OLYMPUS XZ-2とダイビング

今年最後の記事が焼き芋ではマズい、というわけで急遽記事を追加。焼き芋でもかまわないかもしれないんだけど、食べ物で終わるのはなぜかイヤなのだ。

高級コンデジというジャンルが確立してから、かなり時間が経過しているように思えるけれど、実際は当初のGRシリーズやキヤノンのGシリーズなど最近までは孤高の存在に近かったように思う。その後オリンパスならXZ-1やフジのX100とかが出てきたのは2011年。ついこの間なのだ。いわゆる一般のコンデジの価格下落が激しいために各社とも今年に入ってから、こういった高級路線にシフトしているようになった。静観していたカシオですら参入してきたように、今後これらのコンデジがメインストリームになるのだろう。コンデジがスマートフォンにその場を奪われ、1万円を切る価格が常態化しているし、それら1万円アンダーの機種はなんらおもしろみのない機種なわけで、出かけるときにコンデジ忘れたから買っちゃえばいいか?なんて思うレベル。5千円を切ると完全にオモチャだが、8千円から1万円の機種はおもしろみはなくとも、それなりの写真が撮れるという意味ではうっかりものさんのために、成田空港にあってもいいような気がするw

なんつって。別段ウォッチャーじゃないんですが、とりあえず思いついたことをメモしておいた。後で恥ずかしくなって消すかもしれんが。そして自分がチョイスしたのがOLYMPUSのXZ-2。コンデジからミラーレスに注力する、というオリンパスの最後の高級コンデジになる…かもしれない(XZ-10とかSTYLUS 1出してるしまだ大丈夫かな)。

IMG_9834そして、なぜXZ-2を買ったかというと、価格が2.5万円前後まで落ちてきたから。3万円を超えるとちと食指が動かないが、3万円を切るとムズムズするわけだ。本来ならもっとキャラクターの立っているTG-2(防水コンデジ)を買うという選択肢もあったのだが、オリンパスのGPS機種では一度痛い目を見ているし、スクーバで使うには結局ハウジングが必要。そしてなかなか3万円を切らない。絶対的な画質を考えればXZ-2の方が上であるし、ダイビング後にハウジングから出して、街中をお散歩する際にも、XZ-2の方が使い出がありそう。という思考でXZ-2になった。

※実際にダイビング後にこういったカメラを使うときにはレンズキャップやら、カメラストラップを再度装着しなきゃいけない。そのため別のカメラを持っていった方が面倒がなかったりする。荷物を極限まで減らすときにはXZ-2だけになるが、通常はフジのX-20を持っていくようになるかな。

ダイビング用にE-PL5もEOS Kiss X6もあるのだけど、気軽に潜りたいときには結構ジャマになる。特に海が少し荒れているとき、ビギナーを連れて潜るときなどはカメラに気を配れないことがあり、そのときにでっかいと海に捨てたくなる。捨てないけど。そこでこういった手頃なレベルのカメラが欲しかった。

IMG_9838実際に撮影してみると、それほど特色はないけれどPENシリーズにつながるインターフェイスだし、使い勝手は慣れているカメラのそれ。なので戸惑わず使えるのがよかった。多少マクロモードだったり、ズームはミラーレスとは違うが根本的には一緒。並行して使うにもラクチン。海の中でも専用のストロボを使わなくても、拡散板がハウジングに付いているので、意外にカンタンにキレイに撮影できた。ダイビングを始めてからまもないときには、これで十分かと思う。

というわけで、結局ダイビング専用になりそーな予感。でもほんとにキレイにカンタンに撮れるよいカメラ。オリンパスの常でオレンジが赤っぽかったり、嘘くさいブルーになるけれど、そこらへんはホワイトバランスを考えて後でいじくればいいや、というものぐさな自分にぴったりなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です