APC UPS ES500届いた&設定

今朝方に無事UPSが到着しました。バッテリーが入っているだけあって、重い。取りあえず充電しなければならないので、充電だけして会社へ出勤。ES500は最初充電するのに12時間以上、ということでちょうど帰ってくる頃には満充電になっているはず。

家に帰ってセットアップという楽しいことが待っていると、会社でも楽しく仕事をできますね(棒読み)

さて、自宅にとっとと帰ってすぐにセットアップ開始。取りあえずサーバには接続せず(稼働状態なので明日の朝にでも切り替えるとします)、ES500に付属しているUSBケーブルをサーバであるML115G1に接続してセットアップしようという手順です。

しかしながら、ES500はパーソナル製品なのでLinux用の検知ソフトウェアはメーカからは用意されてません。ただ、apcupsdというソフトウェアがありますので、それを使えばCentOSでも使うことができます。というわけで、さっそくインストールだだだ…。

というわけで、サーバにログインして、以下のコマンドを叩く。

[root@main ~]# yum install apcusbd

あり?なんかエラーで失敗する。そういえば、最近yumのアップデートがことごとく失敗していたなぁ…。

色々試した結果、yum-versionlockが悪さしていました。取りあえずこいつを

rpm -ev yum-versionlock

で外したところ、yumのエラーがなくなりました。しかし、今までたまっていたパッケージアップデートがなんと600を超える。これをインストールするまでなすすべもなく見守ることに…。

ま、別に頭をそれほど使うことなく時間が経つのを待てばいいのです。無事終了したので、もう一度トライ。

[root@main ~]# yum install apcupsd
Loaded plugins: downloadonly, fastestmirror, priorities
Loading mirror speeds from cached hostfile
* rpmforge: fr2.rpmfind.net
* base: www.ftp.ne.jp
* updates: ftp.jaist.ac.jp
* addons: www.ftp.ne.jp
* extras: ftp.jaist.ac.jp
Excluding Packages in global exclude list
Finished
340 packages excluded due to repository priority protections
Setting up Install Process
Parsing package install arguments
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package apcupsd.x86_64 0:3.14.3-1.el5.rf set to be updated
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved
========================================================
Package Arch Version Repository Size
========================================================
apcupsd x86_64 3.14.3-1.el5.rf rpmforge 2.9 M
Transaction Summary
========================================================
Install 1 Package(s)
Update 0 Package(s)
Remove 0 Package(s)

Total download size: 2.9 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
apcupsd-3.14.3-1.el5.rf.x86_64.rpm | 2.9 MB 00:04
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Installing : apcupsd [1/1]
Installed: apcupsd.x86_64 0:3.14.3-1.el5.rf
Complete!
[root@main ~]#

ん、完了しました。

次は設定を修正、と。取りあえずスタンドアローンで使うので、修正した箇所は以下の部分だけです。

UPSNAME ES500
UPSCABLE usb
UPSTYPE usb
んで、そのあとは起動してチェック。

[root@main ~]# service apcupsd start ←これでデーモンを起動
Starting UPS monitoring:                                   [  OK ] ←OKが出れば問題なす
[root@main ~]# chkconfig apcupsd on ←これで起動時にこのデーモンを自動起動
[root@main ~]# service apcupsd status ←ステータスを確認
apcupsd (pid 14644) を実行中...
APC      : 001,036,0884
DATE     : Fri Apr 17 23:13:45 JST 2009
HOSTNAME : main.ps5.net
RELEASE  : 3.14.3
VERSION  : 3.14.3 (20 January 2008) redhat
UPSNAME  : ES500
CABLE    : USB Cable
MODEL    : APC ES 500
UPSMODE  : Stand Alone
STARTTIME: Fri Apr 17 23:13:43 JST 2009
STATUS   : ONLINE
LINEV    : 099.0 Volts
LOADPCT  :   0.0 Percent Load Capacity
BCHARGE  : 100.0 Percent
TIMELEFT :  90.6 Minutes
MBATTCHG : 5 Percent
MINTIMEL : 3 Minutes
MAXTIME  : 0 Seconds
SENSE    : High
LOTRANS  : 090.0 Volts
HITRANS  : 110.0 Volts
ALARMDEL : Always
BATTV    : 13.5 Volts
LASTXFER : Low line voltage
NUMXFERS : 0
TONBATT  : 0 seconds
CUMONBATT: 0 seconds
XOFFBATT : N/A
STATFLAG : 0x07000008 Status Flag
MANDATE  : 2008-11-15
SERIALNO : 3BXXXXXXXXXXX
BATTDATE : 2000-00-00
NOMINV   : 100 Volts
NOMBATTV :  12.0 Volts
FIRMWARE : 803.p6.A USB FW:p6
APCMODEL : APC ES 500
END APC  : Fri Apr 17 23:14:06 JST 2009
こんなカンジで無事認識しました。まだ細かい設定はこれからですが、取りあえずバッテリーが5%になるまではがんばってくれそーです。明日朝実地テストだー。

APC ES500 BACK-UPS ブラック BE500JP
APC ES500 買ってすぐ値下げかよ…まぁいいか

参考資料 ITmedia How-To:特別企画:UPSを利用した電源対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です