Core i7マシン ノースブリッジが熱い

とりあえず安定稼働はしているんですが、ノースブリッジがめっちゃ熱くなるのが玉に瑕。ASUSのPC Probeがたまに「をい、96℃越えちゃってるぜ!」とわめくのがうざい。このユーティリティ、クリックするたびに「ぴょぎーんんんっ!」と、すごくセンスの悪い音がするのでなおさら頭にくるw

本来空冷であれば、CPUファンがオマケで冷やしてくれるのですが残念ながら水冷なので熱くなるまま。それにケースのサイドファンがブルーLEDでまぶしいわ、うるさいわで使う気がまったくないので、どーしたもんかとうだうだして早一週間。

家の中にAntecのスポットクールが転がっているのを思い出しました。これね。

確か、Antecショウルームで行われたSKELETONの組み立て競争の参加賞でもらったような。というか、Antecはこれをやたら販促品というかイベントで配りまくっていたので、あまりお金出して買ったことある人いないんじゃないか、と勝手に判断しておりますがそんなことはないか。

というわけで、これをSABERTOOTH X58のNB FANコネクタに接続して(最初からファンつけられるようになってるならつけてくれよと思うんだが)、冷やしてあげました。すると…。

すごく…青いです。

ブルーLEDがめっちゃまぶしい。

水冷の配管が紫外線に反応するせいか全体が光り出してちょっといや。

だが、ノースブリッジはちゃんと65℃まで下がりました。めでたい。でもこのスポットクールがちょう邪魔。外したい。今度秋葉原行ったら適当な小型のファン買ってきて、ノースブリッジに両面テープでつけようとおもいました。でも面倒だから忘れちゃうんだろうなー。きっと次にいじくるときに後悔するんだと予言してみる。

でも角度も細かくいじれるし、なかなかよい製品かもしれん。これでブルーのLEDじゃなくてブラックライトのLEDなら、ですこてーくな感じでいいんだけどなあとかのたまう日曜の夕方。


Antec Spot Cool なんかオレのと色が違うような気がする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です