Return to HAWAII 2021-3

あまりにも急に来たのでハワイで知ったのだが、戻る前にハワイでPCR検査を受けなければならないらしい。なにそれ。めんどう。

現地の病院で検査を受けて陰性じゃないと飛行機も乗せてくれないし、日本にも入れない(3/19以降)ようだ。そのため、現地の病院で検査を受ける。予約しておけば1時間も掛からず検査結果含め出してもらえる。ただ、コストは$300超える…。

現地の病院。ドクターズ・オブ・ワイキキ

というわけで、いまハワイに観光にいっちゃうとよけいなコストを7万円くらい覚悟してね、ってことになる。こりゃ遊びじゃ行けないよね。

続きを読む Return to HAWAII 2021-3

Return to HAWAII 2021-2

ハワイに着いてからは通常の入国審査→税関のあと、PCR検査結果をQRコードと検査した原本を提示してやっと入国となる。手順がひとつ増えているが、それでも入国者が普段より圧倒的に少ないため時間はかからない。

ちなみに現地にいる同僚は何度もハワイに行っているために入国審査で別室連れて行かれる常連になっている笑。自分も段ボールでPCを持ち込んだため、税関で軽くヒヤリングされたが別室は避けられた。段ボール持ってると必ず聞かれる。このとき中身とこれからの予定が一致しないと別室行きになるかもしれない。要は矛盾した発言と持ち物が一致しないことが彼らの琴線に触れる。

荷物なしで2週間居ます、短期間に何度も出入りしている(しかも在留期間が3か月ギリギリいつもいるとか)、それに付随して女性ひとり、などかな。

続きを読む Return to HAWAII 2021-2

Return to HAWAII 2021

新型コロナ禍はまだ収まっていないが、仕事で急遽ハワイへ行くことに。最近Google PhotoとかAmazon Photoで何年前のオマエ、みたいに写真をリコメンドされるのだが、10年のうち半分くらいは2月末から3月にかけてハワイにいたようだ。これは社員旅行についていったということもあるのだけど。

2021年3月現在の情報ではあるが、ハワイに行くためには指定の病院で出発前72時間以内にPCR検査を受け陰性であれば、入国してからの10日間の自主隔離は免除される。日本の自主隔離と違ってハワイの自主隔離はかなり厳しい。ホテルに泊まるなら一度しか使えないカードキーとか。

今回は五反田にある病院で事前にPCR検査をした。なお保険など効かないのですべて自腹。3万円以上するので観光で行くのはちょっとなぁ、と思う値段だ。

そして航空券も急に取ったものだから、往復で20万超え。高い。仕事じゃなきゃ行けない。JALで取ったのだがコードシェアで成田からのハワイアン。便数も少ないので毎日飛んでいるわけではない。ANAにすればよかったのだけど、スケジュールが合わず今回はJAL(HAWAIIAN)。

続きを読む Return to HAWAII 2021

セローの初給油。燃費悪いかな?

本日もお日柄いいのでセローしますが、気温は低い。午前中に出かけるはずが、寒いのでグズグズしてて午後になるという。

さて、首都高速を通って横浜市金沢区にあるNAPSまで行って見ようと思って出かけた。本当は横須賀あたりまで行こうと思ったが途中で萎えたのは内緒だ。

首都高速で幸浦で降りる前、本牧あたりで給油ランプが点灯した。おお、やっと点灯した、と感動。幸浦で降りたあとさっそく給油したのである。

給油までに走った距離は260キロ。

給油量は7.6リットル。

続きを読む セローの初給油。燃費悪いかな?

セローにUSB電源を設置する-2

さて、電源は確保できたので後はUSBの出力ができるキットをつけるだけ。

写真撮る前に箱から出しちゃったので、こんなイメージである。

幅がコンパクトで、二つもアウトプットある。BW'Sに違うの付けてたら長崎のバイク屋に自慢されて悔しかったので買ったのだ。一個口も二個口も値段はそんなに変わらない。というか二個口の方が需要あるのかたまに安かったりした。

3,700円くらいだったかな?いつものようにAmazonで買ったのである。

取り付け場所をどこにするかな?と考えたが、候補は二カ所。
セローのハンドルおよびアドベンチャースクリーンのどちらか。あまり前の方にあってもケーブル長が心配。延長用のハーネスはあるが、キーボックスとかメーターの下を潜り、ケーブルを這わすメリットがあんまりない。視界もすっきりしないし。

そのためハンドルステムの右サイドに付けてみることにした。使いにくかったらまた移動すればよし。

取り付けた後なので写真は前後するが、ここにした。ハンドルが黒いと目立たないかもしれない。シルバーモデルあるといいのだが。

一応ハンドルに固定する前に機材がちゃんと動作するかをバラックの状態でチェックする。USBの出力チェッカーを持っていたので、先ほどの電源分岐ハーネスに仮接続してからチェック。

ちゃんと5V出ているのでOKである。

なお、このUSB電源は4.8AまでOKだ。電源コードに3Aって書いてあるので「を?だいじょうぶ?」なんて思うかも知れないが問題ない。12Vで3AがDC-DCコンバーターに入る電圧と電流。そこから変換されてロスをゼロと仮定すると電圧5Vなら7.2Aまでヒューズは飛ばない計算になるので問題なす。実際はゼロではないので5~5.5A程度だろうなとは思う。

次にケーブリングだが、これは右側の工具を仕舞ってあるサイドカバーとタンク下にあるカバーも含めいったん外す。タンク下のカバーは完全に外さず一カ所緩めるだけで、USB電源のDC-DCコンバーターが通過できるようにしてあげればよいだけ。

続きを読む セローにUSB電源を設置する-2

セローにUSB電源を設置する-1

本日はお日柄もいいので、セローにDaytonaのUSB電源 2個口を設置するのだ。ファットボブはUSB電源最初からついているのでそのままである。すごく使いにくい位置にあるけれど。883Nはついてないがいつか付けようと思いつつタイミングが。

セローはやはり色々なパーツが多く、まずはこちらのナンバー灯のケーブルから取れるアクセサリー電源分岐キット。

しょぼい、と思っちゃうようなパーツだが、コネクタとか探すの面倒だし、これそんなに高くはない。Amazonで1,000円ちょっとで買える。マニュアルもしっかりしているので、それを読めば誰にでもできるレベル。

付けるにはまずはリアフェンダー下にあるボルト2本を取り、シートを外す。こんな感じね。

取れたら右側のカバー類を外す。マニュアルにちゃんとカバーがどうやって留めているのか書いてあるので、安心して外せるぞ。

六角のキャップボルトで一カ所留まっているので、それを緩めればひっぺがせる。これ方言かな。

続きを読む セローにUSB電源を設置する-1

Who wants it? 物欲にまみれたIYHerたちへ