NC62K-LFに絶望したーっ

絶望は大げさですが、NC62K-LFにおける3DMark06のベンチマーク結果をお知らせしまーす。

うん、こんなもんなんだ。すまん。

いやー、やっぱりGeForce8200相当っていうから、多少は…と期待していたのですが、やっぱり不得意なことなんですね。2Dでは全然ストレス感じないのですが、3Dはホントに何それ?って感じでした。メモリを増設してから、Aeroは意外にサクサクと動くので期待しちゃっていたのですが、やはり重いソフトウェアである3DMark06だとこのくらいになってしまったようです。

ま、適材適所を守りましょう、ということですね。

「NC62K-LFに絶望したーっ」への2件のフィードバック

  1. おはつです。
    最近このボードで初自作しました。
    音楽かけっぱなしで寝るために省電力、オンキョーSE90PCI使うのでPCIスロット最低1つ。
    MAMEでレトロゲームが楽しめる程度のオンボードグラフィックって条件にはぴったりでしたよ。
    OSは余ってたXP入れたんですけど、ここ1年ずっとVista使ってたんでXPの軽快さを再確認した感じです。
    CPUは4450eでクーラーは私もシュリケンNです。
    個人的にケースに選んだScytheCS-F668がアンプのサイズと同等で、見た目にもPCっぽくなくて様子いいですよ。

  2. こんにちは、ふうらいの禁さん。コメントありがとうございます。

    4450eあたりだとちょうどバランスよさそうですね。パワーを狙うボードではないので、禁さんの使い道には確かにピッタリの構成かもしれないと思いました。自分もVistaメインになってきましたけど、やっぱりパワーのあるCPUとメモリが潤沢にないとツライOSだな、と思います。なのでサブマシンはまだXPのままです。VistaではパワーをホントにUIに使われてるのがよくわかりますよね。

    オススメいただいたケースよさそうですね。値段も手ごろですし、PCIバスが使えるのもポイント高いかも。ちょっと検討してみます。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。