qmailのqueueがおかしい

Tripwireのログに、qmailのbounceが失敗してる、というメッセージが延々と書かれている。qmailのqueueが壊れたのかな?と思ったので取りあえず修復。以下の手順で実施した。

wget http://www.netmeridian.com/e-huss/queue-fix.tar.gz
tar xvzf queue-fix.tar.gz
cd queue-fix-1.4
vi error.h
---------------------------------------------------
(修正)
「extern int errno;」→「#include <errno.h>」
---------------------------------------------------
make

だが、makeを失敗。以下のメッセージを出す。

/usr/bin/ld: errno: TLS definition in /lib/libc.so.6 section .tbss mismatches non-TLS reference in tcpserver.o

色々調べてみると、conf-ccをいじくらないといけないようだ。なので以下のようにする。

vi conf-cc
gcc -O2 --include /usr/include/errno.h

これで、makeがちゃんとできた。その後、

./queue-fix -i /var/qmail/queue

壊れたqueueをこれで整合するらしい。明日のログをちゃんとチェックしてみよう。

※最近サーバをいじくりまくったおかげか、clamavがCPUを異常に使うなどのトラブルが頻発。外からサーバが見えないこともある。タイムアウトしちゃってるのかな。ucomからの異常なアクセス(221x253x72x212.ap221.ftth.ucom.ne.jp)があって、ちょっとムカっとする。一日で6,000ページも読むなよな。しかも、1秒に2ページを読むという暴挙。そんなにページ数ないだろ、このblog…。

※これ書いたあと、221x253x72x212.ap221.ftth.ucom.ne.jpでググったらこのページが出てきてビックリ。10分もしないうちに反映するなんて、googleってスゲぇ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。