REGZA Phone T-01C

今までレビューしていませんでしたが、昨年のREGZA Phone T-01C発売と同時にdocomoを機種変して購入していました。今まで触れなかったのは別段いいものでもなんでもなかったからなのですが、きちんとレビューしてこの機種を買わないように勧めようという趣旨で書くことにしました。

購入した理由は以下のとおりです。

  • 使っていた携帯が3年経過していて保証が効かなくなるから
  • いわゆるガラケーって高いなぁと感じた
  • ちょうどREGZA Phoneが発売されることを知った
  • 防水(海の上で使いやすい)でAndroid2.2(アップデート後)の携帯って素直にいいなと思った

というわけで買っちゃったわけです。では、以下に問題点。

  1. モッサリ感
    一番最初の感想は「遅い」でした。iPhone 3GSも持っていますがこちらではあまり感じたことのないモッサリ感。何をやるにも遅いです。
  2. 入力がまったくだめ
    ATOKはかしこいのですが、フリック入力が使い物にならないくらい誤入力が多いこと。iPhoneならばすべらせるだけで入力できるので、一分間に60文字から80文字は楽に入力できますが、こちらでは無理。ATOKのアップデート後に設定をいじったことで多少よくなりましたが、それでもiPhoneの快適さにはまったくかないません。ガラケーの入力方式も遅いけど、誤入力がないぶん、あっちの方がマシでした。
  3. バッテリー
    バッテリーの持ちもまったくだめ。もし携帯とスマートフォン的な機能をフルに使った場合には絶対に一日持ちません。今はTwitterやGoogleなどはiPhoneで処理していますので、それなりに持ちますが、一個持ちした場合には予備バッテリーが必須ですね。あまり電話機能自体を使わなくなったのでバッテリーはなんとか持っていますが。
  4. 画面が非常に傷つきやすい
    iPhoneのときはフィルムなんて必要と思ったことがなかったのですが、こちらは三日目でフィルムがないとヤバいと思いました。細かな傷がたくさんついています。さすがに曇って見えなくなるほどでもないのですが、一年も使ったら傷だらけでしょうね。

二年縛りがあるので買い替えしませんが、もしそれがなかったら確実に買い換えているだろう携帯電話です。今後のアップデートでよくなる可能性は否定しませんが、それでも基本的な部分でiPhoneのクオリティにかなわないものです。

賞賛しているブログやメディアを見ましたけど、本当にちゃんと使ったのか?と思ってしまいます。30分程度ではガマンできても、何年も使うガジェットとしてはあきらかに落第かと。というかブログで提灯記事書いて平気なの?自分も昔はテクニカル系のライターでしたから、ある程度メーカーに配慮した記事は書いてましたけど。言外に買うなよ、これ、と臭わせたりしつつ。商業誌ならともかく、ブログって個人メディアだし、スポンサー付けるのってとってもリスキーな気がするんだよなあ。一発ヨイショ記事書いて、それがイイモノなら本当にいいんだけど、今回みたいなヤバい飛び道具のレビューはほんとに危ない気がする。

富士通も、こんなくだらねぇプロモーションしてないで、もう少しまともな端末にアップデートしろや、と思うぞ。もし自分がモニターに当選してこういうプロモーションに参加したら「ほんとにひどい記事しか書けませんがよいですか?」と言ってしまうレベル。

知り合いにREGZA Phoneどう?と聞かれることは多いのですが、絶対にやめとけ、と言います。これから買う方は絶対に試してから買ったほうがいいでしょう。自分は今後Androidのアップデートで多少でも改善することを祈るだけです。

docomoがSPモードをiPhoneでも使えるようにしてくれる、あるいはdocomoのメールを通常のメーラーから使えるようにしてくれたらSIMフリーiPhoneをすぐ買いに行きそうなくらいです(iモード.netは使いづらいしなあ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です