7Dとチキンタツタ

というわけで、本日は天気もよくなってきたので7Dと散歩をしました。手持ちのレンズでそれなりに使えそうなのは、TAMRON 17-50mm F2.8なので、それを装着。肩にかけると、5D MarkIIとそれほど変わらない重さ。7Dが10グラム重いのですが、それしか違わないのですからあまり感覚に違いは出ません。

ところで、自分の個体はシャッター音が少しスプリングちっくな音がするのですが、デモ機とはちょっと違っているような。カチョン!みたいな音でややカッコ悪いですw

さて、やってきたのは戸越公園にあるマクドナルド。ここで期間限定のチキンタツタを食べるわけです。

チキンタツタ
チキンタツタ

久々に食べたはずなのですが、以前もたくさん食べていたせいか、それほど感動がない。こんなもんだったっけ?懐かしい味ではあるんだけど、やっぱりチキンタツタとともに築いた思い出はないから感動がないのかな。ダブルビックマックとかなら思い出あるんだけどな(日本じゃなくてハワイで食べたからかも)。

その後大井町までプラプラと散歩をしつつ、帰りは中延まで大井町線に乗って帰ってきました。ヤマダ電機LABIに行ったけど、やっぱり7D用のプロテクトシールはないんだなぁ。50D用のシールを貼るのに失敗したので早いところ交換したいわ。

7Dを使っての感想は取り立ててまだこれといったものはありません。参考にならないというか、真価を試される局面がまだ来ていないというか。飛行機写真撮るとかなら別でしょうが、お散歩写真は、極端なこと言えばなんでもいいわけでw

ところで、TAMRONの17-50だとDigital Photo Professional使ってレンズの収差補正できるんだよな。ちょっと不思議。18-270もできればいいのに。そうそう、DPPも今までの3.6.1では7DのRAWデータを現像できませんでした。CD-ROMに入っていた3.7.1.1はキヤノンのサイトにもアップロードされてないんだけど、変更点は単に新機種に対応した、だけのような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。