DELL INSPIRON Mini 9

いよいよDELLからAtom搭載のミニノートブックがデビューしましたね。ASUSのEeePCの好調さを見て、ガマンできなくなったと見えます(笑)。いや、最初から作るって決まっていたのでしょうが、ずいぶんと出るのに時間がかかりました。DELLのライバルであるHPからは、HP 2133 Mini-Note PCという小型PCが出ていてVIAのC7と非力なCPUの割には人気を博していました。従来のモバイルノート市場はPDAともクロスオーバーする市場となっていましたが、しかしながらビジネスマンにとっては普通のノートを持ち歩くのはイヤだけど、PDAだと非力だし…というジレンマがあった市場です。ここにモバイルノートが割ってはいる機会があり、そのニッチなエリアは今ではかなりメインストリームのひとつの流れになってきたのではないでしょうか。

そこへぶつけてきたのが、今度のINSPIRON Mini 9。ホワイトとブラックだけではなく、152Xシリーズのようにピンクやブルーなどの別カラーも欲しいところですが、第一弾としてはまぁまぁのできでしょうか。重さも1キロちょっとですから、持ち歩きにもそれほど困らない重さに収まっているのは、モバイルノートとして当たり前といえば当たり前。

しかし、このINSPIRON Mini 9が割り切っているなぁ、と思っているのがSSDモデルしか選べないこと。AcerのAspire ONEなどはHDDモデルがメインとなっていますので、モバイルノートをメインとしてもバリバリ使うのなら、Aspireかな、と。DELLのSSDしかない、というところはヘビーユーザにはちょっと困るかもしれません。とはいえ、+4,200円で8GB→16GBに変更できますし、USBメモリを持ち歩けば普通に使う分には、問題ない容量は確保できそうです。

さて、ASUSとAcerとDELL。HPはまぁ系統が違うので、おいといて、日本で一番有利なのはやっぱりDELLなのかなぁ?というカンジは受けます。すでにビジネスシーンでもパーソナルユースでもDELLブランドは浸透していますし、やっぱり一般の人にASUSやAcerは「なあに、それ?」っていうメーカでしょう。ただ、DELLはこれ、初心者にたくさん売ったら大変そうな気もします。このくらいのパフォーマンスのPCをホントに最初に購入する層が飛びついたらかなり苦労するような…。あと、なんかコレ買ってすぐデュアルコアのモデルが出たらイヤでしょうね(苦笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です