NC62K-LFを組んでみる

 先日買ったNC62K-LFを組んでみるかなー、と思ったのでCPUクーラーを用意して仮組してみました。すると…。

 クーラーがちょっとでかい(笑)。高さを低く抑えて、かつ風量がそこそこありヒートシンク自体の大きいもの、と考えてコレを選んだのですが、ちょっといっぱいいっぱい。しかもヒートシンクのヒートパイプとメモリが向きによってはぶつかってしまいます。ヒートシンクを逆向きにするとなんとか隙間ができましたので、これでいくことに。

 クリックすると拡大します。わかりづらいかもしれませんが、ほんとに1mmも空いていません。そしてそして、さらに問題が。

 チップセットのファンとヒートシンクの留め具がぶつかって、きっちり締まらないとゆー。一度チップセットファンを外すと固定できますが、しかし、ここまでしてこのクーラー選ばなくても、とか思うくらい苦労しました。グリス塗る前に仮組して当たりを見てよかったー。

 と、ここまでできたので、グリスを塗って組み直し、取りあえず電源投入。無事にBIOSまで表示して一安心。CPU温度はその状態で40℃弱くらいでした。明日はちゃんとケースに入れて遊ぼうと思います。忙しくてここまでしかできなかったのだ。ちなみにCPUクーラーは、サイズのSHURIKENiconです。

iconicon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です