大室山の山焼き・桜・VEZEL

タイトルは特に三題噺とかではない。思いついたキーワードを連ねただけなのだ。3月8日9日の週末にVEZELで初の遠乗り。いつもの伊豆まで行くのである。真夜中に出発して第三京浜・横浜新道・新湘南バイパス・西湘バイパス・真鶴道路・熱海ビーチライン経由で伊東まで。東名高速や小田原厚木道路を使うほどブルジョアではないのだw夜中ならそれほど時間も変わらない。

とうとう100キロになったw二桁から三桁へ。
とうとう100キロになったw二桁から三桁へ。

ダイビングをしに来たわけなのだが、今回は伊豆を代表する山である大室山の山焼きも見ることに。2月の大雪は伊豆でもすごくて、山焼きも本来なら2月に行われるものが3月9日までずれこんだ。

この山焼き、正午に火が放たれて山肌に生えている枯れススキを焼き尽くす。なんて初めてみるのでどんなもんかはわからず12時をワクテカしながら待っていた。

枯れススキに覆われた大室山。
枯れススキに覆われた大室山。

煙があがってきた。
煙があがってきた。
向こう側から火が付くのでまだ見えないためヒマ。VEZELを撮影してひまつぶしw
向こう側から火が付くのでまだ見えないためヒマ。VEZELを撮影してひまつぶしw
おお、だんだん煙が近づいてきた。
おお、だんだん煙が近づいてきた。
かなり立ち上ってきて上空には雲ができはじめる
かなり立ち上ってきて上空には雲ができはじめる
火が見えた。ぱちぱちと音もかすかにする。
火が見えた。ぱちぱちと音もかすかにする。
炎が踊るように山肌を這ってくる。
炎が踊るように山肌を這ってくる。
手前側にも火がついたようだ
手前側にも火がついたようだ
ゴーゴーパチパチと音がスゴイ。ここら辺は本当に静かな場所なのでなおさら響く。
ゴーゴーパチパチと音がスゴイ。ここら辺は本当に静かな場所なのでなおさら響く。
炎の輻射熱が顔に当たってくる。熱くはないがあったかい。
炎の輻射熱が顔に当たってくる。熱くはないがあったかい。
匂いもしてくる。どんどん炎が登っていき、そして手前はくすぶるだけになる。
匂いもしてくる。どんどん炎が登っていき、そして手前はくすぶるだけになる。
こんがりんこw
こんがりんこw

さて、この大室山の山焼き、トータル30分程度で終わる。終わった後は特に用事もないので買い物に川奈のケーヨーデーツーへ。ここについてから知ったのだが、ここの桜がとってもキレイ。前回、河津桜は見たので今回は桜を見に行くつもりはなかった。渋滞もすごそうだ。

しかしたまたまケーヨーデーツーで見事な桜を見ることができた。結構観光客の人もいたようだ。後で調べると名所としても知られているよう。

天気も良かったので桜も満開近い。
天気も良かったので桜も満開近い。
VEZELのボディに桜が映える
VEZELのボディに桜が映える
やっぱりVEZELかっこいいなw
やっぱりVEZELかっこいいなw
ついでに大室山のさくらの里からも見てみる。真っ黒くろすけ
ついでに大室山のさくらの里からも見てみる。真っ黒くろすけ

ということで月曜の朝早く東京に帰りそのまま仕事へ…。

しかし。商売道具(まぁ、カバンですが)を伊豆のアパートに忘れてきたwwwぎゃひー!!!仕方ないので月曜の深夜にまた行く羽目に。無駄な距離を稼いでしまい自己嫌悪。

TO BE CONTINUE...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です