GREENHOUSE GH-CF32GFX

秋葉原を徘徊していたら、なにやらグリーンハウスの新しいコンパクトフラッシュカード、GH-CF32GFXが出ている…。

パッケージには、高速転送65MB/s・433倍速と高らかにコピーが踊っています。しかも、前回はDUALだったのに、今回はQUAD(4チップ同時にアクセスだからだろう)。こないだ懲りたので、どーするかなー、と思ったのですが、さすがにこれもダメだったら、ヤバいでしょう?ということでテストしてみることにしました。それにほら、前も交換したらちゃんとしたスペックになったしね。なお、このGH-CF32GFXは、リード65MB/s・ライト35MB/sと、ちゃんとリードライト別の数値が記載されています。ここらへんの表記はとってもマトモになったと言えるでしょう。

しかし、こんだけGREENHOUSE製品を買ってしまうなんて、オレってなんてツンデレと思っちゃうほどだな。

QUADの色が赤いので期待?できるかもー
QUADの色が赤いので期待?できるかもー

今回のベンチマークもMA790X-UD4PにPhenom955BEでのテストです。SATA-CF変換カードはいつものAREA(エアリア)のものですので、テスト環境にGH-CF32GDとの違いはありません。比較数値も、50MBをシーケンシャルでリード・ライトするところで見ています。

では、さっそく…。


greenhousequad-sata

をををを!すごいじゃないですかっっっっっっ!

リードはカタログスペック以下ですが、この数値なら立派。ライトに至ってはカタログスペックを1割程度上回る数値を叩きだしています!ちょっと興奮したw

いやー、このコンパクトフラッシュ、GH-CF32GFXはなかなかですな。価格は1.2万円と、GH-CF32GDより50%アップになっちゃっていますが、スペックはそれ以上アップしているのですから妥当なセン。なによりこの性能のコンパクトフラッシュが1.2万円なら安いってもんだす。一番安い店なら、1.1万円を切っていますしね。

種類 GH-CF32GD GH-CF32GFX
リード 40.66 59.31
ライト 16.28 38.19

ということでコストパフォーマンスは十分なコンパクトフラッシュと言えるでしょう。EOS 7Dの連写にもこれなら耐えられそう。というわけで、次の撮影には実際に使ってみようと思います。

ちなみに、USB経由でBUFFALO BSCRA38U2を使った数値も載せておきます。もっともTurboUSBはまだONになっていません。USB経由だとやっぱり平凡な値というか、ダメダメな数値になってしまいますね。

greenhousequad-usb

一番安いのは、1'sで10,780円のようです。

「GREENHOUSE GH-CF32GFX」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: a weblog by k1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です