GoPro HERO3: Black Edition

ほんとーは日本に輸出しちゃいけないだかよくわからないのだが、本家では買えるという不思議なGoProちゃん。生産が間に合ってないためか他の販社ではまだ売ってないとか売っているとか。日本でも来月(12月5日)には販売されるらしいので、今から買うならそれを待つのもありかもしれません。

ま、画質などのレビューはこちらのGoPro先進サイトが詳細に説明してくださっているので、そっちをば見ていただくとして。

いつものGoProのパッケージです。Wi-Fiリモートが鎮座しておりますな。

いつのことながら、このパッケージ開けるのには手こずります。自分だけかもしれませんが。今回、なんちゃらエディションってのは指定しなかったら勝手にサーフエディションになってました。もっともモータースポーツエディションでのGoProを二つも!持っているので別段マウントにはこだわりませんが…。

ハウジングに入った状態でiPhoneと比較。フットプリントはかわってません。

前面投影面積的なもんは変更なし。なので従来の大きさで作ったアクセサリーがある程度のは流用できそう。もちろんフロント側はダメですが、バックドア側は平気っぽい。

同梱物のアレコレ。

Black EditionなのでWi-Fiリモートがついてくるわけです。初めて使ったけどちゃんと液晶のフィードバックが同じように表示されてスゴいねー(アメリカで見たことをすっかり忘れている)。右側のUSBコネクタついたケーブルはこのリモコンの充電用です。

中身はこんなもの。バッテリーも小さくなりました。

中身は薄くなってデザインが少し小粋になったかなと思います。バッテリーも小さくなりましたが、容量は1100mAh→1050mAhとそれほど減ってません。

※バッテリーは今までのと同じかと思って予備を買うの忘れていた…。

なお、LCD BacPacは新しいバージョンはタッチパネルになって色も黒くなりリニューアルされてます。もっとも昔のLCD BacPacもそのまま装着できました。ハウジングに入れちゃえばタッチってのはあまり意味ないので買うかどうか悩ましいところ。衝動買いだったので本体だけしか買わず、アクセサリー類ははしょってしまいました。ちょっと使い込んだら別途アクセサリーを購入しよーかと思っております。

ちょっと使ってみたのですが、画質はかなりよくなっております。さっそく明日にでも試し撮りしてこようかな、と。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です