説明書を買う。スペアキーも。

さて、自分の買ったアイアンには説明書がついていない。なので、説明書を買うことにした。なくてもそれほど困るものじゃないけど、一通りメンテに関する情報、タイヤの空気圧といったスペックは知っておきたい。雑誌や書籍でも得られる情報だが、説明書ならばメーカーの指示するものが乗っているので、原典に当たればいいわけだ。

さて、このアイアン、埼玉県にあるハーレーダビッドソン埼玉花園出身の子のようだ。ナンバープレートのフレームでわかった。

というわけで、電話してフレームナンバーなどを含め問い合わせて説明書を用意してもらう。だいたい一週間程度で取り寄せできるよう。金額も2,880円らしい。

一週間後に連絡が来て、説明書が届いたということなので取りに行った。近くのハーレーダビッドソンに頼めばよかったのかもしれないが里帰りするのもいいかな?と思って花園に注文したが、あいにくの雨。クルマで行ったのだった。100キロ越えるし結構遠いのでクルマでよかったかも。

ついでにスペアキー類も頼む。メインキーは二つセットでアメリカから取り寄せてくれることになる。タンクキャップのキーも頼んで、都合4つのキーをお願いした。さすがに今度は送ってもらう。

しかしキー高いな…。メインキーは必ず二つセットで9,807円。タンクキーは二つで4,810円(一個だけ頼んでもよい)。

なくして困るとこんな金額じゃすまないし、出先で困るので、この際だから頼んでおく。


キーといえば、自分が福岡に置いてあるハイエースのキーは基本的には持ち歩かない。クルマにキーボックスと一緒に保管してある。メインで持ち歩いているキーホルダーにも付いているのだが、万一忘れたときに福岡に着いてから「カギがない!」となったら詰んでしまうため現地にも念のため用意してある。クルマもスマートロックみたいになればいいのだが。


バイクという趣味はなんだかんだ金かかるわな。というか中古車買うときにちゃんと確認しよう、ってことなのだが。

なお、スペアキー届く前に無くしちゃうと困るので、一応街中の鍵屋さんでも作ってもらった。これもまたけっこうしたんだけどね。

国産車だと南海部品みたいなショップに行くとメーカー製のブランクキーおいてあって、すぐ作ってくれて利便性は良さそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です