TG-810とWG-1 GPS

TG-810とWG-1 GPSの戦いの刻は来たれり。というわけで第一回GPSコールドスタート選手権の開催です。

場所はとりあえず中目黒。単純に会社のそばだからです。一日以上ほっぽらかしておいたTG-810とWG-1 GPSを中目黒のドンキホーテそばを流れる目黒側の欄干に置いて電源を投入するテストです。

なお、撮影はNEX-5でムービーで行って時間を見るという。ま、アバウトですが。

その結果は以下の通り。

TG-810 1分20秒
WG-1 GPS 1分30秒

あれ?当初の予想と違うwwww

TG-810は座標表示しましたが、左のWG-1 GPSはまだ補足できてない。

この結果を無視する、なんてことはしませんで、こういうこともあるんだなとしかいいようがありません。実際に使ってみるとTG-810は1分20秒で補足するなんて非常にマレですし、もし小移動を繰り返しながらだと、ほぼ補足できません。かたや、WG-1 GPSはコールドスタート時でも35秒程度で補足することもありますし、このように1分30秒かかるときもあるのですな。実際何度か試してみてもWG-1 GPSは最長でも2分程度で補足している実感があります。

コールドスタートのテストってのはある程度時間を経過するか場所を移動しないといけないので、複数回テストするのはとっても面倒なのですが、ちゃんと検証しようとするとこんな結果も出ると。もっと追試しないといけないですけど、そこまでしてもなあ…。

あとは使っている実感として、WG-1 GPSは車の中でもキャッチしますが、TG-810は車の中だとコールドスタートさせるには10分程度止まっていれば可能になります。その後は更新できます。車の外にいったん置いて、補足させてから車の中に入れて移動した方が面倒はありません。

てか、なんでデジカメに気を遣ってやらなきゃいけないんだ?と思うので、やっぱりここらへんは気にしないでいいWG-1 GPSの圧勝かと。

さて、双方を購入して、今後どっちをメインに使うか?と聞かれたらWG-1 GPSオシです。オシメンはWG-1 GPSです。大切なことなので二度(ry

理由は以下の通り。

  1. GPS補足に気を遣わなくていいから
    これは前述の通り。
  2. TG-810に比べるとぶつけたりしても気にしなくて済みそう
    TG-810はデザインもいいしかっこいい。しかし、クロスカントリー系のクルマでいうとレンジローバー的なイメージ。ちゃんと四駆しているんだけど本当にフィールドに持ち出して大丈夫なのか?というきれいさがあるというか。WG-1 GPSはジムニー的というか、ヘビーデューティなシーンでもガシガシ使っちゃえるイメージがある。ラバーちっくなデザインもそれを後押ししてます。
    ここらへんは本当に個人的な感想です。

もちろんTG-810にもいいところはたくさんあります。GPSで地名出るところとか(WG-1 GPSは緯度経度だけなので味気ない)、持っていてちょっとステータス性を感じるところなどもTG-810のアドバンテージでしょう。WG-1はオモチャちっく(だがそれがいい)。

液晶だけならTG-810圧勝。しかしWG-1も悪くはない。

WG-1 GPSにもダメな点はたくさんあるので、それは次の機会に書きます。

しかし、GPSカメラ二つ持っていてもしょうがないなー。TG-810はドナドナするか…。ちなみにバッテリーは同じ形のものなので共用化できるので、ROWAで購入したTG-810用の互換バッテリーはWG-1でも使えるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です