FTCがIntelを訴えた

IntelとFTC(Federal Trade Commission)っていつもケンカしているイメージですが、本日FTCはIntelを堂々と訴えました

堂々ってのもヘンですが、ここ10年の支配的地位を利用して消費者に不利益を与えた、ということで訴訟に発展したわけですね。ずいぶん昔からやっているような気もするなぁ、と思って昔の記事を見ると、93年にもやってるし98年にもやってる。もう15年以上に渡ってケンカしてるんですなあ。

今回はnVidiaにもヒヤリングしていたようでCPUのみならずグラフィックチップ、チップセットを含めた広大な範囲で訴える様子です。ここらへんはおいおい明らかになっていくと思われますが、まずはFTCの先手に対してIntelがどう出るんだろ?というところでしょうか。いつものごとくFTCの主張には誤りがある、という論戦を張るのでしょーね。

FTCの主張の中で興味深いのは、

  1. 競争相手のCPUチップの性能を妨げる方法でコンパイラとして知られている主要なソフトウェアを再設計したとされている
  2. CPUにおいて競合相手の採用を10年に渡りジャマするのに成功したので、次はGPUだ。GPUが発展するとCPUのウエイトが低下することもあるからだ。

と断言してるんですね。ここらへん具体的な内容に踏み込んできっちりリリース出すところがアメリカのお役所なんだな、と思いました。

この前IntelはAMDと巨額の和解をしたばかりですが、アメリカは消費者保護がめちゃうるさい国ってこともあって、FTCはFTCでメンツもあるしやることだけはやるわけだ。まぁ税金で運用されているので、その分は仕事しなきゃってこともあるんでしょう。

直近これでCPUがどーのこーのなる、ってことはないでしょうが、AMDファンとしては、これからAMDのシェアがちょっとでも増えるといいなー、くらいの感想なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です