大型二輪免許卒検

6/6土曜日。

天気もよく13時ころに教習所へ。新型コロナのせいで教習所入るときに体温を計ったりなんてのもあるし、駐車場の空きも気になったので試験開始は13時半くらいだが、早めに行く。

KANTOモータースクールは二輪卒検の順番が、大型→普通→小型の順で行われるため、大型二輪を受ける人は早めに終えられる。自分は三番目でチャレンジすることになった。申し込んだのは一番早かった気がするんだけどな。まぁ、他の人のを見つつイメトレはできるのでよい。

自分の番が来て、いつものようにスタンドを起こし、前後を確認しつつまたがり、ミラーを調整してエンジンを始動する。練習で行っていたことをそのままやればいいだけだ。前回前々回の教習で一本橋にも自信はついたので、緊張感もあまりない。

天気いいなぁ、気持ちいいな、ちょっと暑いかな、なんて思いながら最初に外周を回る。

よくリラックスできてるぞ、と考えながら、坂道発進、踏切、クランク、波状路、一本橋、スラローム、急制動、そしてS字と課題をクリアしていく。どれも緊張することなく終えられて、あとは結果発表を待つだけ。うまくいったことはわかってるので、思わずニマニマしてしまう。ここから二時間くらい待たされるので、外出してコーヒーで乾杯したいくらいだけど。

合格した人は17時くらいから教室へ集められて卒業証明書を授与される。あとは試験場での注意点などを説明されて終わり。このあたりは普通二輪と変わらない(普通二輪も小型二輪も同時にオリエンされる)。

あとは試験場に行って免許をもらうだけになった。長かったようで、あっという間だったなと思う。途中中断なければ、もっと早く感じただろうけど。

これでもう教習所に通うこともないんだな、と思うと若干のさみしさもあり。不思議な感覚だけど、何かを習うというのが久しぶりだったからかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です