黒キャビア WD Caviar Black WD1001FALS

 1TBクラスのハードディスクが一般化してきて、ソフマップやドスパラの安値販売では14,000円を割るようになりました。でもメインストリームの1TBって意外に遅いというか、アクセスがないと省電力モードに入って止まったりして使いづらかったりもする。500GBを二つ用意してRAID組んでもいいのですけど、いまさら500GB買うのものなぁ、と思う今日この頃。

 最近ちまたで話題なのが、タイトルの黒キャビアことWD1001FALSです。HDDをコントロールするプロセッサを2コ積んで、処理能力を2倍、そして32MBの大きなキャッシュ積んでます。市販価格は、2万円弱というカンジですが5千円の差でトップクラスのスピードが手に入るなら、と思っちゃいます。

 スピードはこんなカンジ。

シーケンシャルリード 153MB/s
シーケンシャルライト 104MB/s

 うーん、RAID組んでるオレのシステムドライブより速いかも。次のマシンにはこれでRAID組んでみます。もっとも、WDにはWD VelociRaptorというすさまじく速いドライブもありますが容量が300GBだし、価格も3万越えのため、コストパフォーマンスはWD1001FALSの方が上。これ読み方はヴェロキラプトルです。恐竜の名前だね。

「黒キャビア WD Caviar Black WD1001FALS」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です