シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC広角の印象

腰が痛いよう、と病院に外出したのですが、冷たい風のおかげで天気が非常によく空もクリアでした。。なのでα200を連れて散歩・・・するヒマはないので適当にシグマ 18-200mm F3.5-6.3 DCをテストしてみました。

気になるのは開放と絞った状態で18mm側の画質がどうか、ということ。

多少パースペクティブが変化しているのは手持ちで撮ったためですので、そこらへんは割り引いて考えてくださいまし。ちょっとそのせいか露出も変化しているような。開放と絞った状態だと多少変化はするようですが、この程度なら気にならないでしょう。

比較してみたのが以下の画像です。クリックすると原寸になります。

sigma18mm

これを等倍で見たときに、「ん、わからんな」と思いました(笑)。厳密に見るとF11の方が多少タイルのひとつひとつを解像しているような気がしないでもないのですが、中央付近では差がないと言っていいんじゃないかと。周辺を見ると周辺減光のおかげで開放だとコントラストが多少よくないか?とは思いますが、気にならないレベル。色収差はどちらもそれほど変わらず出ていますが、それほどひどい色収差ではない。

なので18mmの広角端では開放でもいいんじゃない?と思ったのでした。もちろん周辺減光はありますので、そこらへん嫌う場合にはちゃんと絞るべき。

全体はこちらです。これはF11まで絞っているほうです。

dsc00535

望遠端はまた明日~。

シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC デジタル専用 ソニー用
シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC デジタル専用 ソニー用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です