黒キャビア WD Caviar Black WD1001FALS

 1TBクラスのハードディスクが一般化してきて、ソフマップやドスパラの安値販売では14,000円を割るようになりました。でもメインストリームの1TBって意外に遅いというか、アクセスがないと省電力モードに入って止まったりして使いづらかったりもする。500GBを二つ用意してRAID組んでもいいのですけど、いまさら500GB買うのものなぁ、と思う今日この頃。

 最近ちまたで話題なのが、タイトルの黒キャビアことWD1001FALSです。HDDをコントロールするプロセッサを2コ積んで、処理能力を2倍、そして32MBの大きなキャッシュ積んでます。市販価格は、2万円弱というカンジですが5千円の差でトップクラスのスピードが手に入るなら、と思っちゃいます。

 スピードはこんなカンジ。 続きを読む 黒キャビア WD Caviar Black WD1001FALS

NEC LCD2190UXi

 いまどき4:3モニタなんて、と思うかもしれない。ワタクシ自身もそう思うのだが、それでも4:3モニタのニーズはあるらしい。というわけで今日紹介する逸品はNECの液晶ディスプレイ。NECはハードウェアキャリブレーション可能なモニタを多く出していて、写真を生業にしているユーザには定評のあるメーカ。このLCD2190UXiは色むらも少なくバックライトの輝度ムラも少ないというすばらしいモニタ。お値段も価格.comでの最安が14万5千円。20インチの液晶モニタでいまどきこんな値段すんのかよぅ、と思うくらい高い(笑)。

 しかし、安いところ探してきましたよ、ダンナさん。

続きを読む NEC LCD2190UXi

RDT241W MITSUBISHI MONITOR

 朝からこれを書くヒマはあまりないんだけど、安いモニターを見つけたので、書いておきます。amazonでなぜか今だけかもしれないが、55,840円で三菱のRDT241Wを販売中。

 このモニター、パネルは残念ながらTNですがそれでもこの価格ならば安いかなあ。もちろん、MDT242WGに比べちゃうと見劣りするんですけど。

--17時追記
17時に確認したら、値段があがってました。あっという間だったなあ。今は8万超えてます。魅力ナシ。

ディチェコのパスタ

 PCパーツを購入しまくる人に必須なものは何か?そう、それはパスタだ。

 なんでパスタなのか?と聞かれても困るんだけど(苦笑)。エンゲル係数を下げるというか、食事を制限してでも新しいステキなパーツを欲しがるオレたちの宿命というか(仲間にされたくないでしょうが)。

 というわけで、パスタがあれば他のものはいらないっ、というほど好きな人のためにイタリアはディチェコのパスタを探してきましたよ。本当の発音はデ・チェッコに近いらしいですが。もちろん、激安です。500グラムで169円というパスタ。昨今小麦粉の値段が上がり、パスタもどんどん高くなってきて、困ってました。ディチェコは本当はこんなに安くないんですよねぇ。スーパーで見ると軒並み400円以上はします。日清製粉が輸入しているからかもしれないけど、たまに安くなるとスーパーの特売の目玉商品になっちゃうくらい。それがこのお値段です。ワタクシ24キロほど購入してしまいました(バカだなぁ)。まぁ、1年半は食べられるだろうと。

 ディチェコのパスタは味も香りもいいですよ。パスタの表面がザラザラしているので、ソースが絡みやすい。東京都内にタパスっていうイタリア料理のチェーンがあるんですが、そこでも使っているものです。というわけで、PCパーツでお金使い果たしちゃったらパスタですぜ。ワタクシの好きな味付けはオリーブオイルとトウガラシ、ニンニクで、いわゆるペペロンチーノに、ゆでたキャベツとベーコンを入れたもの。そして酢と醤油で和風にして、そこへ大根おろしとツナ缶、のりを刻んだモノを載せた和風ツナスパゲティが最近のお気に入りです。

電波時計

 イデアというデザインにこだわった会社の電波時計があるってのは前から知っていた。LEDを使ってスペーシーなカンジだけど、現代的にモダンにもしてるようなデザインが多いよう。そしてツラツラとamazonを徘徊していたら、IDEAの電波時計を見つけました。

 う。これカッコイイかも。クルマのインパネというかインジケータみたい。丸いのが4つついていて、そそるものがあります。 続きを読む 電波時計

FILCO Majestouch キーボード

Majestouch

 新しいキーボードを手に入れました。FILCO(ダイヤテック)から出ているMajestouchというキーボードです。これ、ワイヤレスモデルとケーブルのついているワイヤードモデルがあるのですが、今回はワイヤレスモデルにしました。ワイヤレスといっても、赤外線ではなくBluetoothを使っているためそれなりに離れても使えます。

 んが。Windowsでドライバが読み込まれたときから作動するので、BIOSのセッティングなどを変えるときには別のキーボードを用意しなければなりません。ですので、頻繁にPCの設定をいじくり倒す人はワイヤレス選ばない方がいいかも。

 さて、最初に欠点?みたいなものを書いたのでここからは心置きなく書くぞ。キーボードのスイッチはドイツのCherry社のもので、茶軸と呼ばれるクリック感のあるタイプと、黒軸と呼ばれるリニアにだんだん重くなるタイプが用意されてます。個人的にはクリック感のある方がスキなので茶軸にしましたが、打鍵力の強い人は黒軸の方が気に入るかもしれません。茶軸タイプを購入したので軽やかになでるように触ってもクリックされている(音はしませんけど)感触があって、ミスタイプが少なくなりました。だいたい2mm押し下げると入る感じかな。底付きするまで打鍵すると、ちょっとカチャカチャと音がしますけど。

 安いキーボードだと斜めに打ち込んだときにギシる感触があったりするし、抵抗力がかなり変化するので打ちにくいキライがありますが、これだとほんとにスムーズに打ち込めます。昔IBMのキーボード持っていたんですが、それに近い打ち味かと。というわけで値段は張りますけど、長時間キーインする仕事している人にはお勧めかも。

 自分はソフマップでワイヤレスモデルを買いましたけど、ワイヤードモデルならツクモだとネット限定で1万円切ってる(^^;)。うー、買い増そうかなあ。ワイヤレスモデルはリビングに置いてあるPCで使うか…。悩みどころだ。

Who wants it? 物欲にまみれたIYHerたちへ