セローファイナルエディション

物欲全開のワタクシ。昨今ツーリングなりキャンプなり行きたいな、と思ってもクルマならあった。ただオフロードに行けるバイクはない。ハーレーで行ってもいいんだけど、転けるとすごいことになる(価格的に)。重いから取り回しもキツい。

必然的にオフロードバイクを買おう!ということになる。必然ってなんだ。

候補に挙がったのはセローとホンダのCRF250 RALLY。双方ともクオーターバイクで車検はないタイプ。さすがに車検ありのバイクを三台にするわけにもいかない(焼け石に水)。

それぞれのバイクをチェックするとこんなイメージ。

セローは1985年にデビューした超ロングセラーのオフロードモデル。自分がバイクを降りた頃にデビューしたわけで、ヤマハもこーゆーの出すんだなぁ、なんておぼろげな記憶がある。当時はホンダのXL250とか大人気だったような。

マルチパーパス的な使われ方をするバイクが流行していたような?おぼろげだから間違えてるかも。TW200とかみたいなのも少し後に出たよね。なんせバイクに関してはタイムスリップしているので80年代以降まったく興味なく過ごしたからわからん。

次。CRF250 RALLYは出たて(モデルチェンジしたばかり)ということもあるため、価格もそれなりにするし納期も未定。なんせ輸入だし。

結局セローにするわけだけど、次の点でこっちにした。

  • セローは新車買うなら今しかない。
    ファイナルエディション詐欺されたら別だけど、おそらく規制の関連もありきっとファイナルなんだろう。これから製造されないバイクを新車で買うなら在庫がある今しかない。
    CR250 RALLYはあと3年くらいは新車でも買えるはずだ。セロー乗ってみてからでも遅くはない。
  • パーツやノウハウが潤沢
    ファイナルエディションモデルもベースは2005年に出た250ccモデルから変わってない(キャブとかインジェクションとかの違いはあるけど)。なのでパーツもたくさんあるし、いじくるノウハウもめっちゃある。いじる楽しみがある。
    CR250 RALLYはあんまりいじるところなさそうな気もする。カウルとかついているし。
  • 値段と納期
    セローの方が若干安い。12万円くらいかな。価格差よりも納期が問題。セローはモノがある。CR250 RALLYはどれだけ待てばいいのかわからない。Twitterで見てても来ないよ、と泣いている人続出。1月末に依頼したんじゃ4月とか5月になりそう。
    セロー、発注した1月末に比べると2月の終わりには少し値上がりしてます。モノが減ってきたためか。

店は以前も買ったことのある、下井草にあるバイク屋さん。価格は都内でも最安値近辺。バイク本体安くても諸費用めっちゃ高いSOXとかは避ける笑

なお、だからといって自分の買ったバイク屋も値段はともかくホスピタリティは…。問い合わせにぶっきらぼうだったりするんだよね。なんつーかもう少し言い方変えるだけでもっと売れるだろうに、とか思う。どうせ自分で初回点検以降はメンテナンスするので、あまりそこは気にしないことにした。

この時のトータル価格は55万円前後であった。

※なお、この店ではグリーンの方が値段高かった。どうやら引き合いがグリーンの方が多く人気らしい。残り台数少ないと値上がるというダイナミックプライシングのようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です