消費電力がわかるテーブルタップ

腰が痛い。というか、腰よりもそこから派生した神経痛が痛い。ロキソニンを飲んでも効く時間が短いのでボルタレンを飲んでみたが、どうも自分には痛み止めとしてはロキソニンの方が効くようだ。んで自炊するのもつらいので晩ご飯をアキバの神田食堂で食べて帰った。そのついでに22時まで営業しているTSUKUMO.exへ行ってみたら、そこに消費電力がわかるテーブルタップがあったので、つい購入。2,980円。

すでにワットチェッカーがあるんだけど、こういったキッチュなギミックがついている製品が気になるのでつい買ってしまった。ポイントが少したまっていたので2千円ちょっとで買えたんだけど。新東電器のJH-M505TPが正式な名前らしい。1,500Wまで表示するらしく、それを超えると警告音が出るという仕様。5コ口のうち三つにスイッチが独立して用意されていて、手元でオンオフする用途にも使えるかな。精度はちょっといまいちのような気がする。20W電球を3つ点けても40Wとか表示された。ま、目安にはなるかと思われる程度。力率とか消費電力量などは全然わからない。

ワットチェッカーは精度も明らかにされているが、こちらにはまったくそういったスペックは書いてないので、これでマジに消費電力を計らない方がいいかも。というわけで、本日もムダ遣いをしてしまったぞ、と。

閑話休題

Amazonのヒット商品・家電カテゴリーを見ると、14位まで全部iPod。15位は別の変なアイテムなんだけど、それ以降もiPodだらけ。みんなそんなにiPodが好きなんだね。新製品を待ち望んでいたのかな。

自分も持っているから批判できないのですが、ひねくれものな自分は別のモノが欲しくなってしまいます。昔Macintosh Plus使っているときはApple製品なんて異端だったのに、iPodではマジョリティ。不思議な感覚でもある。しかし、痛みが治まらないとこういったものを書く気になりづらくもあり。深い眠りにつきたい今日この頃…。


SANWA SUPPLY TAP-TST5 ワットチェッカー 本当に消費電力を管理したいのなら個人的にはこちらがオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です