「エネループ」タグアーカイブ

eneloop ディズニー110周年限定モデル第2弾

うむ、単純にかわいいのである。

クリスマスのプレゼントにいいかも。冷え性の彼女にエネループカイロと一緒に渡す、なんちってなwとりあえずストロボの電池にぴったりなので注文してみました。エネループ、いくつあるんだろう、なんて思いますが…。まぁ、あって困るものでもないしね。

icon
icon

eneloop ディズニー110周年限定モデル第2弾
icon

Amazonでも販売中…
Amazonでも販売中…でもビックカメラだけど。

今度は16本同時充電@上海問屋

うーむ、12本バージョンを注文してしまったのですが、さらにスゴいものが。

前回の12本のものより先に入手できるので、急ぎの人はこちらの方がいいかも。さらに4本セットごとに放電できそう。海外でも売られているようなのでACアダプタなどの付属品スペックをちょっと調べてみると、100-240VのACアダプタなので海外でも使えそう(いまさら国内専用のACアダプタを使う方がコスト高ですわな)。というわけで、こちらを注文して、12本バージョンをキャンセルすることにしました(してくれるかはわかりませぬがw)。

--

追記 届いてから実際に使ってみたのですが、ACアダプターの出力が2.1Aってこともあり、16本全部を充電するには少し時間がかかります。夕方セットして朝には終わっているとは思うのですが、昨今の急速充電器に慣れていると「うわ、おっそ!」と思うかもしれません。なので、時間的にタイトなときには使わないほうが良さ気…。

12本同時充電器@上海問屋

前から欲しかった充電器が入荷するようでさっそく注文しました。上海問屋扱いです。海外サイトでも見つけたのですが、これだけ通販してもうまみがないので待っておりました。米amazonでも売っていましたが、日本より高いしね。上海問屋では5月下旬の入荷になるようです。

見てわかるように、いっぺんに12本充電できます。いっぺんにそんなに使う機会があるのか?と思うのですが、ダイビングで使うストロボが2灯ありますので、それを考えると、それだけで8本もあるので他に使うものがあると12本くらいはセッティングできた方が便利。ホテルなりに戻ったあと、全部一気に充電セットしてでかけられたりしますので。

放電機能もついているのですが、個々では判別してくれずすべての電池が放電終わるまでは充電開始にならないようです。せっかく一本一本のコンディションを見られるようになってはいるのですが、そこまでは期待しちゃだめみたい。もっとも値段も非常に安価ですから仕方ない。ACアダプターは100V-240Vのようですので国内でも海外でも問題なさげ。

eneloop スティックブースター使ってみた

届きましたので、2,3回ほど使ってみました。iPhoneが空っぽになったときに、充電を開始すると、だいたい2/3程度までは充電してくれます。なので、エネループをもうワンセット持ち歩けば、フル充電までいって、さらにもう少しがんばれるってことになりますね。

実際に持ち歩いても非常にコンパクトなので、ジャマになりませんし、今は冬ですから上着のポケットに入れておいても気にならない大きさ。細長いので狭いところにも押し込めます。上着のペンホルダーとかにも入りそう。ちょっと不格好だけど。というわけで、安い割には買って非常に損しない逸品でした。エネループって便利だなあ。

ただ、長期の旅行とかに持っていくなら高容量で充電もできる高容量タイプ(KBC-L2AS)の方がトータルでは荷物少なくなっていいかもだ。普通のエネループ充電器はストロボの電池とかを充電するのに結構使いっぱなしになるし。普段オフィス行くときとか日帰りで旅行するときなんかは、スティックタイプでも十分だね。

SANYO NEW eneloop スティックブースター USB出力専用ブースターセット(単3形2個セット) KBC-D1AS
SANYO NEW eneloop スティックブースター USB出力専用ブースターセット(単3形2個セット) KBC-D1AS

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2AS
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2AS

SANYO NEW eneloop スティックブースター KBC-D1AS

エネルーパー(なんだそれ)としては気になっていたアイテムである、エネループを使ったUSB充電器というか、USB電源発生装置がいよいよ出荷されるようなので予約しました。だいたい2千円前後で販売されているようです。

昨今iPhoneを使っていて困るのがやっぱり電池の保ちの悪さ。普通の携帯電話のように使っているのなら、十分保つのですがやはり会議中などに資料を参照したり、調べ物をしながら会議してたりするとてきめんに夜にはなくなっちゃいます。もちろんデスクにいるときには、充電しているのですが、どうしても外にいるときに充電できないシーンは多々ありますよね。iPhoneだけじゃなくて普通の携帯でもUSBタイプの充電器なら使えますから一個カバンにしのばせておけば急場をしのげるわけです。

というわけで届くのが楽しみ。旅行に持っていっても役に立ちそうだし。それにナニがイイって非常にスマートなこと。これなら邪魔にならない。個人的にはエネループを付属させなくていいのでもう少し安くしてくれたらなぁ、とは思いますが、ま、あって困るものでもないのでOKとします。

SANYO NEW eneloop スティックブースター
SANYO NEW eneloop スティックブースター

閑話休題

ブログの更新を二週間以上さぼってしまっていました。体調悪くて寝込んでいたこともあり、それに習慣がとぎれてしまうとどうでもよくなってしまうというか。無駄遣いしていない、ってことなのでいいことなのかもしれませんが。

というわけでeneloop tones

一昨日届いていたeneloop tonesを開封しました。沖縄から帰ってきたときに玄関にぶら下がっていたのですが、さすがに疲弊していて開ける気にならなかった。

パッケージはシンプル
パッケージはシンプル

中身は普通のエネループですけれど、パッケージはシンプルでちょっとだけ色が入っているのがわかる程度。シールで留められているのでちゃんとキレイに剥がしましょう。

開けるとこんな感じ
開けるとこんな感じ

パッケージを開けると、カラフルなクレヨンちっくなエネループがお目見え。質感はマットな感じです。つや消しのカッティングシートと言えば伝わるかな。もっとアクリルというかビニールっぽいテカテカしているイメージでしたが、実際は落ち着いたものです。個人的にはテカっている方が好きかも。なんというか、キャンディレッドみたいな透明な皮を被っている色が好きだということもあります。

んで、実際にこれをどう使うか?と考えてみたのですが、とりあえずディスプレイしてみました。ガラスの器みたいなのに無造作に入れておくだけでも絵になる…かも。欲を言えば、パステルっぽい器、例えばファイヤーキングのホワイトの小皿みたいなものがあれば、それに入れておくと全体のパステルトーンと調和しそうです。まぁ、実際にはこんな飾り方しないわけなんだがw

ごちゃっと入れてみる
ごちゃっと入れてみる

性能は…新しいエネループということで1,500回の充電が可能ということらしい。というか、そんなのテストできないので、信じるしかありません。充電器がひとつしかないので、もひとつ欲しいかもと思いました。

SANYO NEW eneloop tones ¥ 2,232 SANYO NEW eneloop tones