FUJIFILM X20 1stインプレッション

ファーストインプレッションというほどたいそうなこともなく。通勤途中に寄り道して数枚撮影したのみであります。

RAWでも撮影したのですが、とりあえずJPEG撮って出しのもののみ。なぜかというと…。どうもSILKY系の現像ツールが好きじゃないというか、キヤノンのDPP育ちなもので簡易なインターフェイスの現像アプリじゃないと使えないといいましょうか。SILKYPIXが優秀なソフトであることはわかるのですが、規準がブレてしまうというか、好きなだけいじくれるとどれがオリジナルだったっけ?とわからなくなってしまうのがコワイのです。

また、JPEGの撮って出しでも十分なクオリティ。ノイズの消し具合と解像度のバランスがいいと思いました。このレベルまで現像ソフトで追い込むのも結構大変かも。もちろん、自分で追い込んだパラメータを作ってしまえばその後はそのアレンジで済みますから、そこからはラクだとは思うんだけどね。

さて、実際の使い心地はスイッチがレンズの繰り出しを兼ねているので、ぐいっとひねれば撮影OKというのは小気味よくスナップできます。ぐいっとひねって光学ファインダーを覗けば、もうそれでキャンディッドショットも狙えるという。すぱっと撮影しても高画質なデータを残してくれますので、まさにスナップマシンとしては使いやすい部類かと。変な電動でのレンズ繰り出しなどをまたなくてもいいのはストレスがありません。

また、遊べる機能としてはフィルムシミュレーションやジオラマ、トイカメラなどコンデジで流行っている機能はちゃんと入っていますので、幅広い楽しみがあります。Advモードのトイカメラなどで撮影するとRAWで撮影されないので大事なシチュエーションでは、使わない方がいいのはどのカメラも同じかな。フルオートモード、SRモードなど頭を使わなくていいモードもありますので、適当に撮影することも可能。もっともプログラムモードで十分な写真が撮れますが。

使っていて官能的な部分は少ないのですが(シャッター音などはレンズシャッターぽくて好きだけど)、気軽に持ち出せて身構えずに、肩凝らずに使えるカメラだな、というのが第一印象でした。

「FUJIFILM X20 1stインプレッション」への4件のフィードバック

  1. いいですねえ!X20!
    パンフォーカスのシャープな絵っていいですねえ!
    え?コメントがわざとらしい?
    はい失礼しました…
    (オヒキトリクダサイマシテアリガトウゴザイマシタw)

  2. えへ、いやスナップマシンとしてパンフォーカスできりっとした画が撮れるのは嬉しいですよ。ノイズとか解像度を気にしないといけないコンデジの宿命とは無縁な高画質、それなのにミラーレスより軽快、というのは高級コンデジならではの真骨頂かな、と思います。

    ええ、とってもいい買い物でしたw

  3. 僕のVWtype3です!

    綺麗に撮影して頂きありがとうございます。

  4. うわーいっっ。オーナーさんでらっしゃいますか。自分も昔TypeIのカブリオレに乗っていたので、空冷VWにはつい反応してしまいました。キレイに乗っていらしてかっこいいなー、またバタバタするVW乗りたいな、なんて見て思っておりました。いつまでもきれいにかわいがって乗ってあげてくださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です