「旅行」カテゴリーアーカイブ

石垣島に行ってきた

石垣島にちょこっとダイビングに行ってきたのですが、特にそれについては触れませんw今回触れるのは新石垣空港。昨年暮れにも石垣島に行ってきたのですが、そのときはもちろん古い空港。ノスタルジーあふれる、田舎の空港だった。急ブレーキで止まり、飛行機から歩いてターミナルまで行ったり、1分も乗らないバスで移動したりする空港。

それがこんなにきれいになっちまいやがって。

ノスタルジーとは決別してしまった新空港ですが空港自体は便利になったのはとってもよいと思います。たくさん飛行機これるだろうし、直行で帰れれば便利。宮古経由とか那覇経由だと面倒だったりしたからね。国内で作られる最後の空港、と言われているらしいですが(小笠原はムリなのか)新しい空港らしくすてきな空港になっていました。ボーディングブリッジがガラス張りなのも、飛行機降りた瞬間から南国を感じられてよい!はず。天気悪かったのであまりそう思わなかった。

だが。

市内からのアクセスの悪化度合いはいただけない。今までが近すぎた、と言えばそうなのだけどやはり10分→30分になったのはかなり不便です。バス乗り場も遠くなったし(自家用車の方が近いってのは解せないなあ)、ホテルなどの送迎つきでないとかなりのコスト負担にもなります。時間に余裕がないと不安になるし。もっとも大分空港などに比べればまだマシかなと思ったり。あそこもアクセスの悪さはかなりのものだった記憶が(もうホーバークラフトなくなったしね…)。

しかも今回は石垣島トライアスロンのおかげで市内の交通規制があるので、帰りは早めに空港へ出発したのですが、あまり影響はなかったので2時間も前に着いちゃったな。市内から空港へ行く道は、おそらく空港以外に行く車両はそれほど通らない道でもあるのでそれほど影響を受けなかったようです。おかげで国内線で2時間前に空港到着。前の空港だと買い物もできないのでかなり悩んだだろうけど、新空港はカフェだのフードコートもありますし、お土産物を見ているだけでも時間つぶしできるのでそれは助かりました。

もっと直行便増えてくれるといいなー、と思いますがなかなかすぐにはお客さんも増えるわけではないだろうし、今後に期待します。

今度は16本同時充電@上海問屋

うーむ、12本バージョンを注文してしまったのですが、さらにスゴいものが。

前回の12本のものより先に入手できるので、急ぎの人はこちらの方がいいかも。さらに4本セットごとに放電できそう。海外でも売られているようなのでACアダプタなどの付属品スペックをちょっと調べてみると、100-240VのACアダプタなので海外でも使えそう(いまさら国内専用のACアダプタを使う方がコスト高ですわな)。というわけで、こちらを注文して、12本バージョンをキャンセルすることにしました(してくれるかはわかりませぬがw)。

--

追記 届いてから実際に使ってみたのですが、ACアダプターの出力が2.1Aってこともあり、16本全部を充電するには少し時間がかかります。夕方セットして朝には終わっているとは思うのですが、昨今の急速充電器に慣れていると「うわ、おっそ!」と思うかもしれません。なので、時間的にタイトなときには使わないほうが良さ気…。

結局BF-01Bを買う→さようならPWR-100F

PWR-100Fを返送するための袋が送られてきました。念のため電話して「返却しないとおいくら万円かしら?」と聞いてみたところ、わからないようですw

かなり待たされた上にその答えなので脱力。もっとも返却しないことを想定して最初から金払うわ!とか客がいるなんていう想定問答集はないんだろうな。結局返却しないとならないわけで、こいつの便利さになれきった自分はやっぱり彼ナシでは過ごせないのだった…。有線だろうが無線だろうが3Gだろうがなんでも来いなモバイルルータって意外とない。GL02Pが有線でも無線でも扱えればよかったのにー。のにのに。

というわけでドコモ扱いのBF-01Bをオークションで買うことに。だいたい9,000円くらいでやりとりされている模様。新品だと1万円を超える程度です。なんつーか、三年借りてもこの価格、とかって思うと三年後もっといいのが出てるかもしれないから、解約しなきゃよかったんじゃないか?とか、もしかして二年後にタダで払い下げになったかも、とか余計なことも考える。ま、すでに落札したのでもうどうしようもないんだけどね。というわけで、ご対面w

新旧そろい踏み…

入手したこのBF-01BはこのままだとドコモのSIM限定なので、AT&TのSIMを扱えない。そのため自ずとSIMフリー化することになるわけです。そこで色々調べた…いやちょっと調べたらすぐ答えがあったのです。こちらを参考にしてSIMフリー化が無事終わりました。早っw完全にPWR-100Fになるわけじゃーないのね、とSIMフリーにしてからわかったり。まぁ、そうそうファームウェアが今後アップデートされることもないだろうから、もう面倒なことはしなくてもよさそう。

さて、これで海外ではBF-01B改、そして国内ではGL02Pを使う、ということになるわけです。てか、国内でもホテルとかで有線・無線LANあるところだとBF-01B改を使いそうな予感…。

12本同時充電器@上海問屋

前から欲しかった充電器が入荷するようでさっそく注文しました。上海問屋扱いです。海外サイトでも見つけたのですが、これだけ通販してもうまみがないので待っておりました。米amazonでも売っていましたが、日本より高いしね。上海問屋では5月下旬の入荷になるようです。

見てわかるように、いっぺんに12本充電できます。いっぺんにそんなに使う機会があるのか?と思うのですが、ダイビングで使うストロボが2灯ありますので、それを考えると、それだけで8本もあるので他に使うものがあると12本くらいはセッティングできた方が便利。ホテルなりに戻ったあと、全部一気に充電セットしてでかけられたりしますので。

放電機能もついているのですが、個々では判別してくれずすべての電池が放電終わるまでは充電開始にならないようです。せっかく一本一本のコンディションを見られるようになってはいるのですが、そこまでは期待しちゃだめみたい。もっとも値段も非常に安価ですから仕方ない。ACアダプターは100V-240Vのようですので国内でも海外でも問題なさげ。

GL02PとAT&TのSIM

暇なのでAT&TのSIMをGL02Pにぶちこんで検証してみました。まず、このルータが3GのSIMでも認証するのかが問題です。

いままでPWR-100Fで使いまくってきたSIM

このSIMは5Gバイトまで定額で使えるSIMです。プリペイドタイプのSIMではありません。アメリカに住所ないと買えないかもだ。んで、こいつをGL02Pに入れて、GL02Pの接続設定でAT&T用の設定を以下のように作ってあげます。

  1. ユーザ名:WAP@CINGULARGPRS.COM
  2. パスワード:CINGULAR1
  3. APN:isp.cingular

てな感じです。このプロファイルに変更してみると今まで「No Service」だったのが…

ををを、ローミングでSoftBankにつながった!

ちゃんと3Gモードになって、SoftBankにつながりました。へー、AT&TはSoftBankなのかー、なんて思って見ていると

げげ!かなりのデータの転送しちょる!

やばい、ローミング代金がバカにならん!というわけで、バッテリーをぶち抜き、実験は終了しましたw

この無駄な金を若干使った実験により、GL02Pは3GのSIMもなんなく使えてSIMロックもかかってないということになりますね。めでたしめでたし。これで海外でも(3Gだけど)、無事使えることがわかりました。PWR-100Fがなくても海外で問題なく過ごせそうで、ちょっとうれしいかも。

GL02Pが今はタダ→イー・モバイルオンラインストアで購入できます。

Pocket WiFi LTE GL02P

また間隔が異常に開いてしまった…。ネタはあるのですがどうも書く気が起きなかったというか。

さて、イーモバイルユーザとして二年の刑期明け…いや、二年縛りがちょうど3月でおしまい、ということもありイーモバイルを切り替えました。LTEにしてみたかった、ということでGL02Pをば。3/27に出たばかりのを3/30にゲットしました。今まで毎月5千円以上払っておりましたのが3,880円になるので契約をそのままにしておくよりオトクということもあり。しかし、従来は二年の刑期明け以降はいつでも解約できるのに対して、新しいプラン「LTEフラット 2ねん+1600」は解約する月を超えてしまうと、違約金が発生するという嫌なプラン。昨今携帯電話でもこういうプランありますけど、継続しているユーザに対してこういう仕打ちはないだろう、と思ってしまいます。

GL02PとPWR-100F。GL02Pはかわいいw

ま、とにかく今までは3Gだったのが、これでLTE+4Gになるわけで二年の間の進歩とはすごいものです。実際に使ってみると、75Mbpsってうそじゃん!とカタログスペックを期待するバカではないので、そんなに出ないのは承知の上ですが、コンスタントに速いので、これはこれでよかろうと。実質5Mbps出れば、ずいぶん速いと感じます。色々なところで試してみないとなんとも言えませんが、現時点で都内や自分の立ち寄る先では問題レベルで使えています。

そして新しいモノが来れば従来のはどうなるか?買い取りしたものなら、そのまま利用すればいいのですが今まで使っていたPWR-100FはNTT東日本からの借り物。レンタル物件なわけで返却しないと毎月315円かかります。PWR-100シリーズの特徴でもある、有線LAN・無線LAN問わずWANとして使える機能は非常に便利な機能なので今後も使いたいのですが、毎月315円とのトレードオフを考えると、それほど頻繁に使うわけでもないしなぁ、と考えて解約することにしました。有線LANならメディアコンバータを用意して、無線LANならそれぞれの機器に設定してあげればいいわけです。もっともそれを考慮しなくてよく、今までの設定のママでできるのがPWR-100Fのよかったところですが。

続きを読む Pocket WiFi LTE GL02P