PWR-100FとAmazonBasics

今年いくつ目の記事なのよ?と自分にツッコミ入れるのもはばかられるくらい久しぶりの記事なのですが、きっと同じような悩みを持っている人がいるかも?なんて勝手に思って記事を書くのです。大丈夫だ、問題ない。

NTT東日本から、Wi-Fiルータをレンタルしました。そう、PWR-100Fというルータです。すでにemobileの契約をしているので、SIMフリー版を購入したのは言うまでもありません。海外でも使える…かもしれないしね。

PWR-100F

んでもってこのルータ、付属品がやたらにあります。基本は本体だけ持ち歩けばいいのですが、長期に移動するとき、出張などでは付属品も自ずと必要になるわけで。

これだけではなくイーサネットケーブルもあるのです

さて、この付属品を一緒に持ち歩くのに困っておりました。鞄の中にそのまま入れたら美しくないし、傷だらけになりそう。一応レンタル品なので大切に扱おう…とは思っていないのですが、傷をわざとつけたいわけでもないので、どうしようと思いつつ、一週間。

元箱。普通コレを使うのはどうかしてると思う

取りあえず、これでいいかな、と思っていましたが、やはりエレガントさに欠ける。本人がエレガントじゃないので、それでもいいじゃん?と思われるかもしれませんが、本人がダメな分他でがんばらないとね。適当なポーチでも買うかなぁ、なんて思ってたんですがひょんなことからAmazonでよさげなアイテムを発見。それがコレ。

Amazon Basicsのセミハードケース

Amazon BasicsというAmazonが中国人に安く作らせたサプライというかグッズのようなのですが、352円のHDMIケーブルを買うついでに発見したので買ってみました。

サンプル画像ではPSPとかiPodなどを入れておりましたが、これなら外側も頑丈だし、Wi-Fiルータくらいなら余裕で入りそう。

このエンブレム…。正直どうなの?と思わなくもない

デザインはシンプルなのですが、そこらじゅうにAmazonってついています。Amazonが嫌いな人はイヤだろうな。普通にBASICSとかのブランドにしちゃえばいいのに、と思ったりもして。

ちょっちハデ

内側はこのように派手なオレンジですが、黒い機材が多いのでかえって目立っていいかも。994円にしては質感も悪くない。

右側の上
右側下側
右下側の裏

右側は小物系ですね。上側のポケットはマチがありますので、厚みのあるモノも入ります。下側はファスナーのついたポケットが二つ。厚みのあるものは入れにくいのですが、メモリカードなどを想定しているのでしょう。ワタクシは上側にPWR-100F本体、そして裏側にPWR-100Fのクレードル入れました。裏側はマジックテープ付きのマチがあるポケットになっています。あまり使う頻度の高くないものをしまうのがいいかもです。

左側の大きなポケット

左側は大きめのガジェットを入れるところ、でしょうけど、自分はケーブル類を入れることにします。特に今のところiPodなどはこれに入れて持ち運ぶものでもないのですし。使用頻度の高いもの、操作しながら使うものはこのケースに入れるのは違うなーと思いますしね。

PWR-100Fフルセット
ついでにドコモの電池やiPhone、充電ケーブルを入れる

PWR-100Fだけだとスカスカなので、ついでにカバンの中でちらばる充電用のケーブルなどを入れてみました。あとはエネループの充電器くらいは入りそう。この2/3くらいのサイズのがあれば、それをエネループ専用にして持ち運んでもいいかもしれません。

ケースの裏側には使い道のなさそうなポケット。まぁ、設定用の資料を入れてみる、なんてのもありかも。

個人的に、このケースはかなり気に入りました。なんせ994円ですし(笑)、丈夫そう。黒だけじゃなくて別の色もあればいいのになぁ、と素直に思います。PWR-100F(バッファローWi-Fiルータ)ユーザなら、持ち歩くのにかなりおすすめです。電源入れたまま、これに入れて使うにもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です