スペースシャトル打ち上げ訪問1 L-3

ひょんなことからというわけでもありませんが、スペースシャトルの打ち上げに行くことになりました。社内で取材に行く、というので無理矢理ついていったわけです。もちろん仕事として命令されているわけじゃありませんから、交通費は自腹。宿泊費を浮かせるために、スタッフに一緒の部屋に泊めてくれよぅ、と半ば脅して経費を浮かせるのでした。

シカゴまではマイレージでチケットを押さえられましたが、そこから先はマイルではゲットできず、普通にチケットを購入するわけです。アメリカの国内線なのに6万円弱とやたら高い。これでも割引チケットなの?と思いつつ仕方なく購入したのでした。

今回の打ち上げを見るのは、NASAの施設に入ることになるために事前の準備がかなり必要。そうそうこの情報が役に立つわけではありませんが、とりあえず参考に記しておきます。

まず、メディアとして入るために会社からの在籍証明が必要。それプラス通常のビザ(ESTAで申請するもの)ではなく報道関係者向けのIビザが必要になりました。それを申請するためにアメリカ大使館に行って面接を受けないとならないというめんどくささ。とはいえシャトルの打ち上げは長年の夢だったので、そのくらい我慢するのです。

というわけで4/2にNASAへ出発したのでした。

オヘア空港に着いてから大失敗をしまして、オーランドに移動する飛行機を乗り過ごしてしまうというていたらく。ゲートを間違え(ゲート表示が壊れていて、うろ覚えでいったら日本へ帰る便だったw)、10分前に到着したのですが、オマエの席はもうない、と言われ次の便で移動することに。ほかの客にキャンセル待ちで回したらしい。悲しい。オヘア空港で無駄に6時間を過ごしました。

JALで移動しているときはビジネスクラスだから快適なのですが、アメリカンエアはもちろんエコノミー。狭い座席にナニもないサービス。落差にがっかりしますwもっともアメリカンに乗って飛び立つ前に熟睡しちゃったんで、どうでもいいですけど。夕方の6時半に予定より4時間以上オーバーして到着。

オーランドではレンタカーを借り、ほかの便で到着する同僚を待つ予定でしたが、その同僚がロストバゲージしたためにかなりの時間をターミナルそばで待つ羽目に。オーランドからココビーチまでだいたい1時間くらいかかるのですが、到着したのは夜の10時を回っていました。はー、長い旅路だった。とりあえずゆっくり寝ますよ、と思っていたのですが、そこからミーティング…。寝たのは午前2時くらいでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Who wants it? 物欲にまみれたIYHerたちへ