるんですが、そこらへんをにらみながら注文しようかな…。

にわかに写真欲が増してきた感じ。写真欲より機材欲なのかもしれないんだけど。

少し残念なのが4K動画が撮影できないこと。ここらへん出し惜しみのキヤノンらしいよ。

Eye-Fiカード付録で飛びつきそうになった

ステレオサウンドからカワイイをシェアする写真術って本が出るらしい。これEye-Fiカードがついていて一瞬買おうと思ってしまいました。4GBカードがついて1,890円(今の税率で)はお安い。

だが、しかし待て。このEye-FIカード、通常のものでなくdocomoって書いてある。そしてちょっと調べてみると…

Andoroidでしか使えないじゃん!iPhoneでは接続できないし、たぶんデスクトップPCからもダメだな、これは…。

というわけであっさり諦めた。もちろんAndroidしか使ってない人には関係ないんだろうけど、オレ双方とも使ってるし、iPhoneメインだしなー。

3/5追記

コメントいただいたこともあり、TSUTAYAで購入。自分のPCにつなげたところすでにEye-FiのプログラムであるEye-Fi Centerがインストールされていたこともあり、あっという間にファームウェアアップデートされ、普通のEye-Fiカードに変身。もう戻れないのであったw

というわけで、普通に使えるカードになりました。メデタシメデタシ。

※amazonだとプレミアム付きで売ってるみたいだが、本屋とかセブンネットショッピングではまだ定価で買えるので気をつけよう。

OLYMPUS XZ-2とダイビング

今年最後の記事が焼き芋ではマズい、というわけで急遽記事を追加。焼き芋でもかまわないかもしれないんだけど、食べ物で終わるのはなぜかイヤなのだ。

高級コンデジというジャンルが確立してから、かなり時間が経過しているように思えるけれど、実際は当初のGRシリーズやキヤノンのGシリーズなど最近までは孤高の存在に近かったように思う。その後オリンパスならXZ-1やフジのX100とかが出てきたのは2011年。ついこの間なのだ。いわゆる一般のコンデジの価格下落が激しいために各社とも今年に入ってから、こういった高級路線にシフトしているようになった。静観していたカシオですら参入してきたように、今後これらのコンデジがメインストリームになるのだろう。コンデジがスマートフォンにその場を奪われ、1万円を切る価格が常態化しているし、それら1万円アンダーの機種はなんらおもしろみのない機種なわけで、出かけるときにコンデジ忘れたから買っちゃえばいいか?なんて思うレベル。5千円を切ると完全にオモチャだが、8千円から1万円の機種はおもしろみはなくとも、それなりの写真が撮れるという意味ではうっかりものさんのために、成田空港にあってもいいような気がするw

なんつって。別段ウォッチャーじゃないんですが、とりあえず思いついたことをメモしておいた。後で恥ずかしくなって消すかもしれんが。そして自分がチョイスしたのがOLYMPUSのXZ-2。コンデジからミラーレスに注力する、というオリンパスの最後の高級コンデジになる…かもしれない(XZ-10とかSTYLUS 1出してるしまだ大丈夫かな)。

そして、なぜXZ-2を買ったかというと、価格が2.5万円前後まで落ちてきたから。3万円を超えるとちと食指が動かないが、3万円を切るとムズムズするわけだ。本来ならもっとキャラクターの立っているTG-2(防水コンデジ)を買うという選択肢もあったのだが、オリンパスのGPS機種では一度痛い目を見ているし、スクーバで使うには結局ハウジングが必要。そしてなかなか3万円を切らない。絶対的な画質を考えればXZ-2の方が上であるし、ダイビング後にハウジングから出して、街中をお散歩する際にも、XZ-2の方が使い出がありそう。という思考でXZ-2になった。

続きを読む OLYMPUS XZ-2とダイビング

X20で撮った大藤夜景

自分が花を見に行く、なんてことをしたことはあまり記憶にない。観光のついでに椰子の木を見たり、モンキーポットを見たり、植物園に寄ったりなんてことをしたことはあるが、花を見に出かける、なんてことをした記憶はついぞない。

だが、色々なWebを見ているうちにあしかがフラワーパークというところにそれはそれは立派な藤の木がある、というのを知り、そして写真を見ているうちに行きたくなった。それが会社で仕事をさぼってネットサーフィン(死語でしょ)しているときに突然、なのである。たまたまクルマにはX20とEOS Kiss X6iを積んであるので、そのまま撮影に行ける。三脚は…ライトアップされてるし昨今の高感度が強いカメラなら手持ちでいいだろということでそのままGO。会社から100キロ程度しかないので、一時間ちょっともあれば到着する。本日の日没は18時半くらい。17時くらいに会社をこっそりと抜け出した。

というわけで一時間ちょっとドライブして着いたわけなんだが、連休も終わったばかりというのにそれなりに混雑している。17:30からは入場料が安くなるということもあり意外と人が多いのかもしれない。もっとも安くなっていると言っても1,300円は個人的には高いなぁ、と思う。これはこういったものに今までお金を突っ込んでこなかったから、そう感じるだけかもしれないが。なお、このフラワーパークは鼻、いや花の状態によって入場料が変わるようだ。ある意味良心的。

まー、詳細はフラワーパークのサイトを見てもらえばわかるので、説明は省く。

実際に撮影した写真は以下に。

普通に楽しく撮影できたので満足。一人で行く場所じゃない気もするが、気兼ねなく撮影に没頭できるのでヨシとする。なんせ思いつきで行くもんだから誰も誘えないw