Touch Diamond from emobile

イーモバイルから10月10日に発売される新端末、Touch DiamondことS21HTがデビューしました。もちろんこれもHTC社製のスマートフォン。前回紹介したEMONSTER liteに比べるとかなり機能強化されている上に、さらにコンパクトになっています。EMONSTER liteがスライド式でテンキーを装備していたのに対して、こちらは完全なタッチパネルのストレート携帯になっています。

EMONSTER liteに比べて一番機能強化されているのは、3.6Mbps→7.2Mbpsになったこと。スマートフォンでの速度が倍になっても少量のデータならばあまり差が出ないかもしれませんが、YouTubeなどのリッチコンテンツを見るときには、やはり速度が重要になってきます。これらもサクサク見られるようになる、というのがこの端末の最大のメリットでしょう。

使用可能なアプリケーションは以下のとおり。EMONSTER liteと同じアプリケーションを装備しています。

TouchFLO™ 3D、Word Mobile、Excel® Mobile、PowerPoint® Mobile、Internet Explorer® Mobile、Outlook® Mobile、ActiveSync® 、WindowsLive™ Messenger、Windows Media® Player Mobile、Adobe®Reader®LE、Opera Mobile™、NAVITIME、QuickMark、EMnetメール、YouTube™、FM Radio、Zip、オーディオブースター、カメラ、クイックGPS、ファイルエクスプローラ、ボイスレコーダー、メモ、英語で反義GO!、画像とビデ オ、辞書ウォーカー英語、電卓、Bubble Breaker、ソリティア

特筆すべき変更点としては、

  1. GPS付属
  2. FMラジオ
  3. ディスプレイ解像度が4倍(320x240→640x480)
  4. デジタルカメラ解像度(200万→320万)
  5. 増設メモリスロットがなくなった。そのかわり内蔵フラッシュメモリが4GB装備された
  6. メモリが256MB→192MBへ

画期的だなーと思ったのがSIMロックがかかってないこと。このまま海外に持ち出して現地のSIMを購入すればそのまま使えてしまいます。もちろん現地でHSDPAでサービスしている業者を探してプリペイドSIM買うのは面倒ですけど、できるってのはすごい。docomoのSIMでも動いてしまうでしょうから、emobileは入らないけど、docomoが入るエリアでは緊急用に使う、なんてこともできちゃいますね。ただ、docomoの場合にはパケット代で死にそうな予感がするけど(パケホーダイフルや今度出るパケホーダイダブルなら別ですが)。

それと、背面が海外用ではこんなカンジですが、emobile仕様だとフラットになってます。海外用のほうがカッコエエんじゃないか?と思いますが。Diamondらしいし。サブディスプレイが海外仕様にはないのでこうしたんでしょうが、サブディスプレイなんて飾りです。偉い人にはそれが(ry

海外仕様

emobile仕様

それと、ドコモ・ソフトバンクでもDiamond Touchを出すようです。さらにTouch Proも。そうなるとなんだかemobileの優位性が薄れるような。もちろん、従来のiモード端末としては使えないので今契約しているFOMAをそのまま移行させると使い勝手が数段落ちるんですけどね。でもiメニュー関連はあきらめるとして、iモードメールだけなんとかしてくれちゃったら(プッシュじゃなくていいので)、即乗り換えちゃいますよ、ドコモさん。

ちなみにTouch Proはキーボードついてます。

こ、こっちの方がいいかな。悩みます…。今のemobileの縛りが12月まで。それまでにどうするか考えないとなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。