石垣島を離れ東京へ帰還

石垣島発11:50 JTA074便で東京へ帰ります。石垣島は知っている人は知っている通り、滑走路が短いために燃料を満タンにできず、宮古島経由で給油して東京へ帰るという直行便にあるまじき行為を強いられます。なんて憤るものでもない。

というわけで、5カ月ぶりに宮古空港を見られたわけです。もちろん、変わってませんでした。ウエイティングタイムが30分しかありませんから、空港のターミナルビルの中を忙しくかけずり回るだけです。あ、伊良部名物の渦巻きパンを買ったかな。

その後飛行機の中で石垣島で買った石垣牛おにぎりと渦巻きパンを食べて爆睡。あ、そうだ、飛行機の中でハンバーガーとポテト食うのはやめてくれ。臭すぎる。迷惑だってばさ。

羽田へ着陸したときに16L着陸になったので東京は暖かいのか、と思って飛行機からタラップで降りるとさわやかなお天気。この天気が石垣島にあれば、と思ってしまいました。また天気のいい石垣島を見たいな。行きたいところがまたひとつ増えました。

しかしながら、石垣島は宮古島に比べると都会ではあるのですが、あまり土産物屋とか流行のご飯処に左右されない自分にとっては、都会さを享受しづらいかな。ただ、魅力的な離島に行けることは大きなメリットですね。宮古島から伊良部や下地に行くってのはある程度限られる趣向の持ち主でしょうし。

初日のCAさんが流行モノは先に石垣にできて、それから宮古なんですよと言っていました。でもマクドナルドなんて宮古島にいらないじゃん、なんて住んでない観光客である自分の勝手な言い分なのはわかっていても、ヘンに毒されない島でいて欲しいと思うのです。例えば、そういったブランドが欲しいのなら、クアアイナみたいなのが、東京より先に石垣とか宮古にできると、なんかかっこいいと思うんですけどねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です