CB50JXも来た

ある日つらつらとTwitterを見ていたら、古い原付ばかり扱っている方がいた。フォローしてしばらくしたある日のこと。

CB50を譲る、というツイートを見たのですぐさま興味ありまーす、と手を上げて見に行った。

状態はもちろんまだ手を入れなきゃいけないところもありつつ、エンジンや足回り、ブレーキ周りはしっかりしている。もう少し整備したら譲れる、ということでお願いして2週間ほどして、納車してもらった。納車時にタイヤを新品にしてくれており、一通り走るには問題ない状態。

このバイク、フレームナンバーで調べると73-74年に作られたCB50のうち、フロントが機械式ディスクブレーキを装備したJXというもの。最初のCB50がベンリィCB50だったので、2代目になる。

エンジンのレッドゾーンは11,000以上。普通に7,000回転くらいは回すエンジンになる。というか回さないと加速しない笑

昔のエンジンだけど、元気なのでよく回る。ただ、エアフィルタやキャブの調整をもう少し追い込まないとダメかな。後々いじくることにした。

 

譲ってもらうときに書類上80ccにしてもらったのでナンバープレートは黄色の原付二種になる。そのためクルマの免許では乗れないし、小型二輪の免許が必要になるわけだ。そのデメリットがある代わりに原付二種なので二段階右折もいらないし、60キロ制限になる。

90cc越えるとちょっと税金高くなるので、90cc未満。400円だけだが。昔制定したものだから区分が細かいんだろうな。

小型二輪だと左のミラーも必要になるのもちょっとしたデメリットか。昔の原付だと右のミラーだけでよかった。ただ安全考えたら左ミラーないと困るのでちょうどいい。

昔のバイクなのではあるが、操作方法は現在と変わらないし、普通に乗れる。遅いけどね。あとキックしかない、チョークがついてる、センタースタンドしかついてない、ということもあり若干慣れが必要かな。もっとも普段の足にするバイクでもないので、適当にいじってレストアっぽいことをしつつ楽しもうと思っている。

なお、50ccでCBが出たのはこの時代だけ。その後は出ていない。CBという血統の中で唯一50年前のこの時代にしか存在しえない希少なモデルなのだ。


自分が16歳になって原付免許を取ったときに、まだこのCB50は現役だった。CB50Sという形式だったかと思う。50ccで4ストというハンデを背負いつつも人気があったのを覚えている。

ただ、当時は2ストモデル全盛期。ホンダもMB50やMB5を追加していった。ただ、やっぱりヤマハのRZ50が人気あった気がする。ホンダもMBX-5で巻き返そうとしたところで規制が入ってだんだん原付ブームも消えていったような。

その後も原付はハイパワースクーターなどもあり余裕で80キロくらい出た気がする…。今となっては恐ろしい。DJ 1Rに乗っていたけど、ホントに早かった記憶が残ってる。スペック上は5馬力だったがパンチ力はそんなものじゃなかった。

当時乗っていたDJ 1R。今見てもかっこいい気がする。ヘルメットしまえないかわりにスリム。誰かにあげちゃったな。

説明書を買う。スペアキーも。

さて、自分の買ったアイアンには説明書がついていない。なので、説明書を買うことにした。なくてもそれほど困るものじゃないけど、一通りメンテに関する情報、タイヤの空気圧といったスペックは知っておきたい。雑誌や書籍でも得られる情報だが、説明書ならばメーカーの指示するものが乗っているので、原典に当たればいいわけだ。

さて、このアイアン、埼玉県にあるハーレーダビッドソン埼玉花園出身の子のようだ。ナンバープレートのフレームでわかった。

というわけで、電話してフレームナンバーなどを含め問い合わせて説明書を用意してもらう。だいたい一週間程度で取り寄せできるよう。金額も2,880円らしい。

一週間後に連絡が来て、説明書が届いたということなので取りに行った。近くのハーレーダビッドソンに頼めばよかったのかもしれないが里帰りするのもいいかな?と思って花園に注文したが、あいにくの雨。クルマで行ったのだった。100キロ越えるし結構遠いのでクルマでよかったかも。

ついでにスペアキー類も頼む。メインキーは二つセットでアメリカから取り寄せてくれることになる。タンクキャップのキーも頼んで、都合4つのキーをお願いした。さすがに今度は送ってもらう。

しかしキー高いな…。メインキーは必ず二つセットで9,807円。タンクキーは二つで4,810円(一個だけ頼んでもよい)。

なくして困るとこんな金額じゃすまないし、出先で困るので、この際だから頼んでおく。


キーといえば、自分が福岡に置いてあるハイエースのキーは基本的には持ち歩かない。クルマにキーボックスと一緒に保管してある。メインで持ち歩いているキーホルダーにも付いているのだが、万一忘れたときに福岡に着いてから「カギがない!」となったら詰んでしまうため現地にも念のため用意してある。クルマもスマートロックみたいになればいいのだが。


バイクという趣味はなんだかんだ金かかるわな。というか中古車買うときにちゃんと確認しよう、ってことなのだが。

なお、スペアキー届く前に無くしちゃうと困るので、一応街中の鍵屋さんでも作ってもらった。これもまたけっこうしたんだけどね。

国産車だと南海部品みたいなショップに行くとメーカー製のブランクキーおいてあって、すぐ作ってくれて利便性は良さそう。

XL883N アイアンが来た

納車日は若干曇った土曜日。蒸し暑い。バイク自体は世田谷のショップに運んでもらったのでそこまで行けばいいのだが、マスクをつけて久々に電車に長時間乗ることになる。ヘルメット重いな。ウェアもかさばるなー。

受け取りはあっさりとしたもので、サインして簡単な説明受けて終わり。ショップの前に引き回してもらいまたがる。試乗してないので、初めてのハーレー(笑)。クルマとかもいつも試乗しないで買うので、こういうファーストコンタクトが新鮮。なんせカギ挿す位置も新鮮(ハワイで一度乗ってるのに忘れている)。

※まだ発売前のクルマとか、試乗車がなかったりとかの場合に限るが。あればもちろん乗る。

エンジンをかけてクラッチを握り、1速に入れて少しだけふかしながらクラッチをミートするとするするっと加速していく。トルク感を感じながらスムーズに出発。ただ、コーナリングが若干怖いので、そのまましばらく直進するが、環八をずっと北上していると家に着かないので、途中で左折して家に帰るのだった。

ファーストインプレッションは…

うー。ライディングポジションが慣れない…。ニーグリップなんてできないし(右側だけエアクリーナーが出ていて不思議な感覚)、かかとでもグリップできない。ステップが外側に出過ぎてるような。足を下ろすときにぶつけるので転けそうになった。アブねぇ。

スピードあげるとヘルメットのシールド開けてると風で振られる。こんなに風って抵抗あったっけ?80キロくらいでもこんなだったかな。カウルないと長距離キツくないか、コレ?(ネイキッドがいいとか言ったクセに)。

空冷エンジンの熱気も足を焦がす勢い。真夏になったらジーンズがビショビショになりそう。空冷エンジンってこんなに熱かったっけ?というかアイドリング高過ぎなのか。1,000rpmもあるからかもしれない。

なんとか家にたどり着いてから、その後知り合いのいる場所に移動して見せびらかす。

空冷エンジン熱いね…。めっちゃ汗かくわ。

そして翌日、慣れないバイクで体が筋肉痛になるのだった。オレ、大丈夫かな…。この子と付き合って行けるんだろうか。

こうしてクセのあるヤツとの生活が始まる。

XL883N アイアンを買う

6月の下旬、関東近辺でXL883Nアイアンを探す。候補となるものが茨城県にあったので土日を使って見に行くことにした。雨降ってるから試乗は無理だなーと思いつつ。

2017年式で2400キロほどのまだそれほど走り込まれていないXL883N。タンデムシート・デタッチャブルシッシーバー・タンデムステップもついている。ETCもついていてハーレー純正のETCケースも付属。個人的に欲しかったオプションは全部ついていた。

好みから言うとブラックデニム(マットなブラック)がよかったのだが、このバイクはチャコールデニム。2016年と2017年にだけ採用されている色だ。もっとも通常のグレーよりももっと濃いグレーで気に入った。マットな質感もよい。光の角度によっては明るく見えるときもあるが、落ち着いた色合いでブラックと遜色ないと感じた。

装備品を含め、条件からも申し分ない。結論から言うと、ここで購入してしまった。トータルの金額は100万円を若干下回る程度。価格も他のものに比べてリーズナブルだった。

こうなったら悩んでいても仕方ない。人生は短いし。といつものように無駄遣いの言い訳をしてしまえばいい。

納車は6月最終の週末になんとか間に合いそうだという。発注して即座に全額振り込んで後は納車を待つだけ。それ以上細かいことは気にしない(笑)。

※後からスペアキーとか説明書、記録簿などがまったくないことが判明した。まぁいいんだけど。なんとかなるでしょ、うん。

バイク選び…その3

さて、ハーレーについてもう少し調べてみる。自分が目星をつけているのはスポーツスター系列。それより上のソフテイルなどはちょっとでかすぎる。置く場所がない。スポーツスターだってはみ出るくらいだ。もっとも価格もソフテイルだと予算からはみ出る(苦笑)。

ざっくりスポーツスター系列は日本では現行で以下の7種類があるよう。

このうち自分の琴線に触れたのは、XL883Nアイアン・XL1200Xフォーティエイト・XL1200CXロードスター…かな。他車種もダメというわけではないが、いわゆるハンドルのグリップが上の方になるエイプバーというのにあまりピンとこない。通常のバイクっぽい方が好き。

そして中古で探すとフォーティエイトとアイアンは潤沢にあるが、ロードスターはあまり見かけない。出て間もないのもあってタマ数が少ないようだ。XL883Nアイアンは人気なためかタマ数が多い。

というわけでXL883NアイアンとXL1200Xフォーティエイトで探すことにした。XL883Nアイアンは新車価格が約137万。XL1200Xフォーティエイトは新車価格が約152万と15万円ほどの差がある。

アイアンの方が新車の時の価格も低いからだろう、中古車もそれなりに安い。100万前後で3000キロ以下、3年以内のものがそれなりに見つかる。フォーティエイトも中古車はあるのだが、プラス20万くらいか。

適当に見つけたアイアンやフォーティエイトを近隣のハーレー正規代理店や中古バイク屋に見に行くことにした。

一番最初に行った柏にあるハーレー代理店に、アイアンの出物があったのだが、タッチの差で売約済みだった。試乗車上がりで状態もよかったんだけど。もっともまだこの時点ではアイアンに完全に決めたわけでもない。というかZ900RSはもう頭にないのか(笑)。

一番近くのハーレー代理店にはフォーティエイトの500キロ程度のものがあった。これも候補としておく。

そんなこんなでいろいろ見て自分で基準が決まってきた。基本これをベースにして考慮する。

  • 走行は5,000キロ以内
  • 三年落ち以内
  • できれば二人乗りで登録され、タンデムステップ・シートがついていること
    • これは上代ベースのオプション価格で10万程度変わるから。しばらく二人乗りできないとはいえ、ついているのといないのでは大きな差がある
  • できればETC付きがいい
    • これも改めて付けるとなると4万円程度かかりそう

もっとハーレーのことを知っているのなら違う基準になるのかもしれないが、この程度でよしとする。後は買ってから考えればいい。クルマほど買い換えるのにカロリー使わないから、気軽に買い換えられる(そんなことはない…)。

ただ、ここまで考えていてフォーティエイトには自分のスタイル的に少し欠点があることに思い至る。それはタンクが小さいこと。200キロ程度で給油を繰り返すのは少し長距離走るときに難儀する。自分の行動範囲は伊豆半島が多い。片道120キロから150キロあるので、無給油では往復できない。

XL883Nアイアンならタンクの大きさ、多少燃費がいいことを考慮するとこちらの方が良さそうな気がしてくる。

パワーがだいたい45PS前後と若干少ないことが気になるが、なに、400ccバイクだと思えばいい(笑)。

それとアイアンの特徴として2017年以降はマフラー含めて全体がブラックアウトされていること。精悍なイメージを強く感じる。

XL1200Nアイアンも同じ系列なんだけど、ハンドル位置がなあ…。それだけカスタムすればいいのかもしれないけど、タンクのカラーリング含めて今回は見送ることにした。

と、紆余曲折ありながらXL883Nアイアンに決めた。

バイク選び…その2

免許を取るきっかけになった二台のバイク。ハワイにあったハーレーとトライアンフ。特にトライアンフがめちゃくちゃかっこいいな、と思っていた。ハーレーももちろんかっこいい、と感じていたのだが、あのときはトライアンフに心が奪われていた。

もっともどちらもよく知らないバイク。なので少し調べてみた。

トライアンフの方は、BONNEVILLE BOBBER BLACKというもののようだ。BOBBERスタイルというのはフェンダーを短くカットしたこと、ヘアスタイルでいうボブから来ているらしい。軽量化してすっきりした見た目にする、ということかな。昔からカフェレーサースタイルというのがあるけど、それよりも荒削りでフェンダーをカットしたりとっぱらったり、軽量化するベクトルのようだ。

日本でのお値段は¥1,789,100…。高いがな。うーん買えません笑

かっこいいんだけどなあ。値段は若干かっこよくない…。

気を取り直して次。ハーレーの方だ。こちらはXL1200Xというもので、ハーレーのラインナップではスポーツスターというライトウエイトな部類で、フォーティエイトというニックネームがついているもののよう。ステップの位置が前にあって投げ出して乗るスタイルだけど、ハンドルは低くてチョッパーとは違う。

トライアンフとは異なるが、こちらもボバースタイル。調べてみると長距離を走るというよりは街中を走る都会向けのバイクのようだ。

ハーレーは馬力などを公開していないようだが、1200ccもあれば十分パワーはあるし、そこらへんは気にしない。トルクで乗るわけだし、昔に比べたらまったく飛ばさなくなった。

こちらは新車だと155万円ほどから。トライアンフよりは多少安い。あと、やはりトライアンフよりメジャーなためか走行距離の少ない新しめの中古車がよく出ている。価格がそんなに変わらないなら、新車でもいいのだけど、ハーレーの場合にはちょっと中古になるだけで一気に価格が下がっているようだ。

ただ、最初にガクンと下がると、その後は年式を重ねてもそれほど下がらないみたい。

Z900RSとハーレー、どっちにしようか悩むところだ。

ちなみに友人に相談したら、「よくそれだけ毛色の違うバイクを比べて悩むね?」と言われた。自分でもそう思うけど、両方かっこいいと思うんだから仕方ない。

そう、ここまできて基準が単にかっこいいというモードだけになってきている。

Who wants it? 物欲にまみれたIYHerたちへ