Kiss X6i買う→とんでもない事が起きる

なんというかまったく参考にならないお話というか、こういうことをしないように気をつけましょうという話です。

以前にも触れていたのですが、キヤノンのKiss X6iは手軽に持ち歩くカメラとして、そして動画を撮るカメラとしてちょっと欲しいなー、と思っていたのであぶく銭が少し入ったのでEOS Kiss X6i EF-S18-135 IS STM レンズキットを購入したわけです。10万円切っていました。Kissのクセにちょっと高いなー、なんて思ったり。

さっそく家に届いたのでバッテリーとSDカードを入れて、カメラバッグに入れて出かけることにしました。テスト撮影なのでストラップは面倒なので後回し。

そしたらですね。クルマに乗るときに肩にかけていたカメラバッグから中身がポロっと。なんでちゃんとフタのロックしとかなかったんだ?と思っても後の祭り。トップヘビーな状態だったのでカメラバッグが回転したんですな。

結果。

ワンショットもシャッター切ってないカメラをコンクリートの地面へ落下した\(^o^)/

泣けるぜほんまに。

そしてこんな状態に。

レンズから落下したのでフィルター枠回りがガジガジに。クラック入ってます。

んでもってボディはこうなりました。

レンズの後に接地したのがこのグリップ上ですね。まぁ、クラックまでは入ってません。

実際にレンズをよく見てみると。

フィルター枠はゆがんでますが、レンズまでダメージはナシ。

不幸中の幸いというか、レンズ自体に割れなどは発生していません。

あー、ワンショットもしてないカメラ…。落とした…。と三日ほど凹みました。こんなことしたのは今までなかったので、なおさら(こんなことばかりしていて慣れてたら、それはそれで困るけど)。

仕方ないのでキヤノンのサービスセンターまで修理に出すことに。担当者の人も気の毒に思ってくれて親身になってくれました。当初10日くらい、と修理期間は言われていたのですが、実際には一週間もしないウチに上がってきました。

みなさん興味のある修理代金ですが以下の通り。

ボディは、カバーユニット交換パーツ代金として6,005円+技術料6,500円、そして消費税625円となり合計13,130円。
レンズは、直進筒パーツ交換代金として995円+技術料6,500円でした。パーツ代はあまりにも不憫な自分のために値引きしてくれまして、後は消費税325円。合計で6,825円。

レンズキットなんだから技術料もひとつにして、とは思ったのですが、それはないわな。というわけでトータル19,955円で無事甦りました。もちろん各部の調整や精度確認、異常箇所のチェックなどは含んだ値段です。中身まで壊れてなかったのでオートフォーカス調整程度で済んだのは不幸中の幸い。

てか、高いカメラになっちまったな-。今後は大切に使おうと思います。正直このくらいで済んでよかったな、と。EOS 5D MarkIIとか、もっとお高いレンズじゃなくてよかったっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です