「デジスコ」タグアーカイブ

またもや京浜島だが

またBORG担いで京浜島に行ってきました。んが。うーん。風がないのはありがたいのですが、こんなカンジになってしまいました。

陽炎がスゴすぎて超望遠クラスだと使い物になりまへん。コンディションをよく考えて撮りモノ決めないといけないですね。ファインダーや液晶モニタで見ているときは、あまり気にならなかった(小さいし)んですが、家に帰って愕然としてしまいました。

近いからいいけど、遠征時にコレだったら泣けるよなあ。本当は政府専用機を撮れたら、と思ったんですがとっくに飛び去った後でしたw

BORGでヒコーキ撮影

相変わらず休みの日は寝坊してしまうワタクシ。休みじゃなくても寝坊しているのが本当だ。

さて、強風吹きすさぶ中、京浜島までBORGを担いで行って参りました。北西の風10mは寒いぞ。いつもの撮影場所に三脚+BORGを備え付け、まずは5D MarkIIでテスト撮影。んがしかし。やはり896mm程度(640mm+1.4xテレコン)じゃダメだ。しかも帰ってきてから気づいたんだけど、かなりケラレています。

かなりケラレますね。DPPでも補正できないしなあ。

やっぱりこういうのはAPS-Cの方がええがなええがな、というわけでKissDXにチェンジなのです。

こんなカンジ。望遠鏡についているファインダーは使わないので本来は、必要ありません。

さて、約900mm×1.6倍=1440mm相当の威力やいかに?

おお、でかいでかい。

かなり大きく写ってくれます。ちなみに、300mm+1.4xの場合にはこうでした(違う日に撮影したものです)。

KissDX 300mm+1.4xテレコンの場合です

当たり前ですけど、焦点距離が約3.4倍になってますから、ものすっごくデカくなりましたwwwwww嬉しすぐるwwww

ただ、やはりフォーカスがやりづらい。まぁ、このくらいの距離を離れてしまえば無限遠になりますし置きピンでできちゃうのですが、KissDXの小さなファインダーだとあってるのかどうかがわかりづらい。フォーカスだけ5D MarkIIでライブビューを利用して合わせて、そのあとボディチェンジ技を使いましたけど、やっぱりライブビューがついている、あるいはマグニファイヤーなどでファインダーを強化しないと、使い勝手が悪いですね。

それとここまで拡大されてわかったのですが、やはり離れているせいか空気のゆらぎがすごいですね。滑走路の向こう側だと陽炎の向こうに着陸しているように写っています。

本日撮影した写真はこちら

BORGで望遠撮影

ヒコーキの写真を撮っていて、やはり一番悩ましいのは超望遠と呼ばれるレンズがないこと。300mm+1.4xではEOS 5D MarkIIだと460mmなわけで、やはりもう少し欲しいなぁ、というところでした。

もっともお金はありませんから、どうしたものかと悶々としていて思い出したのが、「そういえば、オレ天体望遠鏡あるじゃん!」ということでした。というわけでクローゼットをゴソゴソやるとほぼ新品状態のBORG 100EDが出てきましたよ、と。これ買ったのは2003年だったような。しかも同時に望遠鏡をいくつも持っていたので、確か一度も使わずしまい込んでいたような(ごめんなさい)。このBORGシリーズはおもちゃ屋さんのトミーの子会社、トミーテックから出ている望遠鏡で安価ながらもパフォーマンスの優れた望遠鏡を輩出しているメーカーです。メーカー詳細はこちらをどうぞー。

自分のは100EDという一つ前のモデルなのですが、現在の101EDと同じく焦点距離は640mmですので、F6.4のレンズとして使えます。暗いし開放しかない、と思われるかもしれませんが、天体望遠鏡はもともと非常に遠くのものをクリアに映し出すために作られたもの。対物レンズの大きさも100mmもあるわけで、分解能は通常の小さな望遠レンズより遙かに上です。反面レンズの少なさによる収差が多いかも、という危惧もありますが100EDは対物レンズがアポクロマート(三枚)のため画質も期待できます。BORGはデジスコというキーワードで昔からデジカメとBORGをくっつけて遊ぼうぜ、と提案してきたメーカーなので、色々とそのやり方はWebで拝見できます(最近はデジボーグというようです)。ユーザーから寄せられた作例を見てみると、恐ろしき解像度で撮影されたカワセミや天体写真の数々を見ることができます。ちなみにこのレンズセットの価格は168,000円。600mmの望遠レンズよりは遙かに安いw。手ブレ補正もオートフォーカスもありませんので、当たり前っちゃ当たり前ですが。

続きを読む BORGで望遠撮影