DC-MCNP1がWindowsXP PCを見失う件

以前、DC-MCNP1がWindowsXP PCの共有フォルダを見失う件を書きましたが、ちょっと解決策かも?というのがありましたので、紹介しておきます。

これは、VistaマシンでもWindowsXPの共有フォルダというかPC自体が見えないことがよくあります。ウチでもこの現象がありまして、面倒なのでパスにPC名を打ち込んで解決してしまっていたのですが、これがDC-MCNP1の問題と共通するのかも?と気づきました。

んでもって解決方法ってあるんかいな?と探したのが、このページです。

問題は「Windows Vista ベースのコンピュータでネットワーク マップを実行すると、Windows XP を実行しているコンピュータがネットワーク図に表示されません。」ということなので、まさにコレだろ、とあたりをつけて、パッチをインストールしましたところ、現状では解決したようです。気をつけないといけないのが、このページ中程にあるLLTD (Link-Layer Topology Discovery) レスポンダ パッケージというのをダウンロードしてもダメだってことです。

わかりにくいページなので注意して欲しいのですが、このレスポンダパッケージはXP SP3にはすでにあたっています。これでもダメなので、一番上にある(ま、ここにもリンク貼っておきますが)

修正プログラムのダウンロード
この技術情報に対応する修正プログラムのダウンロードのリスト

から、ダウンロードしてください。このリンク経由先にある、Fix215806がこの問題の解決するプログラムになります。メールアドレス登録すると、メールが送られてきますので、そのメール内にあるURLからFixをダウンロードするっていう手順になります。

ってことで、XP PCをサーバにしてDC-MCNP1を運用している方で、うちのも見失っちゃうんだよ、って方はコレ試して見るといいかもです。

もしダメだったらごめんなさい。

※T-ZONEにもDC-MCNP1が置いてありました。んが、値段が19,800円。店頭販売だと仕方ないのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です