CDが書けないPIONEER DVR-112L

メインマシンにPIONEERのDVR-112L(DVR-A12J-BK)を使っていたのですが、昨夜CD-Rの書き込みがことごとく失敗することに気づきました。今までこのドライブでCD焼いたことなかったなぁ、と思いつつメディアを5枚程度失敗して、仕方ないのでサブマシンで焼き直すという手順。本日ググってみたら、あら、このドライブで不良が出ていたんですね。自分のは2007年6月なのでこの不良には該当しないのかな?と思ったのですが、どうやら製造年月が違うものでも頻発している模様。ダメもとでエスティートレードに修理(交換)を申し出ることにしました。

今修理してもA16ドライブに交換されるらしい、ということらしいのですがどうなることやら。DVDのライティングがメインなので(なんせCD-R焼くのなんて1年に2度あるかないか)、この部分がA16はあまりよくない、なんて噂もあるので悩むところです。いまさらマルチドライブなんて安いんで買い直す方がいいのかなぁ、なんて思いつつ。DVDのドライブも国産じゃなくなった時代から、クオリティの低さが問題になってますね。PIONEERのドライブなんて、いまや地雷ドライブばかり。低価格化によってコストをかけられなくなったためか、一昔前のものの方がよかった、てなことになっちゃってます。フロッピードライブもそろそろ製造中止らしいので、こういった時代の流れにやがてDVDドライブも飲み込まれていくんだろうな。

どーせならBD買っちゃうか?とも思いますが、全然焼かないだろうからやーめた…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です