EOS5D 動画撮影時の秘密兵器発見

って大げさなタイトルをつけてみました。昨日EOS 5D MarkIIの説明書をじっくりと読んで大発見(実は初めてちゃんと読んだ)。説明書によると、リモートコントローラーが使えるじゃないか!と大興奮。

リモートコントローラーといってもコードのついたものではなくて、ワイヤレスのリモートコントローラーです。いわゆる記念撮影をみんなでやるときに使うもの。今までのEOSデジタルで対応していたのはKissレベルのものばかりで二桁Dでも一桁Dでも対応していなかったんですよね。なので、うれしい驚き。なんでKissモデルばかりなのかなぁ、といつも残念に思っていました。高いリモートコントローラーはコードの呪縛があって不便だしね。対応しているのは、RC-1とRC-5です。オススメはRC-1です。RC-5は単に即レリーズ機能しかありません。RC-1は2秒後レリーズモードと即レリーズモードがあります。

RC-1でうれしいのは、これを2秒モードにすると、動画撮影をスタートできる、という仕様になっていること。ボディの前からリモートコントローラーを操作しなければならない、という制限はありますが、SETボタンを押すことでグラつかせなくていいというメリットもありますし、レンズにワイヤレスリモートコントローラーを貼り付けてもよし(笑)。

さらにさらに、なんと自分はすでに持っていたんです(ようするに余計な出費しなくて済んだのがうれしい)。

というわけで、次の動画撮影からは活用してみようと思います。その前にある程度ホールド性をよくするステーなりを用意しないといけませんが。これは週末ヨドバシあたりで探してみようかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です