D945GCLFとそのケース

 atomつながりということで、このintelのatomつきマザーボード、D945GCLFを紹介しまする。

 このボード、CPUはすでに載っておりまして、8970円~1万円程度で売られていますね。最初出たときには7980円、なんて値段もあったのですが、最近では売れるためかアキバカルテルか(をい)、9000円前後のプライスタグがついてます。でもCPU付きであとはメモリ足せば動いちゃうマザーボードなわけで、それでも格安です。何を隠そう、このブログを運営しているサーバもこのマザーボードから作ったマシンで、今までのML115に比べるととてもコンパクトで静かないいコです。ただ、ネットワークチップがRealTek、通常蟹チップと呼ばれるものですが、WindowsXPでもVistaでもドライバを別途入れないといけないというレアチップ(笑)。おかげでLinux入れるときも苦労しますた。

 しかも、ケースを選ぶという悪い部分もありまして、チップセットのヒートシンク、俗に言う煙突と呼ばれているものですが、これがまた背が高い。私は無理矢理背の低いヒートシンクに交換してしまいましたが、ちょっと熱が怖いですな…。なんせ現物あわせとかしないでフィーリングでケース買っちゃったもんだから。ちなみに、うちのケースはこの写真のケースですが、中はとっても狭かった。見た目は気にいって買ったんですが、その狭さはかなりのもの。元々VIAのために作ったようなケースだから電源配置も高さもD945GCLFとはあいませんから仕方ない。

ツクモで売っていますが値段は10,800円と安いですけどね。しかし今から買うなら、 ツクモからはDiracのケースと組み合わせたベアボーンが出ていますので、マザーボードが手に入りにくい現在、これを買っちゃうほうが早いかもしれない。ケースの好みにもよりますけど。ただ、このケースの電源は不良品率が高いよう。最初にきちんとチェックして不良の場合にはすぐさま交換してもらうという体制でいましょ(笑)。

あとは今フェイスが出そうとしているケース。フェイスパネルが、ミラー仕上げになっているところがやや好き嫌い分かれるかもしれないけど、よさげじゃない?と個人的には思います。値段も安い。小さい方の電源が60Wなのがちょっとギリギリかな、と思わせるのと、8月中旬まで待たないといけないところが、すぐ購入したい方にはもどかしいかも。Faithのサイトでも告知していますが、この納期はちょっとがっくり。しかし、今後Mini-ITXブームが来そうなほど、このD945GCLFはエポックメイキングな登場だったな、と思うのです。

EeePC901

 ちまたで話題のASUSから出たEeePC901。intelの省電力CPU atomを搭載して、モバイルノートブックとしては格安の59800円程度で売られています。CPUがatomなので以前のEeePCよりはパワフル。しかし、いかんせんCoreDuoなどに比べると非力でしょう。もちろんネットしたりメールするくらいでしたら、全然問題ないスペックです。画面も8インチで1024X600と大きくなったので、普通の作業もできそう。

 私としてはPanasonicのCF-Y5があるので見送っちゃいますが、サブノートが欲しい人にはちょうどいいかもしれませんね。あと、ツクモとかソフマップではe-mobileセットが1.5万円で売られています。すでにe-mobileに加入している自分には買えないセットだ…。ちょっと悔しい(なんだ欲しいんじゃん)。

 amazonでも売ってるEeePC901598だとやっぱりちょっと高いかなぁ。ツクモにはe-mobileナシもあるみたい。ただ、これも598だぬ。

デイトレ専用PCを作ってみる その5 - 組立・OSインストール

 だいぶ間が空いてしまいました。パーツも集まったところで、それらパーツを全部組み付けていきます。

 まずはメモリを組み付けします。写真を見てわかるように、メモリスロットは4本あります。今回は元からついていた512MBのメモリは外して、1GB×2の構成にしました。もちろん元からあるメモリを挿したままで2.5GBにしても問題ありません。ML115は3GB以上のメモリを挿すとビデオカードとメモリのエリアがバッティングする、という問題がありますのでメモリを大量に積みたい人は注意してください。WindowsXPならば2GBもあればトレードには十分です。

続きを読む デイトレ専用PCを作ってみる その5 - 組立・OSインストール

デイトレ専用PCを作ってみる その4 - Windowsを購入

 おっと忘れていました。組み付ける前にWindowsのOSも用意しておきましょう。問題はWindowsの種類をどうするか、ということが重要なテーマになります。

 最新のWindowsはすでにリリースされてから、1年が経過したVistaです。そして未だに多くのユーザが使っているXPがあります。結論から先に言うと、XPを選ぶことが現状はよいと考えます。理由は以下の通りです。

続きを読む デイトレ専用PCを作ってみる その4 - Windowsを購入

デイトレ専用PCを作ってみる その3 - パーツを購入(その他)

 悩みどころなのが、CD-ROMドライブです。

DVDドライブ

 ML115に元からついているのは、すっぴんのCD-ROMドライブ。CD-ROMの読み出しだけで、書き込みもできませんし、DVDも読めません。本当にデイトレPCに特化してしまえば、OSのインストールや多少のアプリケーションのインストールができればいいので、このままでかまいません。トレードしている間にあまりDVD見たりはしないでしょうしね。 たまに、ポジションが逆に行かれているときに、現実逃避しようとして見たりすることはあるかもしれませんが(苦笑)。 続きを読む デイトレ専用PCを作ってみる その3 - パーツを購入(その他)

デイトレ専用PCを作ってみる その2 - パーツを購入(ビデオカード)

 さてさて、NTT-Xで注文していたML115が届きました。15,750円とは思えない立派な箱に入ってます(笑)。MADE IN TOKYOとステッカーも貼られています。昭島にあるHPの工場で作っているそうです。国内産ってことを詠っているわけですね。昨今の中国製とはちょっと違うぞ、という現れでしょうか。まぁ、かじったりはしませんが。

ML115

 MicroATXという規格で作られているため、意外に小さく感じます。もちろん、素のママでも動作しますが、さすがにこれだけで運用するとちょっとキツいです。生まれがサーバ機として作られているため、サーバとして必要最低限しかないためです。

 そこで以下のパーツをそろえました。

続きを読む デイトレ専用PCを作ってみる その2 - パーツを購入(ビデオカード)

Who wants it? 物欲にまみれたIYHerたちへ