「DSC-H3」タグアーカイブ

デジカメオンラインでDSC-H10がオトク&TAMRONの18-270mmも!

DSC-H3を毎日持ち歩いているくらいお気に入りのワタクシですが、その正統な後継機である、SONY CyberShot DSC-H10がデジカメオンラインで21,800円というオトクな価格で出ています。しかもケース付き!このサイズのカメラが入るケースってなかなかないんですよ。

正直、DSC-H3から買い換えたい。DSC-H3と同じコンパクトかつ高級なボディで3型23万ドットモニターに変更、ボディの形状を使いやすくする、など地道にアップデートされてブラッシュアップされたH10。今となっては広角が38mm相当から、とそれなりのものですが、別段実用でそれほど困ることはありません。望遠側が380mm相当と10倍ズームならではの迫力ある写真が撮れます。画素数は無理をせず810万画素にとどめているのがよい!しかも色のよいCCDですし、今のコンデジの1200万画素などよりもいい写真が撮れるのです。

今風のコンデジに必要な顔検出などもついていますし、基本機能のDレンジオプティマイザーなどα直系の画像処理エンジンも搭載しているので、基本性能はホントにしっかりしたカメラです。カメラ内レタッチとか音フォト(音楽付きスライドショー)などのギミックも満載w荷物多いから一眼レフ持って行きたくないなぁ、なんていう旅行のときにはぴったりのサイズです。ほんとに毎日持ち歩いても苦労しないサイズなのです。

というわけで、高級感溢れるコンデジを2万ちょいで手に入れられるのはチャンスかも。

いや、α200の19,800円の方がいいじゃんって言われたらそれまでなんだけどw。あっちは10倍レンズないし、こっちもメリットあると思います。

次にこれ。TAMRON AF18-270mm F3.5-6.3 DiII VC LD Aspherical IF (MACRO B003) (キヤノン用) 48,800円で販売されてます。これ、個人的に欲しいレンズなんですよねぇ…。どうしようかなぁ。

VCを試すともう笑っちゃうくらいブレが収まるので、飛行機撮影にピッタリ…。50D用に用意したい今日この頃ということで夏ボーナス一括で買っちゃいました。イヤッッホォォォオオォオウ!

ズブズブ

    巛 ヽ
    〒 !
――――――――――――

DSC-H3でさくら

しつこく桜を撮ってみました。今度は以前購入した海外仕様(笑)のDSC-H3です。

いや、なんというかコンデジでもキレイに撮れるもんだな、と感心しました。当たり前と言えばそれまでですが、普通に明るいところで撮影するなら十分見られるクオリティですね。多少レンズの収差が目立つかなぁ、と思いますがL判なら気にしなくていいレベルです。CCDのおかげか色乗りもたっぷり。青空はほんとにブルーに写ります。

多少困ったのが絞りがF4の次がF11とかにぶっ飛んでしまうこと。マニュアル露出できるカメラですがこれだと使いづらいなあ。もっともプログラムオートでほとんどの露出が決まるのでそれほど落胆することもないのですが。

お花見の季節らしく平日の昼間だってのにたくさん花見しちゃってました。撮影した日は寒かったのに、よくやるなあ。今日は暖かいので、なおさらたくさんいます。暖かいおかげか空はガスっちゃってるけど。日本は平和だ。ミサイル飛んでくる危機感はないなーw

オキナワノミカタ トウキョウカラキマシタ

タイトル考えづらい、単なる日記です。JALのマイレージが期限切れになりそうだったので、沖縄でも行くかってことで沖縄にきました。今はホテルの部屋から書き込んでいます。

羽田で写真撮ってばかりいましたけど、今日は羽田のロビーからです。写真の大きさがまちまちなのは許してくだちゃい。

これに乗ったわけではありません。じゃあ撮るなよw

乗った飛行機は777-300でした。修学旅行の高校生と一緒の便だったので、後の方が楽しそうだった(うぎゃーって離陸のときみんなで騒いでいました)。いいな、今の高校生は。

乗ったのはコレです。小さい気がした。

羽田は天気悪かったけど、東京湾出口あたりでは天気もそれなりになって、三浦半島がよく見えました。んで、富士山も雲の上から顔を出す、と。富士山見ると日本人だな、自分は、と思いますね。機内と乗った飛行機の写真はSONY DSC-H3で撮影しました。

富士山富士山

んで、沖縄についてレンタカーを借り、瀬長島という那覇空港のすぐ南にある島へいく、と。休みの日はなんだかんだ島にいる今日この頃。

瀬長島は飛行機撮影のメッカなんですね。デカいレンズ抱えた方がたくさんいらっしゃる。そしてみんなで撮影する、と。いつもこんなにいるのかな?明日航空祭があるから?実は自分も那覇航空祭を見ようってことで季節外れの沖縄に来たんですが、そのためにみんないるのかなー、なんて思いました。すぐ頭上を飛行機が飛んでいくのはなかなかに楽しい。羽田近辺よりも距離が短いしね。

しかし、だんだん天気が悪くなってきたので撤収しました。明日は雨らしい。初めての航空祭なのに悲しいなぁ。その後ホテルに戻ってこれを書いているのですが、以前購入した上海問屋のカードリーダーがコンパクトフラッシュを認識しない。会社に置いてあるのは認識したのに、家にあったやつは壊れているようです。マジかよ!と思って思案していたら、そうだ、EPSONのP-5000というフォトストレージをつなげばいいんだ、ということに思い当たりまして、それをつなげてコンパクトフラッシュ→P-5000→パソコン、というカタチでデータ移動して写真を見ることができました。

今はP-7000っていう後継機種が出ていますので、それは160GBもあるし(P-5000は80GB)今から買うならそっちがいいかと思います。フォトストレージって旅先でかなり使えるアイテムだな、ということがよくわかったずら。友達と一緒のときなんかは撮った写真をすぐスライドショウにして見せたりできるしね。音楽をあらかじめ入れておいて撮った写真みながら部屋でまったり、なんてのにも使えます。ダレと使うんだ、ヒャッホウwwww

さて、沖縄の夜をEOS 5D MarkIIで撮影しにいってみましょーか。

今さらSONY DSC-H3

そういえば書くのを忘れていました。デジカメ買ったんだった。しかもこないだCASIOの買ったのに、ソニーのを別に買ってしまったのでした。CASIOのは箱も開けてないのに(苦笑)。 ビックカメラで大安売りをしていた(ワケあり品)ので、つい衝動買いしてしまったのですが、それはこれです。 amazonだとまだ高いですね。

他の写真サイズ: M | L

SONY デジタルカメラ サイバーショット H3 ブラック DSC-H3-B 価格: ¥ 31,700 円

ワタクシがビックカメラで買ったのは16,800円と2万円をはるかに切る値段でした。この価格なら買ってもイイなんて思って買ったのですが、大失敗したのでした。

安かった理由は海外仕様だったから。海外仕様でも日本語のマニュアルなんてなくてもソニーのサイトから落とせばいいし大丈夫なんて思って買ったのでした。

届いて早速起動してみました。中々質感もいいし、いい買い物だった…と葉巻をくゆらしはしませんが、いそいそと設定をしました。最初にLanguageのところでJapaneseを選ぼうとしたら…。

ない。

日本語がない。( ゚д゚)ポカーン

え?え?なんで?前に使っていたPENTAXのデジカメには日本語も英語もあったよ?これは繁体も簡体の双方のチャイニーズはあるぜ?どうして日本語ないの?タイ語もアラビア語もあるのに?なんで?日本語ないじゃん。オレ死ぬの?

( д) ゚ ゚ ポーン

というわけで英語で使うことを強要されたのでした。ソニー、やるな、オマエ…。

ソニーの海外仕様のカメラには日本語がありません。日本語がありません。大切なことなので二度言いました。

まぁ、それでもそれなりにいいカメラです。光学ズームで10倍ありますし、光学式手ぶれ補正もあります。さすがに10倍ズームすると苦しくなってきますが、液晶モニターの画像がシャッターを半押しすると、安定します。それにソニーお得意のDレンジオプティマイザーもついているのでコントラストの強い被写体でも白飛びや黒つぶれしにくい。メモリーだけはいい加減にMS Duoやめてよ、とは心の中で思いますが、microSDをアダプターつけて使えばバカ高いMS Duoを買わなくてもいいし。広角側の焦点距離がもう少し短いといいのになー、なんて思いますけど贅沢言っちゃいけません。お散歩や小旅行に持っていくにはいいカメラですわー。

それと、顔認識がついているので、こんな写真のときもちゃんと認識してくれました。顔認識機能が付いているカメラが初めてだったので、ちょっとおかしかった。大仏さまもちゃんと人間の顔ベースなんですね、やっぱり。もう1年前のカメラですが、十分使えます。こんなカメラが2万円以下で買えるなんて、イイ時代だなー。