Skulltrail intel D5400XS

 昨今新しいチップセットの投入ペースが速く、トップパフォーマンスを維持するマザーボードはそんなに多くない。自分が使っているX38ベースのマザーボードもあっという間にX48に置き換えられて、そして今の時代はP45チップセットがメインストリームになった。それでもリリースされてから半年経過した今でも、何者にも置き換えられていない至高のマザーボードが、"Skulltrail"ことintelのD5400XSである。マザーボードの通常のプライスゾーンは3~5万円の間。そして、このD5400XSはそのゾーンを遙かに越えて、7万円台はくだらないマザーボードである。

 なぜ未だに至高の存在でいられるのか?それはintelがこのマザーボードでしか使えないCPUを出したからだ。基本的に対応しているCPUはQX9775(3.20 GHz 12MBキャッシュ FSB 1600MHz)。ソケットがLGA771というXeon系で採用されたものであるため、このCPUもしくはXeonしか挿さらない。775にしてくれればCore2系が挿せるのにintelはこのマザーボードはあくまでもフラッグシップであり、それ以下のCPUで8プロセッサなんぞ実現させてやらない、というメンツさえ窺い知れる。とは言いつつXeonの下位モデルは装着可能。しかし、Skulltrailを選ぶのに3GHz以下のCPUを選ぶことを恥ずかしいと思うべきである。

 そう、デュアルソケットを装備したこのマザーボードはCPUを二つ装備し、intelのデスクトップ系唯一の8プロセッサをサポートするマザーボードなのだ。MacProがXeonデュアルにより「Macなのに」8プロセッサを早々に実現したのに比べ、Windowsでは遅れてしまった。そう、サーバ用チップセットを装備したSkulltrailが出るまでWindowsユーザは指をくわえて見ていなければならなかったのである。もちろんサーバ用マザーボードにはすでに用意されているものもあったが、それでもPCIexスロットが少ないことや出回っている量の問題もあり簡単に手を出せない存在だったのであった。

 そして、この至高のマザーボードに組み込むべきCPUはQX9775。Core2Quadが2万円台で買えるご時世に、一つ16万円もするCPUである。これを二つ装備するだけで32万。マザーボードと合わせると40万弱のコストを払える人間だけが、このスーパーパワーを手に入れることができる。メモリも800MHzでよいとはいえ、FB-DIMMというこれまた手に入れにくいメモリを採用。すべてにおいて購入するときに勢いが必要になるほど孤高の存在でもあると言えよう。

 さらにこのCPUとマザーボードに組み合わせるにふさわしいグラフィックカードといえば、nVidiaの悲劇のトップGPUを搭載したGTX280しかあり得ない。3D性能では優れたカードにも関わらずコストパフォーマンスで4870HDに負けてしまい、後塵を拝しているがそれでもCPUパワーをこれだけ持ったシステムでこそトップパフォーマンスを実現できるグラフィックカードはコレしかないのだ。

 このGTX280(5万円)を三つ装備し、3waySLIを実現すれば一般的に手に入る最高のゲームマシン、いや最高のワークステーションができあがる。これを手に入れられるのは、PCに対して並々ならぬパワーを求め、コストを度外視できる、まさに「漢」しかいないだろう。誰が買うのかホントに不思議だわ。しかも今はOSの過渡期。これだけのマシンパワーをたった4GBのメモリで使うのは本当にもったいない。64bitOSを入れればメモリ空間は広大になるが、そのパワーを使うべきアプリケーションが64bitで本当のパフォーマンスを発揮できるのかも疑問の状況では宝の持ち腐れになってしまいそうだ。

ちなみにDOSPARAでコンプリートセット売ってます。高いっ

P.S. しかし考えてみれば昔のMacintoshなんてのきなみセットでは100万超えていたんだよなあ。PCだって98ですら平気で50万越えていたんだから。今ってなんてすばらしい世界なんだ。だからといって、当時Macintoshを買った自分も買えないんだよな、これ。コストパフォーマンスが悪すぎます。Quadコアマシンを4台買う方がトータルでは性能上ですし・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です