バイク選び…その2

免許を取るきっかけになった二台のバイク。ハワイにあったハーレーとトライアンフ。特にトライアンフがめちゃくちゃかっこいいな、と思っていた。ハーレーももちろんかっこいい、と感じていたのだが、あのときはトライアンフに心が奪われていた。

もっともどちらもよく知らないバイク。なので少し調べてみた。

トライアンフの方は、BONNEVILLE BOBBER BLACKというもののようだ。BOBBERスタイルというのはフェンダーを短くカットしたこと、ヘアスタイルでいうボブから来ているらしい。軽量化してすっきりした見た目にする、ということかな。昔からカフェレーサースタイルというのがあるけど、それよりも荒削りでフェンダーをカットしたりとっぱらったり、軽量化するベクトルのようだ。

日本でのお値段は¥1,789,100…。高いがな。うーん買えません笑

かっこいいんだけどなあ。値段は若干かっこよくない…。

気を取り直して次。ハーレーの方だ。こちらはXL1200Xというもので、ハーレーのラインナップではスポーツスターというライトウエイトな部類で、フォーティエイトというニックネームがついているもののよう。ステップの位置が前にあって投げ出して乗るスタイルだけど、ハンドルは低くてチョッパーとは違う。

トライアンフとは異なるが、こちらもボバースタイル。調べてみると長距離を走るというよりは街中を走る都会向けのバイクのようだ。

ハーレーは馬力などを公開していないようだが、1200ccもあれば十分パワーはあるし、そこらへんは気にしない。トルクで乗るわけだし、昔に比べたらまったく飛ばさなくなった。

こちらは新車だと155万円ほどから。トライアンフよりは多少安い。あと、やはりトライアンフよりメジャーなためか走行距離の少ない新しめの中古車がよく出ている。価格がそんなに変わらないなら、新車でもいいのだけど、ハーレーの場合にはちょっと中古になるだけで一気に価格が下がっているようだ。

ただ、最初にガクンと下がると、その後は年式を重ねてもそれほど下がらないみたい。

Z900RSとハーレー、どっちにしようか悩むところだ。

ちなみに友人に相談したら、「よくそれだけ毛色の違うバイクを比べて悩むね?」と言われた。自分でもそう思うけど、両方かっこいいと思うんだから仕方ない。

そう、ここまできて基準が単にかっこいいというモードだけになってきている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です