ML115 G5 with Phenom X4 9950 Part.2

 というわけで、今度はCPU換装とメモリの増設です。

 元からついているクーラーを外すとCPUの型番まで書いてある。もしかしてCPUによってクーラーが違うとかあるのかな。ちょっと不安になってきたぞ。

 外すとグリスがてんこ盛り。かなり盛ってあるというか、テープの残りなんでしょうがあまりこの部分は熱伝導がよくなさそう。

 外してCPUと「ごたいめ~ん。」古いっての。あっという間に用無しになってしまうCPUカワイソス。

 ちなみにクーラーは今までのと同じで、マイナスドライバー突っ込んで外すのです。均等に外せ、とまでは言いませんがうまくやらないとヘンな動きをしますので要注意。

 さて、いよいよ、Phenomの出番です。2.2万円がムダになるかもしれない瞬間。いや、そんな汗が出まくる展開でもないんですけどね。

 じらします(笑)。メモリはUMAX。

 つけたらこんな感じ。ヒートスプレッダーが輝いています。

 元からついているメモリはMicronみたい。いいの使ってるなー(違ってたりして)。そろそろいい加減じらすな、という声が聞こえてきたのでBIOS画面を。

 ちゃんと認識してくださいましたよ。やったね!しかし、CPUファンはブオンブオン回りっぱなしです(温度の写真撮るの忘れたけど、BIOS読みで気温が30℃のときにCPUは55℃になってました)。

 このあと、Vistaが入っているHDDをつなげて(はい、以前NC62K-LFにつないでいたものです)、ブートアップ。Vistaちゃんはきちんと起動しました。CDからネットワークドライバを読み込ませて、普通に使えました。

結論。ML115G5はPhenomが動く。

 さて、グラボを入れたら電源がどうなるのか?メモリの認識具合はどうなるのか?ってのが気になるところですねー。質問などありましたらコメントくださいな。できる限り答えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です