YAMAHA BW'S 125

2年ほど前から長崎に古い家を買って遊びに行っている。知り合いに値段を言うと、家賃?というくらい安い値段で手に入れた。そのかわりかなり田舎であり、家にほぼ価値はないくらいボロい。

さて、そんな田舎ではやはり足がないと困る。クルマはあるのだがちょっとご飯を食べに行くくらいでクルマを出すのもなぁ、ということもありバイクを買うことにした。免許もあるしー。

なんせ一番近くのマクドナルドまで小一時間かかる場所である。そこまでハンバーガー食べに行くのにクルマだとガソリン代もバカにならない。なのでバイクってわけ。バイク代をリクープするのにガソリンをどれだけ消費するか、などは考えない。このブログの趣旨を思い出すと無駄遣いすることだからだ。

というわけでタイトルで書いてあるヤマハのBW'S 125を買ったのだった。

最初は地元のバイク屋さんに安い125ccの中古バイクないかなーと顔を出したのが始まり。小さなバイク屋さんだし普段船の船外機のメンテナンスもやってるようなところなので、在庫があるわけでもない。自分の住んでいる長崎県西部から南部にかけてはほぼ有料道路や高速がないので、125ccでも移動速度はそれほど変わらないので、大型のバイクは必要性をあまり感じない。

そんな世間話しながら、中古も安くていいけど新車でもそんなに高くはないし(いやそれなりに高いけど)、保証あるから新車でいいんじゃない?ということになる。

BW'Sと海

新車で買うにも最初はMTのGROMを買おうかな?と思ったんだが、買い物行くことや適当にリラックスして走る、足代わりってことを考えるとスクーターがラクチンでいいんじゃない?という流れに。

ヤマハのAXISなら125ccでも25万程度。ただ、あまりにもシンプルすぎてつまらない、ということになりBW'S 125になった。色もオレの好きなイエローがあったのも決め手。

オフロード風な作りになっているのはそれほど気にはしてなかったのだが、とりあえずこれで行くことにした。ハンターカブも考えたんだけどね。納車が遅いってこともあり、ラクチンモードを選ぼう、という主旨もあったのでスクーターで決定。

二週間ほどで納車されて無事に6月17日に手に入れられた。

まだ10キロも乗っていないので、レビューするほどでもないが、第一印象をつらつらと述べると以下のようなイメージ。

  1. 乗り心地固い
    これはまだこなれてないせいもあるのかな?タイヤが固い感じがするし、サスも固めに感じる。
  2. スピードはそれなりに出る
    全開になんてできてないが、軽くひねるだけであっという間に法定速度を超える。昔に比べると速度に対する恐怖心が大きいのか、あまり出す気にもならない。
    これで十分だな、と思うくらい早い。
  3. 取り回しが原チャリに近い
    原チャリのスクーターに近い感覚で乗れるので、ラク。停めて押したりするとでかさとか重さは感じるので、そこらへんの差はある。

ほんの近所を走っただけなので、まだまだよくわからないのが正直なところ。夏休みになったら、着替えだけ持って二泊くらいの旅に出てみようかな?と思っている。

日食後の夕日とBW'S
日食見るの忘れてた。7時半なのにまだ太陽出てる…。九州すごい。

それと、住んでいるすぐそばにある島々にはフェリーで意外に安く渡れることもわかった。ドローン担いで撮影しに行こうかな、なんてことも考える。すぐそこなので泊まる必要もないしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です