STS-135 Roll over

ついでに追記。

STS-135を見られることになったのは、STS-134が打ち上げ延期になったため、偶然スケジュールが重なったからなのですね。STS-135のスケジュール自体はそれほどずれていなかったので、STS-134の打ち上げ日の翌日にOPF(オービタープロセッシングファクトリー)という、オービター(シャトルのいわゆる往還機)を組み立てる工場から、VABに移動するところをたまたま取材というか、撮影できることになったわけです。

常にNASAにひっついて取材をしていれば、こういったシーンにもなんなく出会えるのでしょうが、そんな商売できる人は日本にはまずいないわけで(アメリカにはたくさんいますw)、本当にラッキーだったなーと感激してるわけです。さすがに何時間も炎天下にいたくなかったので、途中で帰りましたけど。というわけでもう少し写真を載せておきます。

「STS-135 Roll over」への2件のフィードバック

  1. もうほんと涎だらだらのレポ感激(嫉妬?w)です。この後も道中お気を付けて!

  2. muuさん、ありがとうございます。本日からスミソニアンざんまいの日々が始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です