BORGでヒコーキ撮影

相変わらず休みの日は寝坊してしまうワタクシ。休みじゃなくても寝坊しているのが本当だ。

さて、強風吹きすさぶ中、京浜島までBORGを担いで行って参りました。北西の風10mは寒いぞ。いつもの撮影場所に三脚+BORGを備え付け、まずは5D MarkIIでテスト撮影。んがしかし。やはり896mm程度(640mm+1.4xテレコン)じゃダメだ。しかも帰ってきてから気づいたんだけど、かなりケラレています。

かなりケラレますね。DPPでも補正できないしなあ。
かなりケラレますね。DPPでも補正できないしなあ。

やっぱりこういうのはAPS-Cの方がええがなええがな、というわけでKissDXにチェンジなのです。

こんなカンジ。ファインダーははっきり言っていりません。
こんなカンジ。望遠鏡についているファインダーは使わないので本来は、必要ありません。

さて、約900mm×1.6倍=1440mm相当の威力やいかに?

おお、でかいでかい。
おお、でかいでかい。

かなり大きく写ってくれます。ちなみに、300mm+1.4xの場合にはこうでした(違う日に撮影したものです)。

KissDX 300mm+1.4xテレコンの場合です
KissDX 300mm+1.4xテレコンの場合です

当たり前ですけど、焦点距離が約3.4倍になってますから、ものすっごくデカくなりましたwwwwww嬉しすぐるwwww

ただ、やはりフォーカスがやりづらい。まぁ、このくらいの距離を離れてしまえば無限遠になりますし置きピンでできちゃうのですが、KissDXの小さなファインダーだとあってるのかどうかがわかりづらい。フォーカスだけ5D MarkIIでライブビューを利用して合わせて、そのあとボディチェンジ技を使いましたけど、やっぱりライブビューがついている、あるいはマグニファイヤーなどでファインダーを強化しないと、使い勝手が悪いですね。

それとここまで拡大されてわかったのですが、やはり離れているせいか空気のゆらぎがすごいですね。滑走路の向こう側だと陽炎の向こうに着陸しているように写っています。

本日撮影した写真はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です