MSI WindPC

 TWO TOP独占なのかな?MSI Wind PCが発売されたようです。店頭だと在庫があったようですが、ネットだと1週間から2週間待ちのよう。

 以前レビューしたD945GCLFと同じくintelのatomプロセッサを搭載したPCですが、DVDコンボドライブやメモリ、HDDも搭載した立派なPCとして販売されています。価格は34,800円とD945GCLFにパーツをプラスしていったのとそれほど変わらない価格かな。ただ、ケースはコストを落とすためと安定性を重視しているためか、MiniATXよりも大きなタイプのブックケースになっていますね。3.5インチHDDドライブを搭載するために採用したのかもしれません。もっともそれでも大きさは240X300X65とかなりスリム。そしてボード自体はファンレスになっています。ケース自体にはファンがついています。電源はFlexATXとかではなく、ACアダプタ。ここらへんケチってないですね。

 D945GCLFとスペックが明らかに違うのは、ネットワークが1G対応のものになっていること。NAS化して大容量の映像ファイルやオーディオファイルをコピーするときなどに威力を発揮しそうです。自宅サーバとしても1Gになっているのはいいかもしれません。PCIスロットはMini-PCIスロットをひとつ、そしてユニークなのはCFスロットがあること。CFにOS入れてブートして使うなんて使い方もいいかも。メモリは最大1Gで、あらかじめSO-DIMMが1G入ってます。

 最初に入っているOSはSUSE LinuxなのでWindowsで使う人は別途購入要ですけど、メモリの問題もあってWindowsXPしか選択肢がないような気がする。

 ちなみにMSIからはWind Boardというマザーボードのみの製品も発表されています。来週には発売されるようですが、こちらはDIMMスロットが2つ。しかしLANが100M・・・。

関連記事
アキバ総研
ASCII.jp

WordPress2.6アップグレード

 これは完全なひとりごとというか、メモ。自分の戒めのために。

 Wordpress2.6-jaがリリースされていたので、アップグレードしなきゃ、と思っていたらちょうどパッケージができあがっていたので、ダウンロード。アーカイブほどいて、そしてなにげにmvコマンド叩いたら・・・。

全部消えちゃった(号泣)。

 いや、データ自体は消えてないだろうけど、設定ファイルとか全部上書きしちゃったので1から設定しなおし。テーマファイルは昨日時間かけて日本語化したのに、全部やり直しだよ、と目の前真っ暗になりかけました。

 しかし、実は夕べからバックアップしてあったんですねー。いばることでもないんですが、夕べたまたまバックアップスクリプト作って、cronで回していたのでした。しかも今朝からは投稿していなかったので、データのロストは一切ないだろう、ということで。

 バックアップをなんとかコマンド調べつつ戻して、そして無事アップグレード完了。CentOSのcpコマンドがaliasで-iオプションついていて、上書きするときに外さないといけないってのも覚えました。はー、なんとかアップグレードできたお。ああ、ちょうど今雨がやんで窓の外に日が差してきた・・・。なんと美しい←バカ

 とりあえず、一旦2.5.1に戻しました。なぜかというとリンクウィジェットが消えてしまったから。それとWordpress自体はなくなってもMySQLにデータ残ってるんでした。慌てると考えもまとまらないね(苦笑)。

DELL 3008WFP

 6月に間違えて128,000円で販売しちゃったというDELLのおっちょこちょいなところを見せてくれたモニタです。通常の価格は228,000円。つまり10万円も安く販売しちゃったんですね。わたくしもこっそり1台ゲットしました。価格が間違えているなんて知っていたら10台は買ったのに(笑)。オークションで16万前後で出されていましたけど、軒並み落札されていました。

 しかし、今回は真面目に安くなっていました。ここからアクセスしてみてください8月4日までの限定ですが、個人向けEメール会員へのキャンペーンとして、159,600円になっています。スペックは2560X1600という20インチモニタ(1600X1200)の倍以上の広さです。冒頭の写真で表示している映像は1920X1080のフルハイビジョンで録画した「絶対可憐チルドレン」ですが(別にどうでもいい)、こんなにまだ他に余ってます。30インチモニタにフルに表示すると、テレビいらねーんじゃね?と思わせるくらい。ただ、本当にでかいです。それと輻射熱があるので、顔を近づけて作業するのにちょっとためらうくらい熱さを感じさせるときがあります。この季節ならなおさら。色再現などには多少難点はありますが、この価格ならOKでしょ。

 これだけ紹介しても面白くない(笑)。まさに「誰がコレを欲しがるの?」と聞きたくなる、高級モニターを紹介しましょ。写真などのレタッチをする目的の人には、HPから新しく出たHP DreamColor LP2480zxという24インチモニターをお勧めします。クリックしていいなーと思っても買うとなると躊躇するシロモノですが(笑)。価格は398,000円と24インチにして最高峰のモニター、かもしれません。それとグラフィックボードも相手を選びますので要注意。トータルで50万をモニター環境に費やす必要のある、ホントのプロフェッショナル向けですねー。先に紹介したNECのモニターより明らかに格上のデキですわ。

もう価格改定? Intel E8500

 20日に価格改定が予定されているIntelのCPUですが、先取りしてもう価格下げてるところがチラホラと。

 ワタクシが発見したのは、BEST DO!というお店。一見怪しいか?と思って(サーセン)調べてみたところ、価格.comの評価でも97%は良しとしているわけで、大丈夫そうです。

 んで気になる価格は21,880円。欲しいひとはいますぐ急げー

7/18追記
AKIBA PC Hotlineによると、アキバの複数の店でも値下げされているよう。ただし通販でも同じ値段かどうかは不明なので、確認要。

SANWA Computer RACK

 パソコンの数も増えてきて、設置場所に困るようになってきました。なんせざっと20台以上転がっていますから、全部電源投入したらどうなっちゃうんだろ?と思うほど。もちろん、昔のマシンなんぞは物置の奥底まで沈んじゃっていますけど。

 PC好きにはそんな人が多いんじゃないかな、と思ってなんかいい解決方法がないかな、と探してみたのが19インチ簡易ラックです。通常はサーバルームなどで、ラック用ケースをマウントするのに使うものです。会社でよくオフィスの隅にあったりするかもしれません。うちにも会社で廃棄になった1Uのサーバのジャンクが2台、4Uのサーバ(未使用だけど、440BXという骨董品)が転がっていますので、そういえば、と思って思いついたのがこれでした。音楽用の機材ラックを流用する人も多いのかな。規格は一緒ですけど、音楽用の機材ラックはなんかヤワな気がします。PC用にはそれ専用をオヌヌメ。

続きを読む SANWA Computer RACK

Luminousのラック

 自宅のテレビを載せているのはシンプルなルミナスのラック。棚板2枚とポール4本のシンプルな作りです。ちょっと高さがイマイチなんですけどね。んで、ルミナスのサイトを見ていていいなぁ、と思ったのがコレです。かなり収納力もあるし、テレビも42インチサイズまでいける。ウチのテレビは40インチなので、入りそう。

 こういったメタルラックって安物はメッキがイマイチなんだよね。なんていうかギラギラしすぎているというか。LuminousはERECTAにはかなわないかもしれませんが、リーズナブルな値段の割に、仕上げもしっかりしている。棚板も頑丈。ERECTAにしろ、Luminousにしろ、いわゆるホームタイプは買わない方がいい、と個人的には思ってます。なんでかっていうとヘビーに使うと歪むから(笑)。
続きを読む Luminousのラック

Who wants it? 物欲にまみれたIYHerたちへ