宮古島最終日は冬だった

本日は天気予報の通り、一日曇りでした。どんよりしていて気分もどんより。しかも北風が強く吹いて寒いのなんの。長袖を着ていましたけど、海のそばに行くと寒い。まず西平安名崎へ向かいます。東平安名崎と比べると西平安名崎は地味な印象。いや、十分キレイなところですけれど、ダイナミックさは東平安名崎の勝ち。それに西平安名崎は近くに名勝が他にもあるので地味になっちゃうのかもね。

次は池間島を回ってみました。小さな島なので10分とかからない。真ん中に湿原があるのですが、クルマでアクセスできるところでもなさそう。島全部が自然保護区らしいです。今後また行ってみたいところです。港のそばに小中学校がありましたが、校庭が芝生でいいな。なんかアメリカの学校みたいだ。

池間島も制覇したのでやることがなくなってしまった。しかしナビに島尻マングローブ林と書いてあったので、寄ってみました。マングローブ萌えな自分としては見なくてはなるまい。なんかマングローブってあの生えっぷりが植物っぽくなくておもしろいんですよね。宮古島には川がないのにマングローブが進出してきていて珍しいそうです。しかも4種類もあるんだって。オススメスポットだよ。

マングローブにハァハァしたあとに、そうだ宮古そば食べてなかったじゃんと思い出し、古謝本店ってところで宮古そば食べました。そばだけだと足りないので(なんせ朝から何も食べてない)、一緒にとんかつ定食を…。おろしとんかつにしたのですが、なんかだしに浸けて食べるよう。うー、本土だとポン酢なんですが、こっちは違うんですね。ま、おいしかったんですけど。

しかし、この宮古そば、別段沖縄そばと変わらないような…。

最後に砂山ビーチ行ってなかった、と思って砂山ビーチへゴー。平良港からほど近いので、それほど時間もかからない。そして砂山ビーチへ繰り出したのでした。砂の山を越えないと見られないビーチってことで、ちょっと大変らしいが、それほどでもないじゃーん、と砂山ビーチへ簡単に到達。いやー、ほんと晴れてたらサイコーでしょうね、ここ。砂山ビーチの罠は帰りがつらいこと。帰りは急な砂の坂を登らなければならないという罠。海で遊びすぎてヘトヘトになっていたら、ここでひと晩明かす羽目になるかも。ならない。それほどつらくはないと思う。靴の中に入った砂をはらって、そろそろタイムアップが近いことを知り寂しい気分になった。

飛行機は行きと同じ3Aに座って、離陸後即寝。1時間くらいしたときに機内に響くコドモの声で目覚める。うるさいなぁ、と思いつつ仕方ないよね、と思い雑誌などをパラパラと見て時間つぶし。無事羽田のRWY22に着陸して帰ってきました。RWY22に着陸したのは初めてかもー。

2泊3日の旅でしたが、天気が2日間よかったのは幸いでしたね。宮古島ってなんというかサイパンみたいなところだなぁ、と思いましたよ。異国情緒はないんですが、デパートもないし服買うのはマルエーしかないのか、みたいなところとか、素朴なところとか。

またいつか訪問したい島です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です